新車発売情報

Read Article

日産ティアナ2019年内生産中止|海外モデルは安全性&全長全幅拡張で居住性向上

スポンサードリンク


日産の4ドアセダンのティアナは、2019年内生産中止。

以下はアメリカ市場の新型ティアナ発売情報。

現行型ティアナはアメリカでは人気モデルです。

しかし、日本ではトヨタカムリに押されて影が薄いモデルとなっているのが現状。

そのため、フルモデルチェンジによってスポーティなエクステリアデザインを採用。

プロパイロットを搭載することにより、一気に日産のセダンのイメージを変えて復権させます。

下記動画ではカムリ・アコードと比較しており、新型ティアナも劣らない姿を披露しています。

日産ティアナ海外新型モデル情報

新型ティアナのエクステリアデザイン

サイドビューに関してはクーペ調のスタイルに。

スポーティなキャラクターラインが特徴的となり、リアもアグレッシブなデザインです。

コンセプト

ティアナのエクステリアデザインは、コンセプトモデル「Nissan Vmotion 2.0 Concept」が上海モーターショー2017で公開。

V字型のグリルがフロント全体に渡るデザインとすることでダイナミックな印象を与えるフロントマスクで公開されました。

ティアナ2

新型ティアナのインテリアデザイン

木目調パネルやメッキ加飾を加えることにより、スポーティでありながら上質感あるデザイン。

中央に配置された8インチサイズのマルチタッチカラーディスプレイを使用。

日産コネクトと呼ばれる最新式のコネクティビティが採用されています。

新型ティアナに搭載されるエンジン

現行モデルに搭載されているエンジンは2500cc直列4気筒エンジンとなっています。

新型ティアナでは2.0L直列4気筒ターボエンジンと新開発の2,5L直列4気筒エンジンの2種類がラインナップされます。

2.0L直列4気筒ターボエンジンとは

量産型エンジンとして初めての可変圧縮比ターボエンジンとなっています。

インフィニティQX50に搭載されると注目を集めている次世代ターボエンジンです。

新型ティアナの先進安全装備

新型ティアナでは日産が力を入れている先進運転支援機能の一つの「プロパイロット」が搭載される見込みです。

プロパイロットは自動車専用道路のみで使用できる運転支援機能。

システムがステアリング操作と加減速のサポートを行ってくれます。

日本仕様のティアナに期待する機能

日本仕様の新型ティアナで搭載を期待したい機能として「e-POWER」の存在があります。

e-POWERはコンパクトカーのノートを大ヒットさせる起爆剤となった技術です。

電気自動車に力を入れている日産。

ライバル車種となるカムリハイブリッドに対抗する意味でも大きな武器となる技術です。

 

【2016年4月4日】ティアナマイナーチェンジ

新グレード追加

2016年4月4日、日産はミドルサイズセダン・ティアナ。

新たなグレードとなるXV ナビAVMパッケージ・XL ナビAVMパッケージを追加。

内容はメーカーオプションナビを標準装備とし、

  • アラウンドビューモニター
  • クルーズコントロール
  • 車線逸脱警報
  • 後側方車両検知警報

を搭載した買い得感の高いパッケージとなっています。

スキのない安全機能を搭載したナビAVMパッケージ

アラウンドビューモニター

おなじみ、駐車時にクルマを真上から「鳥の視点」で眺めるように、モニター表示できるシステム。

視認しにくい、左前方や後方の状況も把握できて、スムーズな駐車をアシスト。「移動物検知機能」がついているので、

周りを歩いている人や近づいてくる自転車などを検知し、事故を未然に防ぎます。

ちなみに、映像は「トップビュー」「フロントビュー」「サイドブラインドビュー」「バックビュー」と切り替えることも可能。

車線逸脱警報(LDW)

60km/h以上で走行中に、意図しない車線逸脱が起きそうになったら、メーター内のディスプレイへ警告表示をし、ブザーでドライバーに注意を促します。

後側方車両検知警報(BSW)

トランクにカメラを設置。このカメラが、隣接するレーンの後側方を走るクルマを検知して、メーター内のディスプレイとドアミラー横に警告を表示。

さらに、検知中に誤ってウィンカーをだすと、警告表示が点滅し、ブザーが鳴る仕組みです。

高速は、すばやく正確な確認・判断を求められますから、視認しにくい「後側方」の確認アシストは非常に助かる機能です。

ティアナ「ナビAVMパッケージ」の価格

XLナビAVMパッケージ
3,213,000円
XVナビAVMパッケージ
3,513,240円

ミドル上級セダンにふさわしい充実したインテリア

初代から2代目までは、3.5Lの大きなエンジンを搭載し、物々しい雰囲気のセダンでした。

しかし、その時期から変わらないのは、「モダンリビング」「おもてなし」といった乗る人にくつろぎを与える上級インテリア。

キャビンデザインを演出し、クラス上(400~500万円クラス)の「スカイライン」とイメージを統一する「質感」にこだわります。

知らないと、一見、ミドルクラスの安価なセダンに思えてしまいそうですが、今回のマイナーチェンジによる装備の充実も相まって、

その質感の実(じつ)に触れると、印象は「高級感溢れるセダン」だと変わります。

追伸情報

ライバルはホンダ新型アコード

画像引用元:https://www.carscoops.com/
画像引用元:https://www.motor1.com

Return Top