Read Article

WRX STI S209|デトロイトモーターショー2019公開|2019年10月初の海外限定発売

スバルのSTIコンプリートカーの新型モデルである
新型WRX STI S209がフルモデルチェンジし、

2019年10月に北米市場限定で
販売されるとの情報が入って来ました。

今回はWRX STI S209に関する情報を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Sシリーズ初の海外限定車

アメリカで開催されたデトロイトモーターショー2019で
発表されたWRX STI S209は

Sシリーズ初となる海外限定車となり、
アメリカ市場のみで販売されることが決定しました。

S209に関しては生産台数200台の限定車となる予定です。

 

これまでSTIの最高峰に位置するSシリーズは
日本国内のみで販売されてきましたが、

スバルのメイン市場である北米で
初めて発売されることになります。

 

過去に販売されたSシリーズは、
人気があり過ぎて抽選販売にでした。

しかし、今回のS209

スバル人気の高いアメリカでの限定車となるので
極めて入手が難しいコンプリートカーになるでしょう。

 

 

S209のエクステリア

S209-35

S209のエクステリアは
フロント周りではスプリッターやカナードが追加される他、

S209-13

フロントフェンダー上部に
ホイールハウス内の空気を引き抜くための
ダクトが設けられるなど

大幅に空力性能を向上させています。

400-9S209-11

 

リアはドライカーボン製のGTウイングが装着され、

S209-40 S209-8

リアフェンダー後端には通気口が設けられるなどし、
大径4本出しエキゾーストパイプによって迫力を増しています。

 

この他にも、ルーフのカーボン化や
フェンダーは前後ともに15mmワイド化され、

s209-42

歴代STIモデルで最大の幅を持つ
ダンロップ製265/35R19ハイグリップタイヤに
BBS製19インチ鍛造アルミホイールを装着しています。

s209-26

 

 

S209のインテリア

S209のインテリアはステアリングがウルトラスエードに
シルバーステッチの入った特別製になる他、

S209-18

シートもシルバー加飾とS209のロゴか入ったレカロ製となるなど、

s209-41

シルバーがアクセントとなるインテリアとなっています。

 

また、センターコンソールには

シリアルナンバーが刻まれた
「S209ロゴ入りプレート」が装備されています。

S209-20

 

 

S209のパワートレイン

S209-37

S209に搭載されるエンジンは

米国向けWRX STI専用のEJ25型2500cc
水平対向4気筒ガソリンターボエンジンをベースに、

  1. 専用の大型エアクリーナーや専用ダクト
  2. 専用開発されたHKS製の大径ターボチャージャー
  3. 排気系にも専用設計の大口径テールパイプを備えた低背圧マフラー

を装備しています。

これらのチューニングによって歴代STIモデルの中で
最強となる345馬力を実現しています。

 

この増大したパワーに対応するべく、

ピストンとコンロッドは専用の鍛造品に置き換えてられ、

インタークーラーはウォータースプレーを備えた
大容量インテークとするなど対策が実施されています。

 

また足回りも専用開発のビルシュタイン製ダンパーと
専用コイルスプリング、強化ブッシュを採用するなど、

エンジンのみならず全方位で強化されています。

 

 

S209が日本でも導入される可能性は?

過去に販売されたS207とS208は
日本市場限定モデルだったのですが、

s207-4 s208-3

S209は残念ながら
北米市場限定モデルとなる可能性が高いです。

これは

  • S209の商標登録がアメリカで行われた
  • S209の商品企画を米国のスバルオブアメリカが主導
  • 初公開の場がアメリカのデトロイトモーターショー

など、S209は最初からアメリカでの
販売を考えて作られたモデルだからです。

 

そのため、S209がそのまま
日本で販売される可能性は低いですが、

次のSTIコンプリートカーとして
導入されることを期待しましょう。

 

クルマ情報雑誌では、

  • S210
  • 20B-STIバージョン

などの車名が挙がっています。

 

 

追伸情報

関連記事

「スポーツ」特別仕様車一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

スポンサードリンク

Return Top