Read Article

ホンダアーバンEVコンセプト|都会向け新型EVシビック?|2019年~2020年市販予定

フランクフルトモーターショー2017で初公開した「アーバンEVコンセプト」。東京モータショー2017でも、ホンダスポーツEVコンセプトと一緒に再度展示されました。

今で言えばN-ONEを思わせる、一目で心に残る親しみやすいキャラクターを採用。また、デザインや大きさは、初代シビックを思わせ、所有する喜びや愛着が感じられる次世代アーバンカーの雰囲気を持っています。

ホンダアーバンEVコンセプト概要

  • 初代シビックをモチーフにデザイン
  • フィットより100mm小さいボディサイズ
  • ワイドフロントガラス&ワイド画面採用
  • ホンダスポーツEVコンセプト(次期CR-X EV?)と兄弟モデル

 

スポンサードリンク

 

アーバンEVコンセプトとは?

2019~2020年に市販予定

アーバンEVコンセプトは、2019~2020年に市販予定であるホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカー。初代シビック似のフォルムをしており、都市内の移動に適したコンパクトモデル。初代「シビック」をモチーフに親しみやすい内外装デザイン

415-1引用元:http://jp.autoblog.com/2017/09/12/2017-ev-urban-ev-concept-honda/

Harmonic White Mistと名付けられた「未来をイメージ」したホンダが好むマットホワイトをボディカラーに採用。次期シビックEVや次期フィットEVとして、EVモデルの最先端を行く存在になりそうな予感です。

新開発プラットフォーム採用

新開発のEV専用プラットフォームをベースに、「将来のホンダ市販EVの技術と設計」をフル搭載しています。

ホンダは2025年をめどに、欧州四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2をEVモデルにする目標を掲げています。その達成に向けて電動化を推進しており、今回、東京モーターショー2017でも公開されたアーバンEVコンセプトは、将来の量産EVモデルの方向性を示すもの

 

アーバンEVコンセプトのスペック

全長はフィットより100mm小さい。フィットのボディサイズは全長3955mm/全幅1695mm/全高1525mmなので、アーバンEVコンセプトは全長3855mm程度となります。

002s 007s引用元:http://jp.autoblog.com/2017/09/12/2017-ev-urban-ev-concept-honda/

車のフロントには、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示することも可能な先進機能を搭載。未来=EV社会への突入を感じさせる機能性の高さです。

 

アーバンEVコンセプトのインテリア

001sHonda Urban EV Concept unveiled at the Frankfurt Motor Show010s引用元:http://jp.autoblog.com/2017/09/12/2017-ev-urban-ev-concept-honda/

インテリアは、おそらく強化樹脂素材を使用するであろう細いAピラーと、フロント全体を覆うワイドなフロントガラスが特徴。後部側が起点となるヒンジ式ドアから乗降するところが、懐かしいモダンな香りのしてくるところです。

室内には、異なる素材で仕上げられたベンチシートが2脚配置され、乗車定員は4名。ダッシュボードの今にしては超大型メイン画面は、バッテリーの残量表示を始め、さまざまな車両情報が表示されます。

 

スポーツEVコンセプトとの関係

第45回東京モーターショーで世界初公開された【スポーツEVコンセプト】

img_ef6dfde2904f7562244e1821f5cfa21676462

アーバンEVコンセプトと共通のEV専用プラットフォームを採用したのが、世界初公開となるスポーツEVコンセプト。「電動化されても決して失われることのない、ホンダのDNAである操る喜びを実現した」とうたったEVモデルです。

より低重心化したワイド&ローのボディは、ロングノーズにコーダトロンカのテール(直角に落ちるリア後端)など、CR-Xを彷彿とさせるクラシックな印象のデザインを採用しています。

アーバンEVコンセプトを初代シビックとすれば、スポーツEVコンセプトはCR-Xに相当する兄弟車的な存在となります。

スポンサードリンク
Return Top