Read Article

SX4 S-CROSS 一部仕様変更|安全装備充実|2019年4月10日発売

スポンサードリンク


2019年4月10日、スズキから販売されている乗用車とSUVを融合させたクロスオーバーモデルSX4 S-CROSSの一部仕様変更が行われました。

主な変更ポイントは安全装備を充実したことですが、他社メーカーの最新安全装備と同等のレベルを実現しています。

SX4 S-CROSSの魅力に触れながら、一部仕様変更について詳しく解説します。

一部仕様変更された先進安全性能

今回の一部仕様変更の目玉となっているのは、ADAS(先進運転支援システム)が大幅にグレードアップされたことです。

主な内容を紹介すると、まずミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートII」が搭載されました。

これはミリ波レーダーによって前方の車両を検知し、衝突の恐れがあると判断された場合は、警告音や表示によって注意を喚起し、

もし衝突しそうな場合は自動で最初に弱いブレーキをかけ、さらに衝突の危険性が高まると自動でブレーキをかけ衝突を回避、あるいは衝突の衝撃を軽減させることができます。

 

またアダプティブクルーズコントロールでは、設定した速度を保つように自動でスピードを出したり緩めたりしてくれます。

もし先行車がいる場合には先行車の速度に合わせ減速し、先行車がいなくなると再び設定した速度まで自動でスピードアップしてくれます。

そのためドライバーはハンドル操作だけ注意していれば良いわけです。高速道路を長距離走行する際に疲れを軽減させる機能です。

その他の安全面では、フロントシートSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグが装備されています。

高級車並みの安全装備を手に入れましたが、価格は据え置きの2WDで214万560円、4WDが235万6560円という価格から手に入れることができます。

SX4 S-CROSSはハンガリー生産の逆輸入車

Suzuki SX4 S Cross

SX4 S-CROSSはハンガリーの子会社マジャールスズキで生産しています。つまり、日本では逆輸入車として販売されています。

そのためか外観は日本車らしからぬデザインで、凹凸のあるダイナミックなフロントボディや大きくて迫力のあるヘッドライトがワイルドな雰囲気を醸し出し、非常にインパクトがあります。

それに対してリアにかけてのデザインは、すっきりとエレガントにまとまっています。

インパクトがある外観に比べると、インテリアは驚くほどシンプルで、少し物足りなさを感じるかもしれません。

このあたりはスイフトがベースになっていることが影響しているのでしょう。

なおプラットフォームはエスクードと共有しており、エスクードとは兄弟車という関係になります。

ただし価格はエスクードのほうが40万円近くも高くなっており、その分がエンジンや装備などの差となっています。

ただ、今回の一部仕様変更によって、安全性能については同等のレベルになりました。

エンジンスペック

エンジンには先代のスイフトスポーツに搭載されていた最高出力86kW(117PS)/6000rpm、最大トルク151Nm(15.4kgfm)/4400rpmを発揮する1.6LのNAエンジンが搭載されています。

このエンジンは高回転型のエンジンで、アクセルを踏み込んで活発に回してあげることでその性能を引き出すことができます。

最近の車に多い低回転域から大きなトルクを発揮するタイプとは異なっています。

なお燃費はJC08モード燃費で16.2km/L(2WD車)、15.2km/L(4WD車)です。

駆動方式は2WD(FF)と4輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」が付いた4WDが用意されています。

トランスミッションはなんと高速域でメリットがあるスポーティな6速ATが採用されています。

 

【2017年7月6日】SX4 S-CROSSマイナーチェンジ|フロントデザイン変更

スズキは、SX4 S-CROSSを一部改良。フロントマスクを一新して新規需要を開拓します。

日本生産モデルではなく、欧州生産・輸入モデルなので、このエクステリアになったのも頷(うなず)けます。

SX4 S-CROSSの一部改良概要

  • トランスミッション変更
  • エクステリア一新&改良
  • インテリアの質感向上

発売日は、2017年7月6日。価格帯は、206万2800円~227万8800円。

トランスミッション変更

CVTだったトランスミッションを6速ATに変更しました。レスポンスが高まり、アクセル開閉に応じた反応が良くなっています。

加速のダイレクト感が小気味の良い操作へ繋がるでしょう。

エクステリア一新&装備改良

ヘッドライト・フロントバンパー・フロントグリルの意匠を変更し、欧州仕込みの迫力ある外観に変貌。正面から力強い印象となり、個性的で存在感が高まりました。

ヘッドライトとリアコンビランプはLED化され、視認性が上がり、ハッキリした顔立ちに整いました。

Suzuki SX4 S Cross5Suzuki SX4 S Cross4

新デザインのアルミホイールを採用し、足元のオシャレにも抜かりありません。そのホイールに215/55R17タイヤを装着。コンパクトSUVに相応しく、手頃な大きさのタイヤを装備しています。

Suzuki SX4 S Cross2

また、最低地上高は185mmとなり、旧モデルより20mm底上げされました。フロントマスクが印象的な分、高さも加えて、迫力ある外観を演出しています。

ボディカラーは4色設定

  • スフィアブルーパール
  • クールホワイトパール
  • エナジェティックレッドパール
  • コスミックブラックパールメタリック

インテリアの質感向上

運転席周りは、スズキらしいシンプルな構成を継続。シンプルな中にも質感を持たせるために

インパネセンターガーニッシュ:ピアノブラック塗装
エアコンルーバーガーニッシュ:サテンメッキ加飾

といった装飾を採用しています。

Suzuki SX4 S Cross 6

最近の日本車の流れに見られる、ギラギラと高級感を演出しすぎる傾向とは裏腹に、チープさも多少ありながらも小洒落た演出に留まるスズキのインテリアが好きです。

運転していて疲れなさそう。人を乗せるときに、変に見栄を張る必要もなさそうです。笑

 

追伸情報

関連記事

「SUV」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top