Read Article

マツダCX-30とC-HRの購入比較

2019年3月5日、第89回スイスで開催されたジュネーブ国際モーターショーで、マツダは新世代車両の第二弾となる新型コンパクトクロスオーバーSUVのCX-30を世界初公開しました。

CX-30-1

ぱっと見た印象ではCX-5のようにも見えますが、CX-5と比べるとサイズが小さくなっています。

CX-5

またCX-3と比較すると、逆に若干大きめです。つまりCX-3とCX-5の中間に位置するサイズとなります。

マツダCX-3 10

ライバル車はずばりトヨタのC-HR。

C-HR 5

CX-3は販売台数でC-HRに大きく引き離されていますので、捲土重来(けんどちょうらい)を狙いたいところでしょう。

スポンサードリンク

エクステリアの比較

C-HRとCX-30の購入比較では、まずエクステリアデザインから入る人が多いのではないでしょうか。

CX-30はマツダのデザインテーマでもある塊動デザインが採用されています。

CX-30 1

オーソドックスなSUVスタイルでありながらも、エレガントで伸びやかな印象があり、最近のマツダ車に共通するデザインの美しさは、他のメーカーに比べて一歩先を行っていると国内外からも高く評価されています。

 

それに対してトヨタC-HRは、コンセプトカーをそのまま市販したような、大胆でインパクトのあるデザインを採用しています。

C-HR 1

賛否両論のあるこのデザインに対して、よくやったという声もあれば、かっこ悪いという声もあるようです。

 

エクステリアの比較だけを考えると、デザインの好みは人それぞれではありますが、CX-30に軍配が上がりそうです。

 

 

パワートレインの比較

CX-30に搭載されるパワートレインには、2.0Lガソリンエンジン(SKYACTIV-G 2.0)と、マツダが力を入れ続けてきた1.8Lクリーンディーゼルターボエンジン(SKYACTIV-D 1.8)、

そして、この両者の良いところを合わせた画期的なエンジン「SKYACTIV-X」も設定されています。

その特徴は、高回転まで回してパワーが出せるガソリンエンジンの良さを維持しながら、ディーゼル並の希薄燃焼を達成していることです。

 

さらに、この「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-X」には、燃費性能の向上が望めるハイブリッド技術の「M Hybrid」も搭載され、ライバルトヨタ車に対抗しています。

 

これに対してC-HRのパワートレインには、クラストップレベル(JC08モード30km/L)を実現した1.8Lエンジンのハイブリッドシステムと、

ダウンサイジングターボエンジンによる爽快な走りと優れた燃費性能を実現した1.2Lターボエンジンを搭載しています。

C-HR 2

CX-30の新エンジンがどのようなものなのか未知数ではありますが、興味がそそられるところです。

C-HRのエンジンはどちらも選んだとしても、安心して走ることができる安定感があります。

 

 

インテリアの比較

インテリアの比較は甲乙つけがたいというのが正直なところです。CX-30のインテリアは新型のアクセラと同じような高品質なデザインとなっています。

CX-30 2

クラスの標準をはるかに超えており、2ランク上の車に乗っているような気持ちになることでしょう。

 

それに対してC-HRも負けていません。

室内の品質の高さでは昔から評判の良かったトヨタですが、C-HRでは外観と同様にインテリアにも力を入れており、居心地の良い空間を提供してくれます。

C-HR

 

価格の比較

CX-30の価格はまだ発表されていませんが、CX-3よりは高く、CX-5よりは低く抑えられることを考えると、ガソリン車は230万円前後からとなりそうです。

CX-30 4

そうなるとC-HRの1.2Lガソリン車と真っ向からぶつかることになりそうです。

C-HR4

ディーゼルは260万円前後からと予想され、こちらはC-HRのハイブリッドモデルと同じ価格帯となりそうです。

 

 

追伸情報

関連記事

C-HR 6

「購入比較」一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.motor1.com

Return Top