Read Article

トヨタ新型アルファード ヴェルファイア モデルチェンジ情報|2020年1月新型エンジン搭載|2017年12月Toyota Safty Sense P搭載

トヨタは新型アルファード&ヴェルファイアのフルモデルチェンジを2020年1月に実施する予定。また、その前準備となる2017年12月25日にはマイナーチェンジを実施します。

2020年のフルモデルチェンジでは、新型2.5L直噴Dynamic Forceエンジンを搭載し、ガソリン/ハイブリッド共にパワートレーンを一新して動力性能を向上。

2017年のマイナーチェンジでは、Toyota Safty Sense Pを初搭載し、多人数乗車のミニバンには欠かせない先進安全性能を向上させます。

 

スポンサードリンク

 

【2020年1月フルモデルチェンジ】新型パワートレーン採用

DSC00566引用元:ベストカー

エクステリアデザインはキープコンセプトを貫き、前後バンパーなど細かなパーツのデザイン変更を実施します。

次期型は、ミニバンのアルファード&ヴェルファイアにもTNGA(Toyota New Global Architecture)新開発プラットフォームを採用し低重心・低床化を図ります。

エンジンには、新型カムリに搭載された最大熱効率40%以上を実現する直列4気筒 2.5L直噴Dynamic Forceエンジンを搭載予定。

新型アルファード ヴェルファイア フルモデルチェンジ概要

  • エクステリア:よりシャープなフロントマスクへ
  • ガソリンエンジン:2.5L直噴Dynamic Forceエンジン
  • ハイブリッドエンジン:2.5L直噴Dynamic Forceエンジン+高性能マルチステージTHSⅡ採用
  • 電動系:高効率小型リチウムイオンバッテリー搭載
  • 燃費(ハイブリッド):約25%以上向上/動力性能(ハイブリッド):約15%以上向上
  • 駆動系:2WD新採用

アルファードHVの予想スペック
全長:4920mm
全幅:1870mm
全高:1880mm
エンジン:2.5Lハイブリッド
最高出力:180ps
最大トルク:25.0kgm
価格:420万円~600万円

新型アルファード ヴェルファイアに新型エンジン・システム・トランスミッション搭載

プリウスやカムリハイブリッドに搭載された直列4気筒2.5L直噴Dynamic Force Engineを採用します。また、ハイブリッドには2.5Lエンジン用ハイブリッドシステムを一新し、高性能マルチステージTHSⅡを新開発して搭載し燃費向上を実現。JC08モード燃費18.4〜19.4km/Lへとステージアップします。

組み合わされるトランスミッションは、6速ATに代わり、8速AT/10速AT (Direct Shift 8AT/10AT)を採用する予定です。

新型ガソリンエンジンのスペック
直列4気筒 2.5L直噴エンジン(D-4S)
最高出力:205ps/6600rpm
最大トルク:250Nm/4800rpm
新型ハイブリッドエンジンのスペック
直列4気筒 2.5L直噴エンジン(D-4S)
最高出力:176ps/5700rpm
最大トルク:220Nm/3600-5200rpm
モーター最高出力:143ps
モーター最大トルク:27.5kgm
システム最大出力:211ps
直列4気筒2.5L直噴Dynamic Force Engine搭載

高速燃焼技術、可変制御システムの採用を果たし、世界トップレベルの最大熱効率:40%(HV専用で41%)を実現する、直列4気筒2.5L直噴エンジン「Dynamic Force Engine」を搭載します。

  • 緻密な制御による高レスポンス化
  • 全速度域での高トルク化

など多くの新技術採用により、全面的に見直しを実施して大幅に性能を進化させています。

2.5Lエンジン用トヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)

現行プリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術を継承。2.5Lエンジン用となるハイブリッドシステムをブラッシュアップすると同時に「高性能マルチステージTHSⅡ」を新開発。

2.5L THSⅡは、小型・軽量・低損失化技術と、TNGAによる高い燃焼効率・高出力との相乗効果により、優れた動力性能・低燃費を高次元で両立しています。

高性能マルチステージTHSⅡは、ハイブリッド車の「一瞬モタつきがちな走行」のイメージを変え、高い発進加速性能とダイレクト感溢れる走りを実現します。

また、高速走行時のシステム効率の向上に加え、高速域でもエンジン間欠運転(稼働&停止の繰り返し運転)を可能にすることで高速燃費を向上している。

トランスミッション:8速AT/10速AT (Direct Shift 8AT/10AT)採用
  • ギヤ:噛み合う時のエネルギー伝達ロスを削減
  • クラッチ:機構内の摩擦材形状を最適化

また、回転時のクラッチの損失トルクを約50%低減(従来型6速AT比)するなど、世界トップレベルの伝達効率を達成。さらに「小型軽量化」により車両燃費を向上させ、低重心化により、直進およびコーナリングの走行安定性を向上させています。

ギヤをワイド化するとともに、高性能・小型トルクコンバーターを新開発し、ロックアップ(駆動ロスが少ない状態)領域を拡大しています。これにより、アクセル操作に素早く、滑らかに反応することで、ドライバーの思いどおりに反応するダイレクト感あふれる走りを追求

Direct Shift-10AT
8速から10速に段数アップして、トータルのギヤ数を増やしながら低中速域を中心に、各段の使用領域(段数)を最適化するクロスギヤを採用。
FF用8速AT・FR用10速AT開発
2021年までに、エンジン9機種・17バリエーションを、トランスミッションは多段化AT、新機構の無段変速機(CVT)など4機種・10バリエーション、ハイブリッドシステムは6機種・10バリエーション投入予定。

 

スポンサードリンク

 

【2018年1月8日発売】マイナーチェンジ|Toyota Safty Sense P搭載

最上級ミニバン・3代目アルファード&ヴェルファイアは、2017年12月25日発表、2018年1月8日マイナーチェンジ実施。昨年7月に行われた一部改良ではToyota Safty Sense Pを不採用。今回、その安全性能向上が実施されます。

価格|ガソリン
335万4480円~737万7480円
価格|ハイブリッド
436万3200円~750万8160円

また、アルファードはフロントデザインを大幅改良し、2種類のフロントマスクを採用します。主な変更点は、フロントグリル・フロント/リアバンパーです。

トヨタ 新型アルファード

アルファード引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/866739/blog/

アルファード1アルファード引用元:ベストカー

アルファード&ヴェルファイアのマイナーチェンジ情報

  • 内外装デザインを大幅変更し2020年のモデルチェンジへつなげる改良実施
  • インテリアの質感や使い勝手を、さらに向上
  • トヨタセーフティセンスP(同一車線運転支援システム搭載)を全車標準装備
  • 価格:Z Gエディション 436万2120円
  • 価格:Z Aエディション 390万5280円
  • 価格:Z 373万5720円
  • オプション価格:3眼シーケンシャル 11万5560円
  • オプション価格:2眼シーケンシャル 7万?円
  • ※どちらもZ・ZAには取付不可

アルファード&ヴェルファイアの内外装デザイン変更

ヴェルファイア外装デザイン1e689b2b-s3a5e4d85-s19ba1d8d-s30985810-s de44b1db-s 8e258a65-s72e5dfe8-s引用元:価格.com kakki178さん あば~さん ぴ た っ ちさん

エクステリアに高級感と迫力を追加
  • バンバー/グリル形状変更
  • リヤガーニッシュ&リヤコンビネーションランプ形状変更
  • 17インチアルミホイールに新意匠採用
  • シーケンシャルターンランプ採用(メーカーオプション)

シーエンシャルターンランプとは

C-HR採用の「流れるウィンカー

C HR 流れるウインカー

この機能をアルファード・ヴェルファイアのヘッドライトに採用します。

トヨタ・アルファードヴェルファイア

点滅ウィンカーよりも視認性は良くなりオシャレです。ビッグサイズのミニバンに流れるウィンカーが採用されると色気が出ますね。新型に移行して3年経過の2017年マイナーチェンジでは、現行・2015年モデルの新型移行時期を延長するため、大幅なエクステリア変更を実施します

ちなみに、LEDシーケンシャルターンランプは、2018年シエンタ・プリウスのマイナーチェンジでも採用されると予想されています。

新規ボディカラー3色追加
  • ダークマイカレッドメタリック(エアロ専用)
  • スティールブロンドメタリック
  • グラファイトメタリック
廃止ボディカラー
シルバーメタリック
グレーメタリック
グレイッシュブルーマイカメタリック
インテリアの質感と使い勝手アップ

ed5acec22902306_m引用元:価格.com kakki178さん

  • プレミアムナッパ本革へ変更(エグゼクティブラウンジ専用)
  • ホワイトレザーをメーカーオプション設定(エアロボディ エグゼクティブラウンジ専用)
  • サイド材の合成皮革を全面に採用
  • 現行型のファブリック+合成皮革に採用されているファブリックを使用
  • 本目調パネルのデザインを刷新

エクステリア同様に、モデルチェンジ時期延長のため、質感を上げる変更を加えます。華やかさや豪華さが向上します。

 

アルファード&ヴェルファイアのグレード追加・廃止

アルファード
Executive Loungeにエアロボディを追加
HYBRID グレードにSグレードを追加
ヴェルファイア
Executive Loungeにエアロボディを追加
HYBRID グレードにZグレードを追加
廃止グレード
アルファード特別仕様車 SA“TYPE BLACK”を廃止
ヴェルファイア特別仕様車 ZA“GOLDEN EYES”を廃止
ロイヤルラウンジ(アルファード/ヴェルファイア)追加|1563万5160円

アルファード/ヴェルファイアのコンプリートモデルで、4名乗り(リアVIP2席)、1500万円台の「ロイヤルラウンジ」を発売。

リアキャビン|装備
  • 24インチ液晶ディスプレイ|全車標準装備
  • JBLプレミアムサウンドシステム|全車標準装備
  • フルパーテーション:前席(運転席&助手席)との仕切り|全車標準装備
  • 専用VIPシート:背中から頭部まで包み込むハイバックチェア採用
  • リラクゼーションシステム:エア圧作動式マッサージャー
  • 集中コントロールタッチパネル:シートリクライニングやテレビモニターを操作可能
アルファード&ヴェルファイア「特別仕様車を販売終了」

アルファード特別仕様車 SA“TYPE BLACK”
aru関連記事:アルファード特別仕様車2016「タイプブラック」

ヴェルファイア特別仕様車 ZA“GOLDEN EYES”
veru関連記事:ヴェルファイア特別仕様車2016「ゴールデンアイズ」

マイナーチェンジ後、時期を置いてタイプブラック2/ゴールデンアイズ2発売予想。

 

アルファード&ヴェルファイアにトヨタセーフティセンスP採用

トヨタ プリウス 安全装備 Toyota Safety Sense P引用元:http://toyota.jp

先進安全装備の充実

  • トヨタセーフティセンスPを全車標準装備
  • 同一車線運転支援システム搭載
  • イジテリジェントパーキングアシスト2に機能追加

トヨタセーフティセンスPに同一車線運転支援システムを搭載することで、日産・プロパイロット並みの性能を保有することになります。全車標準装備により、どのグレードを選択しても、長距離クルーズをより安全で、ドライバーの負担軽減する安全性能へ進化します。

運転支援機能をオプション設定
  • 電子インナーミラー
  • ブラインドスポットモニター
  • リヤクロストラフィックアラート
  • ITSコネクト

現行は、プリクラッシュセーフティシステム(対物)搭載。また、オプション設定(エグゼクティブラウンジグレードを除く)のみ搭載です。トヨタセーフティセンスPは、ミリ波レーダー+単眼カメラを採用し、プリクラッシュセーフティシステムに歩行者対応自動ブレーキシステムが採用されます。

トヨタセーフティセンスPの主な機能
レーンディパーチャーアラート
オートマチックハイビーム
歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
レーダークルーズコントロール
Toyota Safety Sense第2世代版を2018年より導入
レーントレーシングアシスト(LTA)
レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。

 

追伸情報

関連記事

Return Top