新車Labo

Read Article

ハイエース一部改良2020年4月17日|フロントグリル変更&レジアスエース廃止

トヨタはハイエースに一部改良を加え、2020年4月17日に発売。

一部改良ではフロントグリル変更・安全装備更新・WLTCモードへの切り替えが行われます。



安全装備更新

Toyota Safety Sense

追加装備

  • インテリジェントクリアランスソナー
  • 踏み間違い防止装置

メーカーオプションを別設定

  1. パノラミックビューモニター
  2. 横滑り防止装置
  3. 電子インナーミラー
  4. オートライト機能追加
  5. ドアアウターミラー

WLTCモードへの切り替え

WLTCモード

JC08モードからWLTCモードへ変更されます。

価格

  • バン
  • ワゴン
  • コミューター
  • 219万-411万円
  • 288万-399万円
  • 322万-374万

新型ハイエースに続く

 

【2018年8月6日発売】ハイエース 特別仕様車|スーパーGL“DARK PRIMEⅡ”設定|

ハイエースおよびレジアスエースの最上級グレード・スーパーGL(上記動画)ベース特別仕様車・スーパーGL“DARK PRIMEⅡ”を設定しました。

ハイエース(レジアスエース)は国内大型バンの中でも最高峰の乗り心地を実現しています。テレビ局のロケバスにもよく採用されているのを見かけるため、遠征に向く居住性を持ち合わせていることが理解できます。

また一般ユーザーの場合、10年落ちでも7ケタの数字が出せるほど中古市場に強く部品耐久性の高いモデルとなります。そのハイエースは、2019年末頃フルモデルチェンジを迎えボンネット付きミニバン系デザインを採用すると予想されています。

エクステリア特別装備

フロントグリル/バックドアガーニッシュ:ダークメッキ塗装

ボディカラー|全5色

特別設定色スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)

インテリア特別装備

  • ルーフ/ピラー/セパレーターバー:ブラック色
  • スライドドアスカッフプレート:車名ロゴ&イルミネーション付き
  • SRSエアバッグ+プリテンショナー
  • フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)

 

【2018年8月6日】ハイエース誕生50周年記念 特別仕様車|スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”

最上級グレード「スーパーGL」ベース(2WD/2.8Lディーゼル/標準ボディ)

エクステリア特別装備

  • 漆黒メッキフロントロアグリル
  • 高輝度塗装フロントフォグランプベゼル
  • 高輝度塗装フルホイールキャップ
  • バックドア:50周年記念エンブレム

インテリア特別装備

  • ルーフ/ピラー/セパレーターバー:ブラック色
  • シート表皮:ダークブラウン色トリコット+合成皮革&ダブルステッチ
  • 茶木目マホガニー調加飾:インテリア随所
  • ダークシルバー加飾:インテリア随所
  • 50周年記念エンブレム付スマートキー
  • 50周年記念エンブレム付スライドドアスカッフプレート
  • 車名ロゴ&イルミネーション
  • デュアルパワースライドドア
  • SRSエアバッグ+プリテンショナー
  • フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)

ボディカラー|全6色

特別設定色グラファイトメタリック

価格

ハイエース・レジアスエース特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEⅡ”

2.0Lガソリン
3,139,560(2WD)

2.8Lディーゼル
3,728,160(2WD)
4,032,720(4WD)
3,869,640(2WD)

2.7Lガソリン
3,400,920(2WD)
3,694,680(4WD)

ハイエース特別仕様車スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”

2.0Lガソリン
3,240,000(2WD)

2.8Lディーゼル
3,828,600(2WD)
4,133,160(4WD)
3,970,080(2WD)

2.7Lガソリン
3,501,360(2WD)
3,795,120(4WD)

ハイエースLabo

Return Top