新車発売情報

Read Article

ホンダヴェゼルツーリングModulo X 2019年11月28日|東京モーターショー出展ツーリンググレードベース

ヴェゼルツーリングModulo Xを2019年11月28日に発売。

ヴェゼルをベースとしたコンプリートカーで、VEZEL TOURING Modulo X Conceptが2019年の東京オートサロンにも出展済み。

この車は実際の販売を目標として開発との情報でした。



ホンダヴェゼルツーリングModulo X2019

【動画】ヴェゼルツーリングModulo X

新型ヴェゼルツーリングModulo Xのエクステリア特徴

他のModulo X同様、Xの文字を思わせるデザインのフロントグリル・バンパー変更。

リアバンパーのデザインが変更され、より走行性能の高さを意識させるものとなっています。

また、空力性能も全体として向上。

大型のリアスポイラーも装着されています。

18インチのアルミホイールデザインも市販化。

新型ヴェゼルツーリングModulo Xのボディカラー

プラチナホワイトパールとみられる色を採用。

他のModulo X では、これにブラックパール系、ブルーパール系を設定。

新型ヴェゼルツーリングModulo Xのインテリア

専用スポーツフロントシートとなっています。

また、専用の本革巻きステアリングホイール・専用フロアマットも装着されていることが特徴。

また、8インチ画面のインターナビ装備。

こちらは他Modulo Xの展開から、オプション設定の範囲になると考えられます。

室内カラーはシート、インパネ周り他、現行ヴェゼルに設定されるダークグレーに近い色合いに。

新型ヴェゼルツーリングModulo Xのパワートレイン

ヴェゼルModulo Xはツーリンググレードベース。

172psのVTEC TURBOエンジンを搭載したものとなっています。

このグレードはFF車のみ。

燃費

ベースグレードがJC08モードで17.2km/Lであることから16.5km/L。

一方、ハイブリッドは走行性能重視のRSグレードベースで燃費はJC08モードで24.0km/L。

足回りの強化

  • 専用サスペンション装備
  • 最低地上高が若干下がる

新型ヴェゼルツーリングModulo Xの予防安全装備Honda SENSING

Modulo XシリーズはホンダのTYPE RやNSXとは異なり、Honda SENSINGを搭載しています。

ヴェゼルツーリングModulo XもHonda SENSING搭載。

ただ、専用機能は搭載されず、販売時点のヴェゼルのHonda SENSINGと同等の性能となるはずです。

新型ヴェゼルツーリングModulo Xの価格

TOURINGグレードの2,903,040円+4,000,00円で3,300,000円前後。

4WDが登場した場合は201,600円+の3,516,000万円程度になると考えられます。

ステップワゴンとそのModulo Xの価格差では、最上級グレードとModulo Xで”44万円程度”となっています。

ヴェゼルModulo Xの価格差も、その範囲に収まることが考えられます。

追伸情報

新型ヴェゼルツーリングModulo Xのベースモデル情報

画像引用元:https://www.honda.co.jp/autosalon/modulo.html?sid=twitter

Return Top