新車発売情報Labo

Read Article

MAZDA3ターボモデル情報2020|SKYACTIV-G 2.5T搭載?ハイスペックグレード登場か

マツダUSAのYouTubeチャンネルに謎のエンジンサウンド動画がアップされ、「マツダ3のターボエンジンの音じゃないか?」とターボモデルの登場を示唆しました。北米では2020年内に登場します。



【海外動画】MAZDA3ターボモデルのエンジンサウンド

 

【2020年5月21日】セダンに1.5ガソリン追加設定

MAZDA3の3種エンジンSKYACTIV-G 2.0・SKYACTIV-D 1.8・SKYACTIV-Xに加えて、価格面で扱いやすいSKYACTIV-G 1.5モデルが追加されました。

1.5L車以外は250万円台スタートのモデルです。なので、1.5L車は購入しやすい2,221,389円~2,552,489円の嬉しい価格帯となります。

15Sと15S Touringグレードが用意され、各駆動は2WD/4WDを選択できます。

MAZDA3セダンに100周年特別記念車も設定

上記SKYACTIV-G 1.5モデルをベースにしたマツダ100周年限定車も追加発売。価格は2WDが2,893,869円、4WDが3,130,369円となります。

特別装備

  • レッドスムースレザーシート
  • 創立100周年記念バッジ付きフロアマット
  • 創立100周年スペシャルロゴ刻印ヘッドレスト
  • バーガンディフロアカーペット
  • 創立100周年スペシャルロゴ刻印&100周年専用化粧箱入りキーフォブ
  • 創立100周年スペシャルロゴ付センターホイールキャップ
  • フロントフェンダー部創立100周年記念バッジ
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ(有料色33,000円)

 

【2019年12月5日】SKYACTIV-X発売

マツダはMazda3を5月24日発売。2019年5月24日は1.5Lガソリン。7月に1.8Lディーゼル&2.0Lガソリン追加。2019年12月5日にSKYACTIV-X追加。SKYACTIV-Xの価格差はガソリン+70万・ディーゼル+40万。

アクセラ9

  1. 排気量1997cc
  2. 最高出力|180ps/6000rpm
  3. 最大トルク|22.8kgm/3000rpm
  4. M Hybrid|6.5ps/6.2kgm
  5. ファストバック/セダンに搭載
  6. ファストバック6MT仕様用意

価格

  1. ファストバック|3,198,148円~3,688,463円
  2. セダン|3,198,148円~3,616,963円

WLTCモード燃費

  1. ファストバック|16.2~17.8km/L
  2. セダン|16.2~18.2km/L

グレード

  1. セダン|Xプロアクティブ/Xプロアクティブ ツーリングセレクション/X Lパッケージ
  2. ファストバック|上記プラスXバーガンディーセレクション

Mazda3のエクステリア

セダン

アクセラ4

ボディサイズ|セダン
全長4660mm
全幅1795mm
全高1445mm
ホイールベース2725mm

アクセラ5

ハッチバック/FASTBACK

アクセラ2

ボディサイズ|ハッチバック
全長4460mm
全幅1795mm
全高1440mm
ホイールベース2725mm

アクセラ3

ボディカラー

  1. スノーフレイクホワイトパールマイカ
  2. ジェットブラックマイカ
  3. ディープクリスタルブルーマイカ
  4. チタニウムフラッシュマイカ
  5. ソニックシルバーメタリック
  6. マシーングレープレミアムメタリック
  7. ソウルレッドクリスタルメタリック
  8. ポリメタルグレーメタリック(ハッチバックのみ)


Mazda3のインテリア

アクセラ13アクセラ11

Mazda3 AWD【動画】

Mazda3のスペック

SKYACTIV-G 1.5
最高出力82kW(111ps)/6000rpm
最大トルク146Nm(14.9kgfm)/3500rpm

SKYACTIV-G 2.0
最高出力115kW(156ps)/6000rpm
最大トルク199Nm(20.3kgfm)/4000rpm

SKYACTIV-D 1.8
最高出力85kW(116ps)/4000rpm
最大トルク270Nm(27.5kgfm)/1600-2600rpm

SKYACTIV-X+M Hybrid
トランスミッション:6速AT/6速MT
タイヤ:205/60R16/215/45R18

SKYACTIV-X|特徴

アクセラ新型Mazda3に搭載される次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」は

  • ガソリンエンジンならではの伸びのよさ
  • ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・レスポンス

の特長を融合したエンジンで、CO2排出量削減の効果を最大化することを目指しています。

その「特徴」は以下のようになります。

  1. 予混合圧縮着火技術(HCCI)採用
  2. HVを必要とせず低燃費のガソリンモデル
  3. 燃費20~30%向上・トルク10~30%向上
  4. 「よりクリーンな排気ガス」を排出する仕組み
  5. マイルドハイブリッド(モーター)と組み合わせる
  6. WLTCモード燃費表示(市街地/郊外/高速道路)
  7. 燃費・平均値にバラつきのない環境性能を発揮
  8. 予想燃費:28キロ(2.0Lエンジン)

予混合圧縮着火技術(HCCI)には「制御」技術も組み合わされ、より燃焼効率を高める仕様になっています。

マツダ燃焼方式・SPCCI(火花点火制御圧縮着火)技術採用

ガソリンエンジンの「圧縮着火」を制御する技術です。シャープなレスポンス、トルクフルで爽快な加速感を低燃費・環境性能と両立。「速くてパワフルなのに燃費がいい」を実感させます。

この技術をSKYACTIV-Xと組み合わせることで、新型アクセラ(Mazda3)のオーナーが「運転を一層楽しめる」性能を実現します。

そして、ついにマツダがハイブリッド技術を採用します。

マイルドハイブリッドM Hybrid採用

SKYACTIV-Xエンジンにモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを新型Mazda3に初搭載。

現行アクセラには「i-ELOOP」という減速エネルギー回生システムが採用されています。「同じじゃないか?」と思いますよね。しかし、i-ELOOPはクルマの電装品用途程度で使用します。

一方、マイルドハイブリッドはi-ELOOP強化版。モーターで低速時や加速時のエンジン補助を行う仕組みです。減速エネルギー回生システムとフルハイブリッドの間の性能、というニュアンスです。

SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE採用

車を降りたときと同じような、自然な状態でいられる居住性を目指して開発されています。

  1. SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS
  2. G-ベクタリング コントロール プラス
  3. i-ACTIV AWD設定

Mazda3の先進安全技術i-ACTIVSENSE全車標準搭載

実用的になる車両のレベルアップに合わせて、新型Mazda3の先進安全技術も進化させます。

  1. i-ACTIVSENSE標準装備
  2. アイサイトに迫る性能に進化
  3. 自動運転に近い安全運転支援機能

Mazda3 Labo

魂動デザイン採用|マツダ 魁 CONCEPT

エクステリアには、次世代コンパクトハッチバックを象徴する「マツダ 魁 CONCEPT」のデザインをほぼそのまま採用します。

アクセラ新型Mazda3は、日本の美意識をアーティスティックな表現で次世代コンパクトカーに凝縮し、マツダの理想的なハッチバックを造り上げます。

Return Top