N-WGN一部改良2022年8月|標準カスタム共外観&内装微変更

N-WGNはおまたせ改良で変更されます。

 




標準車

シートヒーター標準装備

登場時、装備してると価格が高くなるので

需要を見て、標準装備にするんでしょうね。(当たり前か…)

 

ほか

スタイル+シック設定

 

カスタム

フロントグリル変更

N-BOXがグリル幅を広くし角を鋭くしたように

↓改良後

 

N-WGNカスタムもグリル形状に幅を持たせ、「角」を付けるのかもしれませんね。

東京オートサロンで披露したコンセプトのように。

上記は標準車ですけどね。

 

ほか

合皮仕様設定

 

 

【2019年8月9日】新型N-WGN登場

ホンダは新型N-WGNのフルモデルチェンジを2019年8月に実施。

新型N-WGNのエクステリアはホンダの次世代デザインを採用。

インテリアデザインには、現行モデルのイメージを残しつつ、質感の向上を図っています。

 

新型プラットフォームに新型エンジンを搭載するなど、大幅に基本性能を向上させて登場します。

 

新型
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
N-WGN
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1675mm
  • 2520mm
  • 850kg
  • 0.66L直3
  • 58ps/7300rpm
  • 6.6kgm/4800rpm
  • CVT
N-WGNカスタム
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1725mm
  • 2520mm
  • 930kg
  • 0.66L直3ターボ
  • 64ps/6000rpm
  • 10.6kgm/2600rpm
  • CVT+パドルシフト

 

 【動画】N-WGN|おもに内装解説

 

価格

  • N-WGN:1,274,400円~1,631,880円
  • N-WGNカスタム:1,512,000円~1,793,880円

 

モード燃費

  • N-WGN:20.4~23.2km/L
  • N-WGNカスタム:20.0~23.2km/L

 

新型N-WGNのエクステリア

ヘッドライト形状

  • ノーマル:丸い2灯式ヘッドライト
  • カスタム:四角2灯式ヘッドライト

 

新型N-WGNのプラットフォーム

N-BOXに採用したプラットフォームをベースに、N-WGN向けにカスタマイズします。

現行モデルと比較して、大幅な軽量化と高剛性化を実現。100kgの軽量化で加速性能を向上します。

 

新型N-WGNのボディカラー

ノーマル

モノトーン:9色

  • プラチナホワイトパール
  • ルナシルバーメタリック
  • クリスタルブラックパール
  • ミラノレッド
  • ピーチブロッサムパール
  • プレミアムアガットブラウンパール
  • プレミアムアイボリーパールⅡ
  • ガーデングリーンメタリック
  • ホライズンシーブルーパール

 

2トーン:4色|ルーフ:ホワイト

  • ピーチブロッサムパール
  • プレミアムアガットブラウンパール
  • ガーデングリーンメタリック
  • ホライズンシーブルーパール

 

カスタム

モノトーン:7色

  • プラチナホワイトパール
  • シャイニンググレーメタリック
  • クリスタルブラックパール
  • ミラノレッド
  • プレミアムアガットブラウンパール
  • ミッドナイトブルービームメタリック
  • プレミアムベルベットパープルパール

 

2トーン:4色

  • プラチナホワイトパール×ブラック
  • ミラノレッド×ブラック
  • ミッドナイトブルービームメタリック×シルバー
  • プレミアムベルベットパープルパール×シルバー

 

新型N-WGNの内装インテリア

新機能

  • テレスコピック&チルトステアリング機構

 

ラゲッジ:工夫できる3つの使い方

  • ローフロアモード
  • 2段ラックモード
  • ビッグラゲッジモード

 

運転サポート機能搭載

  • パーキングセンサーシステム
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • オートブレーキホールド

 

新型N-WGNのパワートレイン

軽量・高剛性のプラットフォームに搭載されるエンジンは、自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類となっています。

自然吸気エンジン|高性能可変バルブタイミング・リフト機構「i-VTEC」

最高出力:58ps/7300rpm
最大トルク:6.6kgm/4800rpm

 

ターボエンジン|電動ウェイストゲート採用「S07B型エンジン」

最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.6kgm/2600rpm

 

先に新型プラットフォームとエンジンを採用したN-BOXは、自然吸気エンジンが1.4km/L・ターボエンジンが1.8km/L向上しています。

 

新型N-WGNの燃費性能|NAエンジンで30km/Lの大台を突破

新型N-WGNの燃費性能はプラットフォームとエンジンの刷新によって大幅に向上します。

 

衝突回避支援パッケージ「HONDA SENSING」全車標準装備

新機能

  • オートブレーキホールド機能付き電動パーキングブレーキ搭載
  • 渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール
  • パーキングセンサーシステム(4センサー)

予想追加機能

  • 横断自転車の検知
  • 夜間無灯火の歩行者認識
  • 前走車追随
現行N-BOXの先進安全機能
  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故軽減ステアリング
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • アクティブクルーズコントロール
  • 車線維持支援システム
  • 後方誤発進抑制機能
  • オートハイビーム

これらのHONDA SENSING機能採用によって、新型N-WGNは普通車と同等レベルの先進安全装備を搭載することになります。

衝突軽減ブレーキには、自転車と夜間歩行者検知機能が付き、アクティブクルーズコントロールには全車速追従機能が追加されます。

 

 

 




WEEKLY RANKING