【続報】トヨタのセリカ新型で復活?東京オートサロン2025にまさかの出展ある!?

ラグジュアリークーペになる?
2.0L 4気筒ターボエンジン搭載?
400ps?GT-FOUR復活?
最新4WD技術GR-FOUR搭載予想
コンセプトモデルを出展

前回までにわかっていたのは以下です

予想価格7,000,000円~9,000,000円
BEV|モーター最高出力 400㎰/最大トルク 70.0kgm
 ※電気自動車の予想はなくなったようです
セリカ フルモデルチェンジ?2028|BEVでスペシャリティクーペ復活?

セリカは1970年代から1990年代にかけて、トヨタを代表するスポーツカーとして人気を博した車種です。そのスタイリッシュなデザインと高い走行性能で、多くのファンを魅了しました。

しかし、2006年に生産終了となり、その後は復活の兆候はありませんでした。

近年、トヨタはGR86やGRヤリスといったスポーツカーを投入しており、スポーツカー市場への回帰を図っています。

MR2後継2026|1.6Lターボ搭載GRMN専用ミッドシップスポーツで復活
トヨタFT-Se 2027|第3世代BEVプラットフォーム採用スポーツタイプ&SUVタイプFT-3eも市販予想
トヨタGRスターレット 2026年登場予想|1.3L 直3ターボエンジン搭載の可能性
トヨタコンパクトFRスポーツ復活?|S-FRが1.3L搭載ビジョンコペンOEMで開発?

新型セリカの復活は、単に懐かしの名車の復活というだけでなく、トヨタがスポーツカー市場への本格回帰を目指すというメッセージにもなります。

このことから、セリカの新型コンセプトモデルが東京オートサロン2025に出展される可能性は十分に考えられます。

あくまでも可能性であり、実際に市販化されるかどうかは不明です。

東京オートサロン2025にてコンセプトモデルが出展された場合は、大きな話題となることは間違いありません。

セリカ復活の兆候

この噂の根拠となるのが、いくつかの情報です。

トヨタ社長の発言

2023年12月、佐藤恒治トヨタ社長はインタビューで「セリカが好き」と発言し、復活への意欲を示唆しました。

コンセプトカーの存在

2022年、トヨタはジュネーブモーターショーで「GR GT3」というコンセプトカーを発表しました。

この車はセリカを彷彿とさせるデザインとも言えるものになっており、復活への期待を高めました。

商標登録

トヨタは2021年、欧州で「セリカ」の商標を登録しました。これは新型車の発売に向けて準備を進めていることを示唆する動きと解釈されています。

トヨタセリカ新型の予想ボディサイズ

全長4300mm
全幅1850mm
全高1310mm
ホイールベース2600mm
重量2100kg
ラグジュアリークーペ説
単なるスポーツカーではなく、高級感のあるラグジュアリークーペとして生まれ変わる可能性がある。
「人生の夢はセリカを復活させること」と公言する佐藤恒治氏の発言から、セリカを現代風にアレンジしたラグジュアリークーペとして復活させる可能性がある。
初代セリカGT-FOURはラグジュアリースポーツクーペとして1986年に生まれた。
本格スポーツモデル説
セリカは元々、若者をターゲットとしたスポーツカーとして人気を博した車種である。
ラグジュアリークーペよりも、本格的なスポーツモデルとして復活する方が、ファンにとって喜ばしい。
トヨタにはGRヤリスやGRカローラなど、本格的なスポーツカーを開発する技術力がある。

トヨタセリカ新型は2.0L 4気筒ターボエンジン搭載?

本格スポーツのGRヤリス・GRカローラと共通のエンジンである「G16E-GTS」がベースとなる可能性が高くなります。

「G16E-GTS」1.6L 直3ターボエンジンは、復活の期待がかかるMR2にも搭載され、同じく復活のスターレットとS-FRには1.3Lへ改良されて搭載するパワートレインです。

セリカの車格から、このエンジンを2.0L、4気筒に改良し載せるとの予想。

パワーは400ps辺りまでアップされ、最新4WD技術GR-FOURと組み合わされる可能性が高いようです。

トヨタは、GRヤリスとGRカローラに「GR-FOUR」と呼ばれる最新4WDシステムを搭載しています。

GR-FOURは、優れた操縦性と安定性を発揮するとして評価されている4WDシステムです。

セリカは、かつてWRCで活躍したスポーツカーであり、4WDシステムは重要な要素となります。

トヨタは、近年、GRブランドを積極的に展開しており、セリカにもGR-FOURを搭載することで、スポーツ性をアピールする可能性が高いです。

トヨタ GR 2027

GR-FOUR搭載により、セリカは高い操縦性と安定性を獲得し、本格的なスポーツカーとして生まれ変わる可能性があります。

GT-FOUR 復活の可能性を高める要素
近年、SUVの人気が高まっているが、スポーツカー市場も根強い人気がある。
トヨタは、86/BRZの次期型を開発しており、スポーツカーへの積極的な投資姿勢を見せている。
セリカは、トヨタにとって歴史的なスポーツカーであり、ファンも多い。
同時にGT-FOUR 復活を阻む要素
電動化の進展により、ガソリン車の新規開発が難しくなっている。
セリカGT-FOURは高性能な車であり、価格が高くなる可能性がある。
トヨタ1.6L直3ターボエンジンG16E-GTS&4WD技術GR-FOUR

関連記事

MR2後継2026|1.6Lターボ搭載GRMN専用ミッドシップスポーツで復活
トヨタFT-Se 2027|第3世代BEVプラットフォーム採用スポーツタイプ&SUVタイプFT-3eも市販予想
トヨタGRスターレット 2026年登場予想|1.3L 直3ターボエンジン搭載の可能性
トヨタコンパクトFRスポーツ復活?|S-FRが1.3L搭載ビジョンコペンOEMで開発?

ホンダプレリュード 2025|スペシャリティ2ドアクーペ

【夢】シルビア2028|GR86・プレリュード競合日産電動スポーツクーペ