Read Article

北米Mazda新型CX-X|高級ブランド戦略クロスオーバーSUV|2021年発売予定

マツダは、新型マツダ「CX-X」と呼ばれるクロスオーバーSUVを
北米市場に新たに導入すると予想されています。

CX-5とCX-9の間に位置するクロスオーバーSUVで「3列シート7人乗り」モデルとなります。

現在マツダは、レクサスのような高級路線を構築中で、
CX‐5やアテンザに大排気量エンジン(6気筒/3.0L)を搭載して発売する計画もあります。

北米やその他海外でビジネスの成功を収めるため、このCX-Xも高級モデルの一端を担うことになります。

 

スポンサードリンク

 

新型マツダ「CX-X」って何者?

マツダは新型CX-Xを皮切りに、トヨタと共同建設したアメリカの工場を2021年に稼働します。
そのアメリカンファクトリーの年間生産能力を15万台にする計画です。

設備投資先の生産ラインの「象徴」となるのが「CX-X」で、コンセプトのような存在なのでしょう。

 

新型マツダCX-Xは、既存クロスオーバーのモデルチェンジではなく
日本専売モデルのCX-8や中国専売モデルのCX-4と同じように
北米専売モデルとして開発されていることです。

 

現在、マツダの北米向けラインナップの約半分は、人気あるクロスオーバーSUVで構成されており、
売上高の57%を占めています。

アメリカ人の趣向に合わせた北米専売モデルのクロスオーバーSUVを投入することで、
売上高を60%まで伸ばそうと模索しているのです。

 

 

【参照】トヨタ・マツダ業務提携

2017年8月4日、トヨタとマツダは協業強化を図るため、業務資本提携に合意。
この資本提携では

  • 米国での完成車の生産合弁会社設立
  • 電気自動車の共同技術開発
  • コネクティッド技術の共同開発
  • 先進安全分野における技術連携
  • 商品補完の拡充

を推進する目的で合意されました。

 

 

CX-Xはマツダ「高級部門」の第一弾に?

マツダの経営陣からは明示的ではありませんが、
マツダ車のベンチマークとして何度か「BMW」という名前が出てきています。

これは北米市場においてマツダのブランド価値を上げために、
レクサスやアキュラ(Honda)・インフィニティ(Nissan)のような
高級自動車部門をマツダも立ち上げて、CX-Xをラインナップの第一弾にするという話があります。

 

更に2021年には、CX-5やアテンザに
「3000ccのV6エンジンを搭載させた高級仕様モデル」を高級部門に登場させるなど、
本格的に高級部門立ち上げのプロジェクトが進められているという情報があります。

 

しかし、実際には北米市場に高級部門を立ち上げることは並大抵のことではなく、
マツダの企業規模では「2つの部門を維持する」ことは難しいとされているので、
高級部門が立ち上げられるかは不透明となっています。

 

 

新型CX-Xは「CX-5とCX-9の間」をとる3列シートモデル

▽CX-5CX-5

▽CX-9CX-9

数字が大きくなるほどボディサイズが大きくなる現在の名称基準では、
CX-Xの正式な名称は「CX-10」ではなく、

かつて販売されていたCX-7が復活する可能性が高いでしょう。

▽CX-7CX-7

CX-7|スペック

全長:4695mm
全幅:1870mm
全高:1645mm
ホイールベース:2750mm
車両重量:1640~1740kg
ボディ:5ドア クロスオーバーSUV
乗車定員:5人
エンジン:L3-VDT型 2.3L 直4 DOHC ターボ
駆動:FF/4WD
最高出力:175kW(238PS)/5000rpm
最大トルク:350N·m(35.7kgf·m)/2500rpm
トランスミッション:6速AT/6速MT
サスペンション前後:ストラット/マルチリンク

CX-7とは?

CX-7は、2006年~2016年まで北米・中国専売車として販売されたモデルです。
2011年まで日本向けに生産されていた実績もあります。

この事実を加味すれば、2019年に日本で発売となりそうな「CX-4」のように
CX-Xも日本向けに生産される可能性もありますね。

 

 

新型マツダCX-X|エクステリアデザイン

新型マツダCX-Xのエクステリアデザインに関しては、これまでのCXシリーズと同様に

「CX-5」から始まったマツダ共通デザインテーマである「魂動」を採用しつつも
最新のトレンドを取り込んだデザインとなることが確実です。

また、ボディサイズに関しては、全幅と全長がCX-9より一回り小さくなって、
日本専売モデルであるCX-8に近いサイズになることが考えられます。

 

 

新型マツダCX-Xに搭載されるエンジン

新型マツダCX-Xに搭載されるエンジンに関しては、
マツダが開発を進めている次世代エンジン「SKYACTIV-X」が採用される可能性が高まっています。

SKYACTIV-X

「SKYACTIV-X」は、燃焼方式に世界初の「火花点火制御・圧縮着火」を採用します。

火花点火制御・圧縮着火

ガソリンエンジンの伸びの良さと、
ディーゼルエンジンのトルクや燃費、レスポンスの良さを融合させたエンジンとなります。

 

 

CX-X|予想価格

CX-Xの詳細な情報が公開されていないので価格がどうなるかは、まだ分かりません。

しかし、CX-XがCX-5とCX-9の中間モデルとなる場合、
価格は「24000ドルから32000ドルの間」で設定されることが考えられます。

また、高級部門で登場する場合には「40000ドル以上」の価格となることも考えられます。

 

 

追伸情報

関連記事

「SUV」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://fr.motor1.com/

Return Top