レクサスLC一部改良|クーペ・コンバーチブル性能向上2021年11月以降

レクサスLC(クーペ・コンバーチブル)に

ナノイーX・ガラスルーフ装着車はプライバシーガラスへ変更など

改良実施。2021年11月以降登場予定です。

価格帯は13,270,000円~15,000,000円。




サス基本性能向上

  • コイルスプリング
  • スタビライザー
  • ショックアブソーバー

の制御を最適化。

タイヤの接地感を高め、操舵入力応答リニアさ

旋回G領域のコントロール性が高められています。

新設定カラー

  • ソニックイリジウム(クーペ・コンバーチブル)
  • テレーンカーキマイカメタリック(クーペに追加)

21インチ鍛造アルミホイール

  • クーペのLC500h/LC500 L packageに標準装備。
  • ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装

コンバーチブルに専用インテリア設定

  • ブルー&ホワイト専用インテリア設定
  • マリーンブルー専用ルーフカラー設定

 

【2020年6月27日】レクサスLCコンバーチブル登場

レクサスLC500にコンバーチブル設定。

電動ソフトトップルーフを採用する車外からの見え方にこだわる一台で、車重はオープン採用によりクーペタイプより車重増加。

専用22インチアルミホイールを採用。ルーフ格納時、足元のワイドさが強調されてます。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4770mm
  • 1920mm
  • 1350mm
  • 2870mm
  • 5.0L V8 NA
  • 477ps/7100rpm
  • 55.1kgm
  • 10速AT

同時にLC500/LC500h改良

サスペンション・足回りの強化を図り、走行性能を向上。

燃費表示をWLTCモードへ変更しています。

LCコンバーチブルのエクステリア

ソフトトップには車体色に合わせたカラーバリエーションを用意。

リトラクタブルルーフ採用

格納時にも美しく見えるデザインに仕上げられています。

電動ソフトトップ開閉は開く時間15秒、閉る時間16秒。

足元には専用22インチアルミホイールを装備します。

ボディカラー9色

  • テレーンカーキマイカメタリック追加
  • ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング追加
  • ホワイトノーヴァガラスフレーク
  • ダークグレーマイカ
  • ソニックシルバー
  • ソニックチタニウム
  • ブラック
  • グラファイトブラックガラスフレーク
  • ラディアントレッドコントラストレイヤリング
  • ネープルスイエローコントラストレイヤリング
  • ディープブルーマイカ

LCコンバーチブルのインテリア

  • ドライビングポジション重視
  • ペダル・スイッチ類の最適化
  • ステアリング傾角最適化
  • シートホールド性向上
  • ホワイト&ブラックのシンプル内装

LCコンバーチブルのパワートレイン

搭載パワートレーンは5.0L V8を採用。

最高出力477ps/7100rpm・最大トルク55.1kgm/4800rpm発揮。

トランスミッションには10速ATを採用します。

ライバルとなる輸入車|BMW8シリーズカブリオレ

ラグジュアリーさとV8 4.5LDOHCを搭載した

高いスポーツ性能を持つ

M850i ×Driveカブリオレがライバルとなります。

ベースとなるレクサスLC

LC500とLC500hはレクサス初のFセグメントクーペ。

2012年のデトロイトモーターショーで発表した

コンセプトカーLF-LCをデザインモチーフとしています。

新開発プラットフォームGA-Lプラットフォームを初採用したモデル。

その後、2019年1月のデトロイトモーターショーで

LCコンバーチブルコンセプトを世界初公開しました。

LC500/LC500h|来歴

レクサスLC500は、2016年のアメリカのデトロイトモーターショーにて世界初披露。

オランダのハーグでハイブリッド仕様となるLC500hが世界初披露された後、

2017年3月16日に日本市場で正式に販売が開始されました。




WEEKLY RANKING