新車発売情報Labo

Read Article

レクサスLC500コンバーチブル新型モデル情報2020年6月27日発売|価格1500万電動ソフトトップオープン採用

レクサスLC500に2020年6月27日コンバーチブルが設定されます。4月24日予約開始。

電動ソフトトップルーフを採用する車外からの見え方にこだわる一台で、車重はオープン採用によりクーペタイプより車重増加。そのほか、専用22インチアルミホイールを採用。ルーフ格納時、足元のワイドさが強調されます。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4770mm
  • 1920mm
  • 1350mm
  • 2870mm
  • 5.0L V8 NA
  • 477ps/7100rpm
  • 55.1kgm
  • 10速AT

同時にLC500/LC500hの改良が行われ、サスペンション・足回りの強化を図り、走行性能を向上します。また、燃費表示をWLTCモードへ変更。価格は1~2万値上げします。

すでに詳細サイトオープン中です。

更新情報はTwitterにて更新⇒@lexus_jpn



LCコンバーチブルのエクステリア

LCコンバーチブル3

ソフトトップには車体色に合わせたカラーバリエーションを用意します。リトラクタブルルーフを採用し、格納時にも美しく見えるデザインに仕上げられています。

電動ソフトトップ開閉は開く時間15秒、閉る時間16秒。足元には専用22インチアルミホイールを装備します。

LCコンバーチブル12

ボディカラー9色

  1. テレーンカーキマイカメタリック追加
  2. ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング追加
  3. ホワイトノーヴァガラスフレーク
  4. ダークグレーマイカ
  5. ソニックシルバー
  6. ソニックチタニウム
  7. ブラック
  8. グラファイトブラックガラスフレーク
  9. ラディアントレッドコントラストレイヤリング
  10. ネープルスイエローコントラストレイヤリング
  11. ディープブルーマイカ


【動画】LCコンバーチブル|東京モーターショー2019

LCコンバーチブルのインテリア

LCコンバーチブル10

  1. ドライビングポジション重視
  2. ペダル・スイッチ類の最適化
  3. ステアリング傾角最適化
  4. シートホールド性向上
  5. ホワイト&ブラックのシンプル内装

LCコンバーチブルのパワートレイン

搭載パワートレーンは5.0L V8を採用。最高出力477ps/7100rpm・最大トルク55.1kgm/4800rpmを発揮。トランスミッションには10速ATを採用します。

レクサスLC500コンバーチブル新型モデル情報Labo

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

ライバルとなる輸入車|BMW8シリーズカブリオレ

M850i ×Driveカブリオレ

ラグジュアリーさとV8 4.5LDOHCを搭載した高いスポーツ性能を持つM850i ×Driveカブリオレがライバルとなります。

ベースとなるレクサスLC

Lexus LC 新型コンバーチブル2

LC500とLC500hはレクサス初のFセグメントクーペ。2012年のデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカーLF-LCをデザインモチーフとしています。

新開発プラットフォームGA-Lプラットフォームを初めて採用したモデルです。その後、2019年1月のデトロイトモーターショーでLCコンバーチブルコンセプトを世界初公開しました。

LC500/LC500h|来歴

レクサスLC500は、2016年のアメリカのデトロイトモーターショーにて世界初披露。オランダのハーグでハイブリッド仕様となるLC500hが世界初披露された後、2017年3月16日に日本市場で正式に販売が開始されました。

Return Top