新車発売情報

Read Article

Honda e ホンダEV新型モデル情報2020年10月30日発売|価格451万~495万円

ホンダの電動化を形にした珠玉の一台となるHonda eはコンパクトなEVモビリティ。後輪駆動を採用することで走りの楽しさもあわせ持つ、期待の電気自動車です。日本発売は2020年10月30日。

全長は3895mm・全高1495mmのコンパクトボディで軽量化を実現。35.5kWhの容量を持つリチウムイオンバッテリーを搭載して、一充電走行可能距離はWLTCモード283km/259km(Advance)となります。

モーター出力は32.1kmgと言われており、3.0Lガソリン車並みのトルクを発揮し、最高出力は2種類設定され、136ps/154ps(Advance)仕様を選べます。充電器はフロントボンネットの先端に設定。



価格

グレード
  • Honda e
  • Honda e Advance
価格
  • 4,510,000円
  • 4,950,000円
Honda e/Advance
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • バッテリー容量
  • 最高出力
  • トルク
  • 後輪駆動
  • サスペンション
  • 乗車定員
  • 最小回転半径
  • 一充電走行(WLTC)
  • 価格
予想スペック
  • 3895mm
  • 1750mm
  • 1495mm
  • 2530mm
  • 35.5kWh
  • 136ps/154ps(Advance)
  • 32.1kgm
  • リアモーター32.1kgm
  • 前後ストラット
  • 4人
  • 4.3m
  • 283km/259km(Advance)
  • 350万(補助金含)

※3.2kW AC充電:9.6時間以上
※6.0kW AC充電:5.2時間以上
※急速充電対応:30分80%(202km)充電可能

新型Honda eの円基調エクステリアデザイン

Honda e (5)

充電・給電ポートはカバーにガラスを採用し中央に配置されています。乗車定員は4名。

  • 重量配分
  • 0-100km/h
  • 重心
  • アイポイント
  • 電池
  • 50対50
  • 8秒
  • 500mm
  • 高い
  • パナソニック

新型Honda eのボディカラー7色

  1. ルナシルバーメタリック
  2. モダンスチールメタリック
  3. プラチナホワイトパール
  4. チャージイエロー
  5. クリスタルブラックパール
  6. プレミアムクリスタルブルーメタリック
  7. プレミアムクリスタルレッドメタリック

Honda e (3)


新型Honda e ホンダEVは新開発プラットフォーム採用

EV専用プラットフォームとなります。”量販市販型EV実現”に向けた技術・設計をフル搭載。ホンダは2025年に、欧州4輪ラインアップの販売台数を3分の2、EVモデルにする目標です。

新型Honda e内装のポイントはリビング空間

Honda e12

ウッド調パネルを採用して、ドライビング中、落ち着きある空間を楽しめる仕様になっています。スイッチを必要な分に絞り、シンプルに操作できる配置になっています。

Honda e13

ガラスルーフは全車標準装備。シートとドア表面にはメランジファブリックを採用しています。

さらに一風変わったオシャレなブラウンカラーシートベルトを採用。リビングを表現するダウンライト式LEDルームライトが採用されています。

Honda e

両サイドに見えるのは6インチサイドカメラミラーシステム用モニター。170万画素カメラを採用しており、雨天時の雨滴を気にせず高い視認性を確保しています。

Honda e15

中央には12.3インチHonda CONNECTディスプレーを2つ搭載。AI音声認識で情報検索可能なHondaパーソナルアシスタントを搭載。「OK, Honda」で起動。

インテリア機能

  • コネクテッドサービスHonda Total Careプレミアム
  • スマホアプリでデジタルキー化して開錠・施錠・スタートまで可能
  • スマートキー連動ポップアップ式フラッシュアウターハンドル
  • スマートキー連動接触式ドア開錠システム
  • スマートキー連動乗車時パワーオン機能
  • Hondaパーキングパイロット
  • 家や家電へ給電機能搭載|Vehicle to Home&Vehicle to Load

Hondaパーキングパイロットとは

4カメラ+12ソナーで駐車する範囲と空間を認識し、1ボタンクリックでアクセル・ブレーキ・ハンドル・シフト操作を自動で行ってくれます。

新型Honda eの走行性能

  • リアにビッグトルク発生モーター配置
  • 高剛性ボディ
  • 四輪独立懸架サスペンション
  • 最小回転半径4.3m
  • 走行モード2タイプ|NORMAL&SPORT
  • シングルペダルコントロール=日産eペダル

シングルペダルコントロールとは

アクセルオフ制動力を高めたワンペダル加減速&停車可能。

Honda SENSING機能

ホンダセンシング

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 近距離衝突軽減ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
  • 車線維持支援システム
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム

アーバンEVコンセプトと【スポーツEVコンセプト】の関係

スポーツEVコンセプト

アーバンEVコンセプトには走行性能を分けた姉妹車的存在がいます。アーバンEVコンセプト(シビックEV)が都会型。「スポーツEVコンセプト」は走行性能に特化したEVです。

スポーツEVコンセプトは、アーバンEVコンセプトと共通のEV専用プラットフォームを採用しています。中身はコンパクトボディ・EVパワートレーン・人工知能(AI)を組み合わせたモデルです。

上記画像を見てもわかる通り、今すぐサーキット走行しそうなデザインですよね。

各EVモデルに役割の棲み分けをさせる

共通プラットフォームを採用しながらも両コンセプトは、初めで述べた通り役割分担しています。

  • スポーツEVコンセプト:遠方への移動やスポーツ走行に適したモデル
  • アーバンEVコンセプト(シビックEV):都市部移動に適したモデル

といった役割の棲み分けをしています。今のホンダで言えば、フィットとCR-Zのような関係ですね。

またホンダは、スポーツEVコンセプトを「電動化されても決して失われることのないホンダのDNAである操る喜びを実現」していると紹介しています。

NeuV(ニューヴィー)|自動運転技術+AI技術搭載コンセプト

ニューヴィー2

上記2モデルのほかに「新たなEVコンセプト」も出展しています。

モビリティの可能性を追求する新たなEVコンセプト。移動性と走行性が上記2モデルなら、ニューヴィーは「自動運転」+「AI技術」を搭載する「機能に特化した移動体」としての役割になります。

安全運転サポート

ドライバーの「表情」や「声の調子」を検知し、運転状況を把握しながら安全運転のサポートを行える技術を搭載。

コミュニケーション機能

また、ドライバーのライフスタイルや嗜好まで学習し、休日の行き先を提案するなど「コミュニケーション機能」を発達させたモデルです。

3モデルとも、明確に「EVの可能性」を示唆したホンダらしく分かりやすいコンセプトカーですね。

Honda e Labo

画像引用元:https://www.carscoops.com/

【参照】新型Honda e ホンダEVプロトタイプ

ホンダe1

  • 強化樹脂素材を使用する細いAピラー採用
  • フロント全体を覆うワイドなフロントガラス

アーバンEVコンセプトのボディカラーには、Harmonic White Mistという名で未来をイメージした「ホンダらしいマットホワイト」を採用。かつてシビックで人気を得たボディカラーです。

このアーバンEVコンセプトのデザインや機能は、次期フィットEVなどにも派生させEVモデルの初期型となりそうです。

先進的でありながら「シンプルな構成」で形作られています。ドア構造には、「後部起点となるヒンジドア」を採用しており、懐かしさと合わせてモダンな雰囲気を感じさせます。

車内には異なる素材で仕上げられたベンチシート2脚を配置。乗車定員は4名。

アーバンEVコンセプトのダッシュボードには、超大型メイン画面を採用しており、電子サイドミラーの除法やバッテリー残量など、あらゆる車両情報を表示します。

ホンダe2

Return Top