新型GT-R EV R36型2028年登場予想|全固体電池搭載EV。ポルシェタイカン4S対抗

GT-Rも電動化に含まれ、EVになる予定です。

GT-R EV(R36型)

フルEVモデルとして開発開始しているとの情報。

日産は2030年代電動化100%を目標に動いています。

GT-Rはその時期までにEV R36型として登場する予想です。

2050年はカーボンニュートラル

スペシャルモデルの在り方に影響を与えます。

短く動画にもまとめています

@haru27biz 新型GT-Rは2023年春R35型マイナーチェンジ。2028年R36型BEV予想 #GTR #新型GTR #VR38DETT #V6ターボ #BEV #2023 #2028 ♬ オリジナル楽曲 – 新車発売情報

 




GT-R EV(R36型)の外観予想

いまはまだ謎の次期GT-Rの姿。

予想では実用的な4ドアクーペになるとの情報。

EVだからスマートになるのではなく、拡張性ある仕様になります。

 

GT-R EV(R36型)の内装予想

EVの拡張性を活かした後席の居住性ある仕様になるとの予想。

走行性も高めつつ、移動体の本質、居住性も持たせる狙いがあるようです。

 

GT-R EV(R36型)のパワートレイン

EV化によってモーター駆動へ変更。

4WD技術やハンドリング性能が向上します。

 

ライバルはポルシェタイカンEV
タイカン4S
14,481,000円
最高出力320kW~390kW(435ps~530ps)
最大トルク640Nm

 

EVになる前にマイナーチェンジ版R35型GT-Rが登場。

じわじわと電動化を進化させる過程が見られそうです。

 

関連情報

GT-R R35型マイナーチェンジ情報はこちら。




DAILY RANKING