プレマシー廃止2020年までにSUV拡大「CX-4とCX-9を加え4モデル体制か?」

プレマシーは2017年初めにCX-5ベースのミニバンとして後継車登場!?

 

2017年後半、「CX-5ベースのミニバン」としてプレマシーの後継車が開発されるのでは?との情報です。プレマシー・ビアンテは廃止となります。

さて、後退の情報はあれど、進化の情報は一向に入ってこない状況のプレマシー。今後の展開はどうなるのでしょうか。

情報によると、2020年までに「SUVを拡大」していきます。

今後はSUVのラインナップをCX-3・CX-5の2モデル体制から、CX-4とCX-9を加え4モデルに拡大するとの予想。

CX-9は、北米サイズだと日本モデルとしては大きいので、CX-6・CX-7などと名称を変えボディサイズなども変更して、現在マツダSUVのラインナップにない役割を担うモデル投入をするとの予想です。

 

2016年2月29日 Yahoo!ニュースでも報じられた通り、マツダは2017年にも「ミニバン」事業から撤退し、

SUV生産に注力することが発表されました。


スポンサードリンク

 

 

次期プレマシーの可能性があったSUV

まず現在、日本モデルではありませんが、以下のモデルが存在します。

・CX-9(MPV統合SUV)⇒北米専売
・CX-4(アテンザベースSUV)⇒中国生産

CX-9は、広島で生産されているものの、日本での発売はないと、2016年10月現在まで言われていました。

しかし、2016年11月の情報によるとCX-9は新型で2017年春「日本発売?」ミニバンMPV&スライドドア廃止とも言われ始めています。^^

 

そして、CX-4このモデルが「プレマシー後継か?」と言われていました。

CX-4は中国生産で、日本への投入は期待程度。しかし、2016年末も近づく内に、発売の可能性も出てきたようで、2017年3月日本発売との予想。

中国専売モデル
mazda-cx-4-2
引用元:http://www.faw-mazda.com/market/cx4yure/index.html

発売されないであろう理由は、上記2モデルは、日本や中国のマツダ工場稼働率では追いつけないとのこと。

しかし、ということは、めどが立てば発売もありうる?という見方が強まりますね。^^

 

【もう一つの可能性があった】2017年プレマシー後継「次世代SKYACTIV-SUVミニバン」

一方で、2017年後半に実質プレマシー後継車が「新型」として発売されるのではないか?と言われていました。(ずいぶん古い情報です)

情報によると、「CX-5をベースとしたミニバン」

現在、スカイアクティブは次世代へ移行が進んでおり、この第2世代スカイアクティブを現行モデルにマイナーチェンジで搭載しました(アクセラ)

プレマシー後継(マツダの全ミニバン)にも、何らかの動きが出てきて情報が入ってくるでしょう。

 

この動きの一環として、2016年の正月に、マツダは早々に次世代構想を発表。

それが「RX-VISION」。ロータリーエンジンの復活を示唆するもの。

2015年は、現行モデルのラインナップを完成させた年だったので、いよいよ次にとりかかる時期に入ります。

その構想で必要となるミニバンの存在があるはずです。

しかし、世界的な流れは「SUV」に傾いています。これは日本だけみても、ミニバンからSUVに需要が流れているように感じます。

そこで簡単に、ミニバン+SUVとしてしまうのは安易すぎです。ミニバンは日本独特の人気ですからね。

ミニバンだけ作っても、日本より需要のある世界で売れなければ、企業として成り立ちません。

マツダは、今現在、世界で必要とされるモデルと、日本のユーザーに受け入れられるモデルは何なのか?を同時に考えながら、新開発を行っている最中だと思います。

企業エンブレムのデザインを変えた意味も、それと関係してくるでしょう。^^

 

編集後記

「プレマシーが発売されない」情報を見たとき「え?なんで?」と思いましたが、売れてなかったんですね。^^;

必要とする人やファンはいると思いますが、100台をきるような売れ行きで生産を継続するのは厳しいです。

MPVしかり、マツダは次世代スカイアクティブを開発し、未来の魅力をそなえた新型を登場させるでしょう。^^

スポンサードリンク