4代目新型ソリオ2020年11月25日|ギア追加&サイズアップ。最新安全機能搭載

ソリオが2020年11月25日にフルモデルチェンジ。

アクロス(RAV4 PHV)・スウェイス(カローラワゴン)と

協業の成果を押し出しつつ、スズキさんが動き出しましたね。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • モータートルク
  • WLTC燃費
  • 3790mm
  • 1645mm
  • 1745mm
  • 2480mm
  • 1000 kg
  • K12C型1.2L
  • 91ps/6000rpm
  • 12.0kgm/4000rpm
  • 19.6km/L
  • 5.1kgm

ソリオの核となる存在のワゴンRは2021年12月にフルモデルチェンジ

グレード|ソリオ

  • HYBRID MZ
  • HYBRID MX
  • G

バンディット

  • HYBRID MV

ギアは登場しないの?

スペーシアのクロスオーバーSUV系デザインを採用する

ギアが期待されているようですね。

ファミリー感かちょいワルカスタムだけで寂しかったので、

アウトドアテイストが加えられるのは、選択肢が増えていいかもしれません。

ギアのデザインは方向性が決まっているようなので、

丸目&メッキ装飾、グリルには柵状のデザインがあしらわれるみたいです。

「スズキ現行ラインナップの好かれるデザインを採り入れる」ニュアンスが感じられます。

新型ソリオのエクステリア

注目は全長が8cm延長され全幅も2cm延長。

デザインにノーマルの芋臭さがなくなりました。

ヘッドライト形状やグリルデザインを見ると

ダイハツ系ムーヴのようなテイストを感じるのは

管理人だけでしょうか?

 

バンディットはスイフトを連想させる

大開口グリルを採用して洗練されました。

 

荷室が広くなり幅の見直しで

軽自動車のような肩身の狭い感覚は

多少改良されているでしょう。

後席足元はもとから広くなっているため、

ラゲッジに荷物を積みやすくなったのが

大きな改良ポイントとなります。

 

新型ソリオの内装

居住性・シートアレンジ・使い勝手を向上して質感を改良。

バンディットはボルドー基調で大人な雰囲気が演出されました。

ボディサイズ拡大が絡んでいて、

使える空間の拡大により十分な室内空間やその質感向上が果たされています。

新機能

  • 予約ロック機能付きパワースライドドア
  • 運転席アンダートレー
  • ショッピングフック(荷室左)
  • USB電源ソケット(インパネ中央×2個)
  • アクセサリーソケット(後席右)
  • スリムサーキュレーター
  • 【メーカーオプション】9インチHDナビ

新型ソリオのパワートレイン

  • 1.2L+ISGモーター【マイルドハイブリッド】
  • 1.2Lガソリン

新型ソリオの予防安全装備予想

最新版が用意され、単眼カメラ+レーダー仕様への切替で検知機能がアップ。

夜間歩行者対応となり、日帰りキャンプや遠出の帰りも安心感が高まります。

新機能

  • 全車速追従機能アダプティブクルーズコントロール
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • センターメーター4.2インチカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイ(全車標準装備)

 

スズキソリオ一部改良情報はこちら。

 

【2016年11月29日】3代目ソリオ登場

スズキはソリオにストロングハイブリッドを搭載。燃費32キロ。価格帯は191万7000円~206万2800円。現行からのエクステリア変更はなく、フルハイブリッド搭載グレードは

  1. ソリオ HYBRID SX
  2. ソリオ HYBRID SZ
  3. ソリオバンディット HYBRID SV

となっています。パワートレーンに1.2Lエンジン、1モーター1クラッチ、5AGS(オートギヤシフト)を設定。

ソリオのストロングハイブリッドシステム

  1. 1.2L 4気筒ストロングハイブリッドエンジン搭載(※新型スイフトRSに搭載)
  2. 高出力モーター採用

高出力モーターは大きな発電量を発揮。全速度域でエンジンを駆動できる力があり、発進から加速・走行とEV走行を使用できるようになります。

マイルドハイブリッドはエンジンをEVでアシストするシステム。ストロングハイブリッドになればEV走行も可能となります。

そのほかの特徴

  1. モーターアシスト+EVモードでモーターのみの走行が可能
  2. 加速時はエンジン出力+モーター出力で力強い走りが可能
  3. 2つの走行モード「通常モード」「ECOモード」あり
  4. 走行モードは状況に応じて選択される

燃費

32km/L(マイルドハイブリッドモデル燃費27.8km/L)

価格

ソリオ HYBRID SX
1,917,000円
ソリオ HYBRID SZ
2,062,800円
ソリオバンディット HYBRID SV
2,046,600円

AGS(オートギヤシフト)

ソリオストロングハイブリッドに搭載。CVTが全盛の時代、最先端のハイブリッドにあえてAGS(オートギヤシフト)を組み合わせるのはなぜでしょう。

それは、価格がが安く済むから。しかし、燃費はCVTより劣ります。

AGS(オートギヤシフト)とは?

5速マニュアルトランスミッション(5MT)をベースに、クラッチとシフト操作を自動化したシステムです。スズキではすでに軽トラのキャリイと新型アルトRSに採用されているトランスミッション。

メリット
  1. AT限定免許で運転可能
  2. マニュアル運転のようなダイレクトさ・伸びを味わえて楽しめる
  3. 荷物満載での走行シーンを想定したシフト設定なのでソリオ向き?
  4. 廉価で搭載が可能な自動変速機
  5. 車両本体価格を下げてCVTモデルより安く販売出来る
デメリット
  1. 低燃費に偏らないシステムの味付け
  2. フィーリングはローギアで引っ張る印象
  3. 1速のトルクを出しきりシフトアップする
  4. CVTのように上のギアにリズムよくシフトアップしない
  5. シフトアップのタイミングはもっさりしている
  6. 加速時ギアチェンジごとに変速ショックがある
  7. 燃費はCVTよりも悪い

維持費や使い勝手を優先させるスズキらしいクルマ作りと

ユーザーへ貢献する姿勢がAGS(オートギヤシフト)から感じられます。

クルマ雑誌読むなら読み放題のKindle Unlimitedで得しよう。

読めるクルマ雑誌

ベストカー・カートップ・ニューモデル速報・Motor Fan・RALLY CARS・名車アーカイブ・STYLE WAGON・スタイルRV・WAGONIST・REV SPEED・driver・CAR and DRIVER・ル ボラン・ENGINE・G-ワークス・GENROQ・Honda Style・GERMAN CARS・Car Goods Magazineなど