トヨタ新型ルーミー/タンク2016年11月9日発売「コンパクトトールワゴン」

トヨタ新型ルーミー/タンク2016年11月9日発売「コンパクトトールワゴン」

トヨタから、スズキソリオ対抗モデルの新型ルーミー/タンク誕生。 2016年11月9日発売。 実はコレ、パッソ(ブーン)の派生モデル。 位置的にbB・ラクティス後継モデルです。 開発はダイハツが担当し、トヨタ・スバルにOEM供給。 各ブランドの車名は トヨタ店/カローラ店ルーミー トヨペット店/ネッツ店タンク ダイハツト...

ヴィッツハイブリッド新型2017年1月12日発売「欧州ヤリスデザイン採用」

ヴィッツハイブリッド新型2017年1月12日発売「欧州ヤリスデザイン採用」

トヨタのヴィッツに、いよいよ「ハイブリッドを搭載」します。時期は2017年1月12日のヴィッツマイナーチェンジと同時の予定。 本来2016年度末までの発売が予定されていました。しかし、トヨタはこの時期に新型2BOXトールワゴン・C-HR・プリウスPHVを発売するため、スケジュール過多の状態。 また、新型パッソ・エスティ...

パッソ発売&派生ルーミー「2BOXトール&1.0Lターボ」2016年11月9日発売

パッソ発売&派生ルーミー「2BOXトール&1.0Lターボ」2016年11月9日発売

軽自動車の価格と競える魅力をもつ、人気のトヨタパッソ(ダイハツブーン)。 トヨタ&ダイハツが、新型コンパクトカーを新開発。パッソ(ブーン)は2016年4月12日発売されました。 新型パッソの情報は、大まかに ・パッソ派生新型1.0Lコンパクトトール2BOXの存在(2016年11月9日誕生) ・フルモデルチェンジによる変...

C-HR新型2016年12月14日発売「エクステリア」

C-HR新型2016年12月14日発売「エクステリア」

いよいよトヨタから、TNGA導入第2弾「C-HR」が2016年12月14日発売となります。 11月上旬からWebで先行商談受付を開始。 それに先行して、2016年9月28日に日本仕様の概要公開がありました。 新型プリウスゆずりの4WD性能を搭載。ハイブリッドの燃費は30キロを超えます。 この年末の発売が待ち遠しいC-H...

トヨタ新型C-HRの価格「ターボ&ハイブリッド251~290万円」

トヨタ新型C-HRの価格「ターボ&ハイブリッド251~290万円」

トヨタがプリウス派生SUV・C-HRを2014年10月のパリモーターショーに出展しました。 11月上旬からWebで先行商談受付を開始。 このC-HRは、日産ジュークやホンダヴェゼル、スバルXVのライバルに位置する車種として、2016年12月14日に日本で発売される予定になっています。   スポンサードリンク ...

スープラ新型2018年秋登場予定「BMW Z5シャシー共用」

スープラ新型2018年秋登場予定「BMW Z5シャシー共用」

2002年に生産終了のA80「スープラ」 2016年6月3日に、トヨタは欧州で「スープラ」の名前を「商標登録」したというニュースも出ています。 いよいよ「復活」に現実味をおびてきました。 発売予想では、2018年秋に「新型」となって復活。 次期スープラは、BMW Z4後継であるBMW Z5とプラットフォーム(シャシー)...

C-HRスペック&ボディカラー「1.8Lハイブリッド/1.2Lターボ4WD搭載」

C-HRスペック&ボディカラー「1.8Lハイブリッド/1.2Lターボ4WD搭載」

予定では、2016年12月14日発表・発売。 11月上旬からWebで先行商談受付を開始。本格的な販売開始は2017年に入ってからになります。 C-HR。 1.2Lターボ・ガソリンモデル:ユーザーが購入しやすいグレード 1.8Lハイブリッドモデル:新型プリウスのシステムを搭載 2WD(ハイブリッド)と4WD(ターボ)を設...

S-FR新型トヨタコンパクトFRスポーツ「2020年市販化」

S-FR新型トヨタコンパクトFRスポーツ「2020年市販化」

2015年に東京モーターショーで初披露。 86より安く、運転もしやすいエントリーモデルになると期待されているS-FR。 コンパクトFRとして市販化が注目されています。 エクステリアはロングノーズ・スタイルでヴィッツより少し長い程度。 5ナンバーサイズながら、フェンダーが張ったワイドスタンスで、どっしりとした印象です。 ...

トヨタの「売れてる」コンパクトカー2016

トヨタの「売れてる」コンパクトカー2016

トヨタの広告やサイトをのぞいてみたら、リアルに売れてる「スモールカー人気ランキング」というのをやってました。(出川さん?) で、この発表は、「2015年スモールカー販売台数TOP3」と昨年のリアルな販売台数で順位をつけています。 トヨタのクルマに興味のある人や勘のいい人なら、なんとなく想像がつきそうですね。 それでは第...

パッソ2016「初の所有車に最適なエントリーモデル」発売

パッソ2016「初の所有車に最適なエントリーモデル」発売

パッソ(ブーン)は、ダイハツが企画・開発・生産までを担(にな)った初のモデルです。 ポイント 現行よりも10万円安い価格帯 ダイハツの「軽」技術を搭載 低燃費で維持費に貢献 低価格で購入しやすい といった特徴をもっていて、クルマを初めて購入する人の「エントリーモデル」としても注目です。^^ 関連記事 新型パッソはフィッ...

Return Top