Read Article

日産キューブ後継/新型プチバン2018年7月発売予想「e-POWER搭載」

キューブは実質後継モデルへ移行し、シエンタ・フリード対抗プチバンとして誕生予定。

2018年7月発売予想です。^^(2017年3月現在)

現行キューブへフルモデルチェンジしたのは2008年末。

 

キューブは2018年で発売から「10年」の節目

現行キューブは、同クラスのフリード・シエンタと少しコンセプトが異なります。

なので新型プチバンは、このライバルの対抗・新規モデルとして登場します。

期待されるe-POWERを搭載し、ハイブリッドを凌駕する性能を発揮。

ノートで、すでにe-POWERの技術・機能・操作性は好評です。

 

キューブの後継を担う、新型モデルとして

  • 3列シート
  • 居住空間
  • 使い勝手

など、格段に進化します。

ライバルより後発の新型プチバンだからこそ、ライバル以上の実用性を採用するでしょう。

日産だから、必ずユーザーを驚かせるモデルを登場させます。

現行はいまだ好調のキューブ。後継モデルの進化に期待が高まります。

関連記事

 

スポンサードリンク

 

キューブ後継/新型プチバンのデザイン・機能・システム

DSC00478

キューブ後継/新型プチバンのデザイン予想

予想画像は上記の通りで、2014年~2016年の情報では

  • ノートベースのデザイン
  • フリード・シエンタ対抗デザイン
  • 親しみやすいエクステリア
  • ボディは四角から流線形に変更
  • フロント周りはノートルック
  • グリルに大型Vモーショングリル採用
  • 低床化して広い室内空間

といった特徴で、新型プチバンとして発売されると予想されています。

ライバルのコンパクトミニバン(フリード・シエンタ)に似ることは必至です。

※必至:必ずそうなること。そうなることが避けられないこと

 

キューブ後継/新型プチバンの機能

フリード・シエンタは

  • 3列シートで使い勝手がよく
  • ハイブリッドグレード設定

まだ新規モデルということもあり、目新しくて魅力的です。

当然、新型プチバンも、3列シートを備えて登場するでしょう。

ハイブリッドに対抗するため、e-POWERでライバルの上を行きます。

 

余談:
日産がノートe-POWERで証明したのは「技術」。ノートは、マイナーチェンジを機にe-POWERを搭載したので、エクステリアは変わりませんでした。しかし、新型プチバンは、e-POWER搭載新規モデルとして登場。e-POWERモデル初のカタチが表されます。キューブ後継に相応(ふさわ)しく、初代キューブが発売時の「かつてないデザイン」として登場です。

 

キューブ後継/新型プチバンの搭載システム

  • e-POWER
  • 1.5Lガソリン

エンジンは、ノートに初採用された発電専用エンジンを搭載するe-POWERシステムを採用します。

ノートで好評の

  • アクセルワークで速度を調整できる操作性
  • リニアな走行感覚を味わえる走行性能

を手にします。リニアとは「滑らかな」という意味。

また、現行キューブ搭載1.5Lエンジンを改良進化させます。

新型プチバンでも採用し、e-POWERと共にガソリングレードを設定。

 

日産は、ノートe-POWERを皮切りに、全ラインナップの50%にe-POWER・ハイブリッドを搭載していく意向を表明しています。

 

キューブ後継/新型プチバンのスペック

全長:4255mm
全幅:1695mm
全高:1685mm
ホイールベース:2750mm
重量:1750キロ
エンジン:e-POWER
発電用エンジン最高出力:79ps/5400rpm
発電用エンジン最大トルク:10.5kgm/3600-5200rpm
モーター出力:80kW(109PS)/3008-10000rpm
モータートルク:254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpm
動力電池種類:リチウムイオン
燃費:35km/L
価格:240万円

※出力/トルク数値はノートe-POWERを参照(新型プチバンの数値ではありません)

 

新型プチバン発売で日産が目指すもの

「アジアを視野にグローバル戦略を図る」こと。

中国やアジア諸国は現在、社会のモータリゼーション(自動車化)の進展中。

自家用車の需要が急激に増加している最中です。

日産は、新興国を開拓するのが狙い。

新興国はクルマへの希望が日本と違います。

  • 大家族が共に生活を送るための
  • 大勢が快適に乗れるコンパクトミニバンの需要

が見込まれています。

このような事情があるため、キューブ後継モデルは新興国開拓をターゲットに開発。

  • 大型化(3列シート化)
  • 燃費向上(e-POWER搭載)

が期待できます。

 

日本でもキューブは、量産モデルの役割を果たしています。

新興国が望むクルマの形は

  • ハイルーフ系が人気の日本でも需要が見込める

ため、予想通りの進化を遂げれば、再び大人気モデルとなります。

日産が現行キューブの人気にどう味付けをして、新型プチバンを登場させるのか楽しみです。^^

 

編集後記

数年前、日産に現行キューブの試乗に行ったとき

  • やわらかいシートの座り心地
  • 360°見渡せる室内空間

をとても気に入りました。^^

「お!」っと思わせるほど、居住性の良さにあふれた空間です。

今でも魅力あるモデルなのに、新型となればシエンタやフリードのような

  • 3列シート
  • 実用性の高さ
  • e-POWER

という魅力が加わります。

新型プチバンが売れ筋モデルになるのは、約束されたようなものですね。

 

関連記事

Return Top