Read Article

マークX GRMN 2代目|2019年3月11日発売で優秀の美を飾る『完売』

スポンサードリンク


マークXが2019年をもって生産終了との噂です。

高級スポーティセダンとして高い人気を誇っていたのですが、
今後はカムリに統合されることになります。

マークXが生産終了と聞いて
残念に思っている方も多いことでしょう。

ただ有終の美を飾るべく、2代目マークX GRMNが
350台限定で販売されることになりました。

2代目マークX GRMNのベースグレードは?

マークX GRMNのベース車両は2016年のマイナーチェンジの際に追加されたスポーツグレードの「350RDS」です。

マークX

スポーツグレード350RDS

最高出力318ps・最大トルク38.7kgf-mを発揮するV型6気筒3500ccDOHCエンジンを搭載し、日常域では持て余すほどのパワーがあります。

トランスミッションは6 Super ECTが採用され、気軽に楽しめるスポーティセダンに仕上げています。

この「350RDS」をベースにして、さらに走りの喜びと感動をプラスしたマークXの最高峰がGRMNです。

 

 

2代目マークX GRMNのエクステリア

マークX GRMN2

マークX GRMNのフロントマスク

マークX GRMNのエクステリアは存在感を際立たせるために、漆黒のラジエターグリルにフロントバンパーモールディング・大型ディフューザー+サイドガーニッシュで前後の引き締め、

ヘッドライトとリアライトもブラックで縁取りし、さらにドアミラーとドアハンドルもブラック塗装されアクセントとしています。

マークX GRMN4

マークX GRMNのリアエンド

 

 

2代目マークX GRMNのインテリア

インテリアもスポーツマインドを刺激する演出が随所に見られます。

専用のスポーツシートは激しいハンドリングを行っても体を安定させる形状となっており、

マークX GRMN6

スポーツシート

手触りの良い小径本革巻き3本スポークステアリングホイールと本革シフトノブやアルミペダルや専用オプティトロンメーターも心を高揚させてくれます。

マークX GRMN5

コクピット

マークX GRMN7

カーボン調素材を使用

また、カーボン調のインストルメントパネルがアクセントとなっています。

 

 

2代目マークX GRMNのエンジンや足回りなどの専用チューニング

FRスポーツの喜びを存分に味わうためにベース車両に対して随所に専用チューニングを施し、パフォーマンスをアップさせています。

まずトランスミッションがベース車両の6 Super ECTから専用6速マニュアルトランスミッションに変更されています。

ハイパワーエンジンを意のままに操るためにはやはりマニュアルミッションが最適です。

 

また、リヤディファレンシャルギヤ比にも手を加え、リズム感のあるスポーツ走行を可能としています。

パワーユニットについてはベース車両のV6 3.5Lエンジンのままですが、マニュアルミッションとの組み合わせにおけるパフォーマンス向上のために最適化が図られています。

 

足回りについては、新開発したショックアブソーバーが採用されており、その上でサスペンションアームの最適化やばね定数の見直しなどによりボディコントロール性能の向上と乗り心地を両立させています。

さらにBBS製鍛造アルミホイール&前後異サイズタイヤ (フロント235/40R19 リヤ255/35R19)を採用し、ハイパワーエンジンをしっかり受け止めます。ブレーキも専用パッドと専用キャリパーが与えられました。

 

この他、ボディにスポット溶接打点を追加(252箇所)することで剛性をアップし、オプションとして軽量化を図ったカーボンルーフを選択することができます。

 

 

2代目マークX GRMNのボディカラー

マークX GRMN

東京オートサロン2019に出展

ボディカラーはメーカーオプションのホワイトパールクリスタルシャイン(37,800円)・プレシャスブラックパール(54,000円)標準色のブラック・シルバーメタリック・ダークレッドマイカメタリックの5色から選ぶことができます。

 

2代目マークX GRMNの価格

マークX GRMNの価格は税込みで5,130,000円です。

ベース車両の350RDSの価格は3,850,200円ですので、1,280,000円高ということになります。

 

 

追伸情報

関連記事


画像引用元:https://toyota.jp
画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top