Read Article

ヴェゼル 1.5Lターボ『ツーリング』設定|172ps/22.4kgm|2019年1月31日発売

現行ヴェゼルを2019年1月31日に一部改良を発表予定。走りの1.5Lターボモデル「TOURING」を設定し、トヨタC-HRに対抗できるラインアップにする計画です。

現行ヴェゼルのパワートレーンは「1.5Lハイブリッド」と「1.5Lガソリン」。このラインアップに「1.5Lターボ」を設定します。
価格は2,90,3040円(1グレードのみ)。

クルマを走らせることが好きなSUVユーザーにとっては、2019年の新春からとても嬉しい出来事になりますね。自分へビッグお年玉☆

スポンサードリンク

ヴェゼル 1.5Lターボ『ツーリング』のモデル情報2019

1.5Lターボのスペック

ステップワゴン・ジェイドに搭載されている「1.5Lターボ」を搭載することが判明しました。172psを発生する1.5Lターボ搭載で、パワーに余裕のある動力性能がもたらされます。

1.5L直噴VTECターボエンジン
  • 最高出力:127kW(172PS)/5500rpm
  • 最大トルク:220Nm(22.4kgfm)/1700-5500rpm

この1.5Lターボは、先日復活を遂げた新型CR-Vのガソリンモデルにも搭載されたエンジンです。

現行1.5L NAより機敏なハンドリング性を発揮し、「1.5Lハイブリッド」よりもシャープな走りが実現するでしょう。ヴェゼルに搭載される新型1.5Lターボエンジンは、「新グレード」として設定されます。

ハイパワー化による足回り機能強化

  1. ボディ剛性向上
  2. 専用パフォーマンスダンパー
  3. アジャイルハンドリングアシスト

すべて、高出力エンジンに耐えられる仕様に進化させ、乗り心地と操縦安定性を手に入れています。

エクステリア

  1. 専用ヘッドライトガーニッシュ(ブラック塗装)
  2. 専用フロントグリル(クロームメッキ)
  3. 専用フロントバンパーロアーグリル
  4. RS仕様ボディロアーガーニッシュ(グレーメタリック)
  5. エキパイフィニッシャー(左右2本出し)
  6. TOURING専用エンブレム
  7. ルーフレール
  8. 18インチアルミホイール(グレー塗装)

ボディカラー|全6色

  1. プレミアムクリスタルブルー・メタリック NEW
  2. スーパープラチナグレー・メタリック NEW
  3. プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  4. オーロラアメジスト・メタリック
  5. プラチナホワイト・パール
  6. クリスタルブラック・パール

専用ブラウンインテリア

  1. 専用ウルトラスエードコンビシート(ダークグレー/背中太もも部)
  2. 専用ブラウンカラーインテリア採用(シートトップ&サイド部)
  3. 運転席&助手席シートヒーター

将来ヴェゼルには「1.0Lターボ」も搭載される?

これまで、フィット・フリード・ヴェゼルに欧州シビック搭載の「1.0Lターボ」搭載されると予想されてきました。この噂は、もう2年くらい続いてましたが実現には至ってません。

しかし、2019年秋にフリードがマイナーチェンジを実施して、「1.0Lターボ」を搭載するという情報が出ています。

ライバルC-HRを追いかけヴェゼルも「ターボ」を追加

購入を考えている方はハイブリッド・ガソリン・ターボと選択肢の幅が広がります

 

【2018年2月16日】ヴェゼル マイナーチェンジ

ホンダの人気ハイブリッドSUV・ヴェゼルがマイナーチェンジでHonda SENSINGを全車標準装備。価格は207万5000円~292万6000円

vezeru

  • 先進感と力強さを際立たせたエクステリア
  • SPORT HYBRID i-DCDにチューニング実施
  • 上質感と心地よさを追求したインテリア
  • Honda SENSING全タイプ標準装備

価格|207万5000円~292万6000円

G Honda SENSING
2,075,000円(2WD)燃費21.2km/L
2,291,000円(4WD)燃費19.6km/L

X Honda SENSING
2,165,000円(2WD)燃費21.2km/L
2,381,000円(4WD)燃費19.6km/L

RS Honda SENSING
2,475,000円(2WD)燃費20.2km/L

ハイブリッド Honda SENSING
2,460,000円(2WD)燃費27.0km/L
2,676,000円(4WD)燃費23.2km/L

ハイブリッド X Honda SENSING
2,539,000円(2WD)燃費26.0km/L
2,755,000円(4WD)燃費23.2km/L

ハイブリッド Z Honda SENSING
2,710,000円(2WD)燃費23.4km/L
2,926,000円(4WD)燃費21.6km/L

ハイブリッド RS Honda SENSING
2,810,000円(2WD)燃費25.6km/L

エクステリア|変更点

フロント
  1. インラインタイプLEDヘッドライト全車標準装備(ハイ/ロービーム・オートレベリング機構付)
  2. バンパー・グリル形状変更
ボディカラー|新色3色追加・全8色
  1. オーロラアメジストメタリック
  2. シルバーミストグリーンメタリック
  3. プラチナホワイトパール

オーロラアメジスト・メタリック シルバーミストグリーン・メタリック プラチナホワイト・パール

走行性能
  1. 高圧燃料ポンプ構造見直し:走行中のエンジン音低減
  2. カムチェーン摩擦低減:JC08モード燃費21.2km/L
  3. SPORT HYBRID i-DCDチューニング:スムーズな加速フィーリング実現
  4. ブレーキペダルのリンク機構追加(ハイブリッドモデル):ブレーキ操作のスムーズさを向上

インテリア|変更点

  1. フロントシート形状変更
  2. ステッチ変更
  3. ホールド性・質感向上
  4. 静粛性向上
  5. Apple CarPlay/Android Auto(ホンダインターナビ/USB接続)
【動画】エクステリア/インテリア

 

【2016年2月25日】ヴェゼル|マイナーチェンジ

昨年の上半期・下半期とSUV新車販売台数1位を獲得しているヴェゼル。そのヴェゼルが2016年2月25日にマイナーチェンジです。

先日近所で、購入してすぐと思われるヴェゼルを見かけましたが、「人を惹きつけるオーラ」を放っていました。思わず「わっ、欲しい」ってなりますね。

  • 主にフロントマスクやエクステリア改良実施
  • すべてのグレードでHonda SENSING選択可能に
  • 進化版スポーツハイブリッドシステム「i-DCD」搭載
  • ガソリンエンジン1.5L&ハイブリッドに「RS」追加

ホンダ「ソリッドウィングフェイス」の進化

フィットから始まったソリッドウィングフェイス。デザイナーいわく、「より個性的でエキサイティングなホンダデザインを」との思いがあります。

ヴェゼルのマイナーチェンジで「RS」が設定され、フロントマスクはよりシャープ、より未来的なデザインへと変更されます。

「RS」エクステリア機能で追加されるのは、

  • RS専用フロントグリル
  • クリスタルブラック塗装のボディーロアガーニッシュ&ドアミラー
  • RS専用18インチアルミホイールを採用

ホンダから先行ビジュアル公開がなされ、エクステリアがはっきりしました。現行の姿を「キープ」です。

「RS」は走りに関する機能追加が満載

  • 走行時の安定性に寄与する「パフォーマンスダンパー」設定
  • 可変ステアリングギアレシオを採用
  • Honda独自CVT制御「G Design Shift」を設定(ガソリンのみ)

「G Design Shift」とは、技術を優先することなく、ドライバーが、スムーズで伸びのある加速感を味わえ、スポーティな運転フィーリングを楽しめる「新しいCVT技術」です。

簡単に言えば、「G」のかかり具合が心地いいモノになっているということです。^^

ガソリンエンジン1.5L/ハイブリッド「RS」|追加

エクステリア・インテリア・走行機能など、すべてが専用装備のヴェゼル「RS」。ガソリン&ハイブリッド両モデルへの「RS」設定です。

ヴェゼルRS(ガソリンモデル)|スペック
エンジン:1.5L i-VTEC
最高出力:131ps/6600rpm
最大トルク:15.8kgm/4600rpm
ミッション:CVT
燃費:19.8キロ
価格:239万円

よりスムーズな駆け出し|ハイブリッドi-DCDシステムを更新

第2世代にはいった「スポーツハイブリッドシステム i-DCD」。進化したことで、よりスムーズな加速を味わえ、滑らかな走行環境を手にいれます。そして、システムだけでなく

  • 運転席&助手席左右独立温度調節エアコン(ハイブリッド)
  • ホンダセンシング機能を搭載(全グレードでオプション選択可能)
  • ドアの施錠連動ドアミラー自動開閉機能「オートリトラミラー」を標準装備

などの追加もあり、快適で満ち足りた空間となります。

すべてのグレードでHonda SENSING選択可能に

  1. 衝突軽減ブレーキシステム
  2. 路外逸脱抑制機能
  3. 歩行者事故低減ステアリング
  4. 車線維持支援システム
  5. アダプティブクルーズコントロール
  6. 標識認識機能
  7. 誤発進抑制機能
  8. 先行車発進お知らせ機能

といった、高度な機能を保有する安全システムとなっています。

ボディーカラー|追加

プレミアムクリスタルレッドメタリック
シナモンブロンズメタリック
ルナシルバー・メタリック

追伸情報

関連記事


画像引用元:https://www.honda.co.jp

ホンダハイブリッドの今後

現在、「1.5L i-DCD」エンジンを「2.0L i-MMD」の性能で開発しており、ヴェゼルハイブリッドは将来「1.5L i-MMD」エンジンに置き換わります。

Return Top