RAV4 GR SPORT?に期待|オンロード走行重視モデルへ変更?

トヨタRAV4にGR SPORTの設定が期待されていました

↑bz4Xです。

 

GR SPORTそのものが古い

GR SPORTはカタログ化して各モデルの1グレード扱いになっています。

例えば主要モデルの

ランドクルーザーアルファードです。

 

もっとGRのスポーツ性を強調する場合に

GRヤリスGR86といった形で

中身の濃いスポーツモデルとして登場しています。

 

RAV4一部改良2021では動きなし。

何にでもGRが設定されるわけではないんですね~。

 

登場の可能性は低くなったものの内容は以下になってました。

オフロード性能をあえて抑えるローダウン化

オンロードの走行性能に特化。

RAV4にはPHV仕様が先に設定され、

生産を一時中断するほど人気の車種となっています。

 

拡張性の高いモデルなので

スポーツに特化したGR SPORTの登場も可能性は高まりますね。

 

RAV4 GR SPORTの予想価格はベースグレード+40万円程度の範囲。

グレードはG・HYBRID Gグレード以上のモデルをベースとしそうですね。

 

フロントバンパー部分をGR SPORT専用のスポーツ仕様に

ヘッドライトのリフレクターはブラックメッキ処理される可能性もあります。

リアバンパーも独自デザインとなるでしょう。

 

サイドスポイラーの装着の可能性は高いです。

現行モデルより全幅を広げるオーバーフェンダーや

大型リアスポイラー装着の可能性は低いです。

 

最低地上高ダウンしてシティモデルへ

現行モデルのオフロード性能メインの設定をあえて下げるため、

最低地上高を下げてオンロードにおけるフットワーク性能を上げるとの情報です。

 

フェンダーモールをボディ同色に変更

現行RAV4のオフロード性を表現するフェンダーモールをブラックからボディ同色とします。

外観からオンロード性能をアピールする目的です。

 

ボディカラー

ホワイト系がイメージカラーとして採用される可能性が高いです。

RAV4 GR SPORT限定の新色採用の可能性もありそうで楽しみですね。

 

RAV4 GR SPORTの内装はブラック&ダークシルバー仕様

シートにはGRロゴも用意されるでしょう。

フロントシートには、専用スポーツシートを採用する可能性もあります。

 

また、ステアリングホイールにGRロゴパネルを配置。

メーターパネルの文字盤を赤くすることも、ほぼ確実と言えるでしょう。

アルミペダルの採用も考えられます。

 

ガソリン車優先でGR SPORT化?

ハリアーGR SPORTの場合、ガソリン車のみ設定となっています。

駆動に関しては、4WDと2WDの両方設定される可能性が高くなります。

 

6速MTトランスミッションも設定する?

RAV4 6速MT車は、ガソリン車で言うとヨーロッパに販売実績があります。

海外仕様のRAV4に設定されることから、わずかに可能性があると言えます。

 

実際に6速マニュアル車が導入される場合は

販売台数のバランスなどから”限定車”となるかもしれません。

 

GRにハイブリッド設定の可能性は?

他のGR SPORTから設定がありえないというわけではなく可能性自体はあります。

ヨーロッパなどで販売されているディーゼルエンジン+6速マニュアルは

GR SPORTとして導入される可能性は”ゼロに近い”と言えるでしょう。

 

エンジンスペックに変更は?

GR SPORTの場合、ガソリン車

ハイブリッド車でもベースモデルから変化はないでしょう。

サスペンションのチューンやGRブレースと呼ばれる

ボディ剛性の強化処理がされ、さらに

他の強化メニューが「オプション設定」されるでしょう。

 

トヨタRAV4 GR SPORTの安全装備

基本的にはベースモデルと同じToyota Safety Senseが用意されるはずです。

インテリジェントクリアランスソナー+オプションのスポーツサスペンション

ハリアーでは不可能となっている

インテリジェントクリアランスソナー+オプションの

スポーツサスペンションの同時装着ができるかポイント。

 

トヨタ GR 2023スケジュールはこちら。



WEEKLY RANKING