レクサス新型LS FCV|水素燃料電池モデルLF-FCコンセプト

レクサスの旗艦モデルLSの燃料電池車・LS FCV発売の噂がありました。

LS FCVはMIRAIのノウハウを応用した上で、レクサスブランドに相応しい走行性能の高さや楽しさを兼ね備えます。

でも、2021年末にあれだけ大々的にEV推しを披露したので、燃料電池車はもう出ないようにと感じますね。

 

MIRAIは前輪駆動を後輪駆動に変更して発売。

この変更を他モデルにも展開する形ことになるようです。

 

LS FCVもメイン駆動を後輪とし、前輪に軽量・高出力のインホイールモーターを搭載した四輪駆動へ。

前後輪の駆動制御をきめ細かく行うため、安全かつ高次元な操縦安定性を実現します。

 




レクサスLS FCVのエクステリア

ボディサイズ

現行モデルから大きく変更しないでしょう。

 

レクサスLS FCV搭載パワートレイン

MIRAIで採用されているトヨタフューエルセルシステムをベースに、改良が加えられたものとなります。

トヨタフューエルセルシステムとは?

トヨタ自社開発のトヨタFCスタック・高圧水素タンクで構成する燃料電池技術。

そこにハイブリッド技術を融合させたもので、MIRAIでは水素充填時間が約3分で、走行可能距離は約650kmとなっています。

 

そのため、LS FCVは技術向上によって、走行可能距離800kmまで伸ばせます。

 

レクサスLS FCVの予想スペック

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 形式
  • モーター
  • 最高出力
  • モーター出力
  • モータートルク
  • 航続距離
  • 5235mm
  • 1900mm
  • 1460mm
  • 3125mm
  • 1220kg
  • FCスタック
  • FCA110型改良
  • 4JM型交流同期発動機
  • 155ps以上
  • 154ps以上
  • 34.2kgm以上
  • 700km以上

 

レクサスLS|来歴

レクサスLSは、トヨタが展開する高級ブランドであるレクサスのフラッグシップセダンとして販売されているモデルです。

初代モデルは1989年に発売されました。

他メーカーを圧倒する快適性と高品質さによって北米市場で大ヒットモデルとなり、レクサスブランドの礎を築くきっかけとなっています。

 

また、日本国内では、初代モデルから3代目モデルまでは仕様変更を行った上、クラウンとセンチュリーの間に位置する車種として、名前を「セルシオ」と変えてトヨタブランドで販売していす。

 

現行モデルは2017年に販売開始した5代目モデルで、GA-Lプラットフォームを採用。

これまでより低く構えたクーペシルエットを実現しているのが特徴です。

 

エンジンも世界的なダウンサイジングコンセプトの流れに準じており、LS500には新開発の3.5L V6ツインターボエンジンを搭載。

LS500hには、LCに搭載済みの3.5L V6エンジンにマルチステージハイブリッドシステムを組み合わせたものが搭載されています。

 

関連記事

新型クラウン マジェスタ後継FCV(?)情報はこちら。




WEEKLY RANKING