新車発売情報Labo

Read Article

ホンダフィットTYPE R次世代モデル情報2021年以降?|予想価格ベースモデル+70万円

ホンダはフィットを開発段階からタイプRを想定して設計しています。しかし、フィットタイプR次世代型は2021年東京モーターショー、欧州で出展がなければ登場の可能性は低くなるでしょう。

過去の経緯からタイプRはほぼ開発中にリーク映像やスパイショットが発見されています。しかし、フィットにはタイプRを思わせる映像・コンセプトカーともに出ていません。

これから出る可能性はあるものの、現状大きくなる期待は下げたほうが賢明でしょう。

スポイラー装着のモデルが見かけられないため、2021年まではタイプR登場の可能性は低いと言えるでしょう。
一方で、S660にもタイプR設定情報が出ています。



ホンダフィットTYPE R次世代モデル情報2021

フィットTYPE R次世代型のエクステリア

  1. 前後スポイラー装備
  2. 全幅を広げるオーバーフェンダー装着
  3. 扁平タイヤの装着
  4. ヴォルテックスジェネレータ装着

上記のような空力性能向上を目指すエクステリアの変更が行われるでしょう。
また、ターボ吸入口がボンネットに設けられることが考えられます。

ヘッドライトや窓配置などは同時期のこれら車種とは変わりません。
基本的にはシビックハッチバックとシビックタイプRの関係性からイメージすると良いでしょう。

フィットTYPE R次世代型のボディカラー

タイプRは基本的にボディカラーが少なめになる傾向があります。

  1. チャンピオンシップホワイト
  2. レッド
  3. ブルー
  4. ブラック

上記ボデッィカラー採用の可能性が高いです。ついで、シルバー・イエローが用意される可能性もあります。
一方で、グリーン・パープル系は非常に可能性が低いと言えます。

フィットTYPE R次世代型の内装

フィットTYPE Rは当然、フロントシートのスポーツシート化を実施します。リアシートは2人掛けの変化が実施されるでしょう。
そのため、シートアレンジ/格納機能はやや簡略化されるかもしれません。

フィットTYPE R次世代型のパワートレイン候補

フィットTYPE R搭載のエンジン候補には1.0Lターボと1.5Lターボが挙げられます。

1.0Lターボハイチューニング仕様

欧州シビック向けエンジンの搭載です。

エンジン①
  • 最高出力
  • 最大トルク
1.0Lターボ
  • 150ps
  • 20kgm

1.5Lターボハイチューニング仕様

エンジン②
  • 最高出力
  • 最大トルク
1.5Lターボ
  • 220ps
  • 25kgm

フィットTYPE R次世代型の予想価格

フィットTYPE Rはエンジン出力により変動はあるものの、ベースグレード+70万円の価格上昇が考えられます。

ホンダタイプR/Modulo X情報Labo


画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top