Read Article

新型スープラGRMN|最上級グレードRZベース800万円台モデル|2021年発売予想

2002年に生産終了し17年後に復活した5代目スープラは、トヨタスポーツモデル専門ブランド「GR」初の専売車種となり、車名もGRを冠した「GRスープラ」となりました。

このGRスープラは発売前にも関わらず、3.0Lターボエンジン搭載の「RZ」の日本国内の2019年モデルが完売してしまうなど高い人気のモデルとなっています。

このGRスープラにサーキット特化モデルのGRスープラGRMNを計画しているとの情報が入って来ました。

今回はGRスープラGRMNの最新情報を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

GRスープラGRMNは『限定』モデルに?

スープラ8

トヨタはリブートしたGRブランドについて新たなヒエラルキーを構築しており、一番下から「GR PARTS」、その上に「GR SPORT」、さらに上に「GR」が存在し、

そして頂点に立つのが「GRMN」となっています。

GRスープラのサーキット特化モデルとなるGRスープラには「GRMN」の名称が与えられることからも、GRスープラGRMNはGRブランドの頂点に立つ車となります。

そのことから86GRMNやヴィッツGRMNのように限定生産の特別モデルとなる可能性が高いです。

GRスープラGRMNのライバルはケイマンGT4か?

ケイマンGT4

GRスープラはポルシェのケイマンをベンチマークに開発されてきたとGR開発統括部チーフエンジニアの多田氏も発言されています。

このケイマンにはサーキット志向のスペシャルモデルである「GT4」という車が存在しており、ケイマンGT4はサーキットでの速さを主眼に置きつつも、

公道走行を前提としたモデルとなっていて、GRスープラGRMNのコンセプトに近いモデルだと言えます。

スープラ1

GRスープラGRMNもケイマンGT4も公道走行可能なサーキットモデルでライバルとなる関係ですが、両車の速さに対するアプローチは大きく異なっています。

ケイマンGT4はエンジンを載せ替えることでエンジンパワーを上げて速さを獲得しているのに対して、

GRスープラGRMNはエンジンには大きな手を加えずに徹底的な軽量化を実施することで速さを獲得すると言われています。

GRスープラGRMNは徹底的な軽量化でポテンシャル向上

GRスープラGRMNは大幅な軽量化を目指して開発が進められていると言われています。

その軽量化へのアプローチにはTRDが製作した86の研究車両86コンプリートカー「グリフォン」が参考になっていると思われます。

グリフォン2

グリフォンはカーボンファイバーによる大幅な軽量化や、ボディのスポット溶接追加による高剛性化、風洞実験を繰り返すことで空力性能の向上などにより、

エンジンパワーを向上させることなく筑波サーキットで1分0秒台を記録するなどサーキットでの速さを手に入れています。

最終的にグリフォンは自然吸気エンジンのまま30馬力のアップがされていますが、

グリフォンの初期モデルはGRスープラGRMNのコンセプトに近いと言えます。

GRスープラGRMNの発売時期

スープラ2

GRスープラGRMNは開発が進められている状況にありますが、サーキットでの速さを求めるGRスープラGRMNのコンセプトからも、

徹底的な走り込みや風洞実験といったテストを繰り返してプッシュアップするので開発がスムーズに進んだとしても2021年になると思われます。

GRスープラGRMNの販売価格

スープラ4

GRスープラGRMNはGRスープラの最上級グレードのRZをベースに、ボディ各所や新規エアロパーツを装備し、

カーボンファイバーといった高価な素材の採用、スポット溶接の追加などのチューニングが行われるため、

700万円を確実に上回り800万円前後になると予想されます。

 

追伸情報

関連記事

「GR」一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com/

スポンサードリンク

Return Top