新型WRX S4 2021年10月下旬|2.4Lターボ&アイサイトX搭載

新型WRX S4の2021年発売日情報は?
WRXのフルモデルチェンジ最新情報が知りたい。

新型WRX S4は2021年10月下旬登場予定。

新型WRX STIは2022年10月登場が期待されています。

パワートレイン

2.4L水平対向4気筒ターボ搭載。

スペックは280ps/38.3kgm。

トランスミッションにはCVTが採用されます。

新型WRX STIには2.4Lターボ高出力版が搭載されます。

予想スペック

WRX S4
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
2.4Lターボ
  • 4650mm(+5㎝)
  • 1805mm
  • 1450mm
  • 2670mm(+2㎝)
  • 1550kg
  • 2.4Lターボ
  • 280ps
  • 38.3kgm
  • CVT

予想価格

0

0

新型WRX S4の外観デザイン

デザインはレヴォーグまま

VIZIVパフォーマンスコンセプトの素材が活かされ、

S4独自の装飾がほどこされます。

レヴォーグセダンとはよく言ったものですね。

コの字ヘッドライト

ちょっと丸みを感じる新しさがあります。

埋め込みを増したエアインテーク

主張しすぎないターボの存在を証明してますね。

純ガソリン車終焉を知らせる意味もあるのかもしれません。

リアは大きく張る筋肉質なフェンダー

”大地をしっかり踏み込む接地感”を表現します。

スバル特有の「ブレないドライビング」を感じさせるデザインですね。

 

骨格にも新しさが盛られます。

次世代プラットフォームSGP採用

新型WRX S4の衝突安全性能、剛性、運動性能を

さらに向上させることになりました。

またSGPは大幅な軽量化にも貢献し、

1クラス上のモデルに乗っている上質さ

を体験することになるでしょう。

SGPはさらに足回りにも影響が出ます。

電子制御サスペンション採用

レヴォーグ採用の

  • ハンドリング性能を向上させる

チューニングパーツが装備され、

新世代プラットフォームと相まって、

滑らかな操作性と乗り心地が体感できる仕様です。

 

レヴォーグセダンであるS4の内装は

そう遠くないデザインになるでしょう。

新型WRX S4の内装

タテ式大型モニター採用

直感的操作に対応し、ドライバーの運転操作の邪魔をしない

インフォメーション把握が可能な仕様です。

 

さて新型の心臓部であり、終わりに近づく
ガソリンモデルのパワートレインはどう進化を果たすのか?

新型WRX S4のパワートレイン

新型WRX S4
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
スペック
  • 2.4Lターボ
  • 280ps
  • 38.3kgm
  • CVT

この2.4Lターボは新型BRZと同じエンジンです。

新型WRX S4サイズのセダンに必要十分な運動性能を発揮します。

この新しいエンジンは

新型WRX STIにも大幅なチューニング(400ps/50kgm)がほどこされて搭載されます。

また同時にレヴォーグにも搭載予定です。

Labo
戦闘力が激高なWRX STIは遅れて登場!400ps/50.0kgm/6速MT予想だよ‼

トランスミッション

さらに小気味よく進化した

スポーツトロニックCVTが専用設定されます。

「リニアな走り」を得意とし

滑らかに流れるブレない走りが体感できるでしょう。

STIには6MT採用です。

走りの性能が充実すると同時に燃費性能も向上します。

燃費数値予想

新型WRX S4の予想燃費は

  • ガソリンエンジン仕様:14〜15キロ

と予想されています。現行燃費12.4〜13.2キロ。

新型2.4Lターボは燃費とトルク性能を重視し、

現行WRX S4上位モデルよりも性能向上を果たします。

 

最後はトップレベルの予防安全性能について。

新型WRX S4にアイサイトX搭載

新型WRX S4はレベルアップを遂げた進化版アイサイト

  • アイサイトX

が搭載されます。

大きな変化は条件付き手放し運転が可能となる点でしょう。

宇宙(衛星)からの監視により

小さなクルマ一台が制御されると考えれば理解しやすいでしょうか。

アイサイトXの主な機能

  • カーブ前速度制御
  • 料金所前速度制御
  • 渋滞時ハンズオフアシスト
  • 渋滞時発進アシスト
  • アクティブレーンチェンジアシスト
  • ドライバー異常時対応システム

アイサイトツーリングアシスト【更新】ポイント

  • 車線中央維持機能
  • 全車速追従機能付きクルーズコントロール
  • 先行車追従操舵機能
  • 後退時自動ブレーキシステム機能

スバル予防安全システムEyeSightとは|Ver.4搭載次期モデル&最新機能予想

WRX S4一部改良情報はこちら。