Read Article

新型N-WGN|‎Honda SENSING&マイルドハイブリッド搭載|2019年7月発売

ホンダは新型N-WGNのフルモデルチェンジを2019年夏に予定していると公表しました。

新型N-WGNのエクステリアはホンダの次世代デザインを採用し、インテリアデザインには、現行モデルのイメージを残しつつ
質感の向上を図ることが予想されています。

新型プラットフォームに新型エンジンを搭載するなど、大幅に基本性能を向上させて登場します。

N-WGN

今回は新型N-WGNに関する情報を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

新型N-WGNのエクステリア変更点

エクステリアデザインは一新されることが予想されています。

N-WGNはN-BOXのように大ヒットモデルとなっている訳ではないので、エクステリアデザインを大幅に刷新するようです。

しかし、現行モデルのコンセプトてある「新しいベーシック」という路線は維持される見込みなので、

標準仕様では安心感と存在感を追求したエクステリアデザインとなるでしょう。

N-ONEやホンダeに見られるようなポップ路線・親しみやすいフロントマスクへと変更します。

これら変更によって、ホンダ軽自動車のベーシックデザインとしての役割を担います。

ホンダe1N-ONE


 

一方で新型N-WGNカスタムは、ステップワゴンスパーダのように大型グリルやLEDヘッドライトを組み合わせて、大胆にイメージを変えてくると予想されます。

ステップワゴンスパーダ

そして、新型N-WGNのプラットフォームは2017年にフルモデルチェンジを実施したN-BOX採用のプラットフォームをベースに、

N-WGN向けにカスタマイズしたものが採用されます。このプラットフォームを採用することにより現行モデルと比較して大幅な軽量化と高剛性化を実現しています。

新型N-WGNのインテリア変更点

インテリアは現行モデルと同様にフロントシート下に燃料タンクを配置する「センタータンクレイアウト」を採用することで、広い車内スペースを実現します。

その上で、助手席を前後に大きくスライドすることが可能となる「スーパースライドシート」が新型N-WGNにも採用される可能性が噂されています。

スーパースライドシート

クラストップクラスの室内空間の広さを実現すると共に、室内の静粛性の向上も期待することができます。

またインパネデザインも、ホンダ最新のデザインにより、使い勝手と質感を両立したものとなるでしょう。

新型N-WGNのパワートレイン変更点

軽量・高剛性のプラットフォームに搭載されるエンジンは、自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類となっています。

自然吸気エンジンには高性能可変バルブタイミング・リフト機構「i-VTEC」を採用し、

ターボエンジンには電動ウェイストゲートを採用したS07B型エンジンとなる可能性が高いです。

新型N-WGNの燃費性能

新型N-WGNの燃費性能はプラットフォームとエンジンの刷新によって大幅に向上します。

先に新型プラットフォームとエンジンを採用したN-BOXでは、自然吸気エンジンが1.4km/L・ターボエンジンが1.8km/L向上していることを考慮すると、

新型N-WGNでも自然吸気エンジンでは30km/Lの大台を突破することは確実だと思われます。

また、ホンダは軽自動車向けのマイルドハイブリッドシステムを開発しているとの噂もあるので、

開発状況次第ではマイルドハイブリッドシステムが搭載されたモデルが登場するかもしれません。

ホンダには「IMA」と呼ばれるハイブリッド技術が存在し、この技術を応用したシステムが搭載される可能性があります。

先進安全装備の変更点

先進安全装備はN-BOXと同様に衝突回避支援パッケージである「HONDA SENSING」が全車に標準装備される見込みです。

その他にも後方誤発進抑制機能や、オートハイビーム機能も追加されます。

このHONDA SENSINGの採用によって、新型N-WGNは普通車と同等レベルの先進安全装備を搭載することになります。

新型N-WGNの予想販売価格

先進安全装備が全車に標準装備されることでスタート価格が上昇することが考えられます。

また、新型N-WGNはプラットフォームやエンジンが全面刷新されるほか、質感の面でも大幅な向上が行われることもあり、10万円程度の価格アップされる見込みとなっています。

ホンダN-WGN|来歴

ホンダN-WGNは2011年11月に発売したN-BOXを皮切りに展開されている「Nシリーズ」の第4弾として、

軽自動車の新しいベーシックを目指し、基本性能を高次元に備えた軽ハイトワゴンとして2013年に初代モデルが登場しました。

初代モデルが搭載しているパワーユニットは、自然吸気モデルとターボモデルのS07A型エンジンとなっていて、

エンジン形式こそ初代N-BOXやN-ONEと同じとなっていますが、

ホンダの軽自動車として初となる「ツインインジェクションシステム」や「金属ナトリウム封入中空排気バルブ」を採用することによって、

高出力・高トルク性能を保持したまま低燃費性能を実現しています。

また、このエンジンに組み合わされるトランスミッションも軽量化と高効率化が進められたCVTとなっています。

 

追伸情報

関連記事

「軽自動車」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.honda.co.jp
画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

スポンサードリンク

Return Top