Read Article

トヨタグランエース新型モデル情報2019年12月16日日本発売|予想価格500万~650万円トヨタ全系列店扱い

スポンサードリンク


トヨタは、ハイエースの高級/VIP仕様ミニバン後継車として、グランエースを登場させます。

まず東京モーターショー2019で初出展します。正式発表は2019年11月25日で、12月16日発売となります。

予約は10月末開始。生産開始を2020年明け。納車を2~3月開始との情報です。

グランエース6

トヨタ新型グランエースモデルチェンジ情報2019

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン(1GD型)
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 駆動
  • タイヤサイズ
  • 5300mm
  • 1970mm
  • 1990mm
  • 3210mm
  • 2800kg
  • 2.8Lクリーンディーゼル
  • ps/rpm
  • kgm
  • 6速AT
  • FR

新型グランエースのエクステリア

グランエース2

フルサイズボディ(全長5300mm・全幅1970mm)のワゴンです。

ラダーデザインベースのシャシーを採用。環状骨格構造のモノコックボディを採用します。

グランエース4

デザイン

  1. 金属調加飾大型ラジエーターグリル
  2. グリル融合ヘッドライト採用

環状骨格構造のモノコックボディ

  1. 振動・遮音対策実施
  2. 静粛性を追求

ボディカラー3色

  1. ホワイトパール|有料色+30000円
  2. ブラック
  3. グレイメタリック

【動画】トヨタグランエース ブラック

新型グランエースの内装インテリア

グランエース8

室内空間

  • 室内長
  • 室内幅
  • 室内高
  • 3290mm
  • 1735mm
  • 1290mm
内装色
  1. 本革仕様
  2. シルバーメタリックカラー
乗車定員は?
  1. 3列シート6人乗り|上級
  2. 4列シート8人乗り|標準

セカンドシートとサードシート4席に本革キャプテンシートを採用しています。

上級3列シート6人乗り専用装備
  1. 全本革キャプテンシートに電動オットマン装備

グランエース9

サスペンション

  1. フロント:マクファーソンストラット
  2. リア:新開発トレーリングリンク車軸式

動作軸にズレが生じない設計となっています。

新型グランエースのパワートレーン

2.8Lディーゼルターボエンジンを搭載します。

スペック未公表。

新型グランエースの予想先進安全装備

発売時点で最新のToyota Safety Senseを搭載するものと考えられます。

立ち位置的にトヨタ初採用の装備はないと考えられます。

新型グランエースの価格

グランドハイエースはハイエースワゴン+50万円前後。

最高級グレードで430万円以上になると予想されます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com

海外グランドハイエース情報

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ベースモデル
  • 乗車定員
  • 5300mm
  • 1970mm
  • 1990mm
  • 海外ハイエース
  • 4列シート9人乗り

フィリピン仕様のハイエースやプロエースとグランエースの関係

フィリピン仕様のハイエースが最もトヨタのスタイルです。

また、プジョーとの関係もなく製造できる点では、グランドハイエースのベースモデルとして考えられます。

しかし、サイズが大きく、ショートモデルでさえ5265mmもの全長。

ボンネットが伸びている関係で、全長が長くなっているため、日本向けのショートボディ化は難しいかもしれません。

一方、欧州仕様車プロエースは、スタイル的に商用イメージが強く、サイズが4700mmとやや小さいため、こちらも採用が微妙なところです。

日本仕様の新型ハイエースを新規に製造し、さらに”その一つのグレード”としてグランドハイエースを作るという線も考えられます。

グランエースの名称由来

”グランドハイエース”は、かつて使用された名称です。

その立ち位置は、現在アルファードとなっています。

最高級の別モデルとしてグランエースが使用されるのでしょう。

現在の流れでは、レクサスLMがアルファードベースでトヨタ系最高級ミニバンになっています。

Return Top