Read Article

アルファード&ヴェルファイア2018年1月マイナーチェンジ「SaftySenseP搭載」

最上級ミニバン・3代目アルファード&ヴェルファイアが2018年1月マイナーチェンジ実施予定。

昨年7月に行われた一部改良では、トヨタセーフティセンスを不採用。今回のマイナーチェンジで搭載されるとの情報です。

アルヴェルのマイナーチェンジ概要

  • 内外装デザイン変更
  • 質感と使い勝手アップ
  • 安全性能向上

発売日は、2018年1月予定(2017年10月東京モーターショー出展予定)

予想価格は、現行モデルの価格+10万~15万円。

 

スポンサードリンク

 

アルヴェルのマイナーチェンジ内容

内外装デザイン変更

エクステリア

  • 前後バンパー
  • テールランプ
  • グリル
  • アルミホイール

現行2015年モデルの新型移行時期を延長するために、今回のマイナーチェンジで大幅なエクステリア変更を実施との予想。

ちなみに、アルファード&ヴェルファイアのフルモデルチェンジ予定は、2020年。

新規採用が予想されるエクステリア装備

  • シーケンシャルウィンカー
  • ウェルカムランプ

シーエンシャルウィンカーとは、C-HR採用の「流れるウィンカー」。点滅ウィンカーよりも視認性は良くなり、なによりオシャレ。

ウェルカムランプは、鍵を持っているオーナーがクルマに近づくと、足元を簡易ライトで照らしてくれる、これまたオシャレで便利な装備です。

 

インテリアの質感と使い勝手アップ

  • メッキパーツ追加
  • パネル変更

エクステリア同様に、モデルチェンジ時期延長のため、質感を上げる変更を加えます。メッキパーツを採用し、華やかさや豪華さが向上します。

新規採用が予想されるインテリア装備

  • エスティマ最上位モデル・アエラスプレミアムG:3列目の電動格納シート採用
  • 荷室に電動格納スイッチ装備

格納後は、3列目のラゲッジスペースが、ほぼフラットになる仕組み。見た目も積載性も向上します。

 

特別仕様車を販売終了

  • 特別仕様車ZA GOLDEN EYES/Z A EDITION・GOLDEN EYES
  • 特別仕様車SA TYPE BLACK/S Aパッケージ・TYPE BLACK

関連記事:アルファード特別仕様車2016「タイプブラック」発売

関連記事:ヴェルファイア特別仕様車2016「ゴールデンアイズ」発売

マイナーチェンジ後、時期を置いてタイプブラック2/ゴールデンアイズ2発売予想。

 

3.5Lエンジンに置き換え、2.0Lターボモデル設定予想

2.0L直4ターボエンジン
最大出力:231ps
最大トルク:35.7kgm
トランスミッション:6速AT

 

安全性能向上・トヨタセーフティセンスP採用

現行は、プリクラッシュセーフティシステム(対物)採用。また、オプション設定のみ採用(Executive Loungeグレードを除く)

トヨタセーフティセンスPは、ミリ波レーダー+単眼カメラ。この変更で、歩行者対応自動ブレーキシステムが採用されます。

トヨタセーフティセンスPの主な機能

  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
  • レーダークルーズコントロール

 

追伸情報

アルファード・ヴェルファイア(2020年 フルモデルチェンジ)

DSC00566

  • エクステリアは、よりシャープにガンダムフェイスに近づきます
  • ハイブリッドはプリウスや新型カムリに搭載された改良小型THSⅡ採用
  • リチウムイオン新採用
  • 2WD新採用
2.5Lハイブリッドエンジン
高効率小型リチウムイオンバッテリー搭載
燃費:約25%以上向上
動力性能:約15%以上向上
アルファードHVの予想スペック
全長:4920mm
全幅:1870mm
全高:1880mm
エンジン:2.5Lハイブリッド
最高出力:180ps
最大トルク:25.0kgm
価格:420万円~600万円

 

関連記事:トヨタ新車発売情報2018

 

楽天
Return Top