Read Article

Honda e ホンダ新型EV量産市販型|電子サイドミラー採用|2020年春発売予定

Honda eはアーバンEVコンセプトをベースとした「シビックのEV」とも呼ばれ、ファン層からは

  • 「シティの復活」
  • 「街乗りに1台欲しい」
  • 「これでFR(後輪駆動)だから次世代ドリフトカーやね」

などの喜びの声が挙がっています。

ホンダEV計画の基礎となるモデルで、海外では2019年後半に登場予定です。

アーバンEVコンセプトは、フランクフルトモーターショー2017で初公開され、ジュネーブモーターショー2018で再出展しました。ホンダのEVに対する情熱を感じますね。

エクステリアに「N-ONE」を思わせる、一目で心に残る親しいキャラクター性を採用しています。

アーバンEVコンセプト

また、ボディサイズは「初代シビック」をほうふつとさせ、所有する喜びや愛着が感じられる次世代都市型電気自動車の雰囲気をみごとに表現しています。

スポンサードリンク

Honda e ホンダ新型EV|モデル概要

  1. 初代シビック・モチーフデザイン
  2. フィットより100mm小さいボディサイズ
  3. ワイドフロントガラス&ワイド画面採用
  4. 電子サイドミラー採用
  5. ホンダスポーツEVコンセプト(次期CR-X EV?)と兄弟モデル

◎Honda e ホンダ新型EVのエクステリアデザイン

Honda e (5) Honda e (7) Honda e (3)Honda e (1)

Honda e ホンダ新型EVのプロトタイプ

ホンダe1 ホンダe2

Honda e ホンダ新型EVのテストモデル

Honda e ホンダ新型EVの内外装デザインには、親しみやすいデザインを採用しています。

以下の画像を見ると分かる通り、ミラーレスとなっており、レクサス新型ESで国内初採用された「電子サイドミラー」が装備されます。

アーバンEVコンセプト1 アーバンEVコンセプト2 アーバンEVコンセプト3アーバンEVコンセプト4 アーバンEVコンセプト5 アーバンEVコンセプト6

参考にESの電子サイドミラー情報となります。

「サイドカメラミラーシステム」のメリット

デジタルアウターミラー03

また、予防安全の一環でもある新採用のデジタルアウターミラーのメリットは

  • ドアミラーがコンパクトなカメラになるので「風切り音」抑制
  • 高速走行時の「静粛性」を生み出す
  • 運転席から見えない範囲が減少

以上のようなメリットと安全性を高める効果があります。

デジタルアウターミラー2

また、特徴としては

雨滴防止カメラハウジング形状採用

デジタルアウターミラー06

雨滴によりドアウィンドウが濡れ、見えにくい状況でも室内のディスプレイで左右後方を確認しやすくなります。

シフト&ウィンカー連動|表示エリア切り換え機能採用

デジタルアウターミラー5

ウインカー操作・シフト操作(バック)にともなって表示内容を変更します。左右後方を確認しやすいように「表示エリア」を拡大する機能も搭載しています。

デジタルアウターミラー10デジタルアウターミラー09

【動画】デジタルアウターミラー|稼働イメージ

Honda e ホンダ新型EVのインテリア

ホンダe3

両サイドに見えるのは「デジタルアウターミラー」のモニターになります。

ホンダe0 ホンダe4

過去モデルのような「良さ」がふんだんに盛り込まれていますね。

Honda e ホンダ新型EVの予想スペック

  1. モーター後輪駆動
  2. サイドカメラミラーシステム装備
  3. 大型ディスプレイ(コネクテッドサービス)
  4. EV走行距離(WLTPモード):200キロオーバー
  5. 急速充電対応:30分80%充電可能

◎Honda e ホンダ新型EVに”TYPE R”が設定される?

ホンダのブランドとして強力なスポーツイメージリーダーとなっているのがシビックに設定されるタイプRです。ホンダeにタイプRが設定される可能性を指摘する情報がありました。

過去の経緯から明かすと、タイプRはほぼ開発中にリーク映像やスパイショットが発見されています。しかし、ホンダeにはひとつもないため、期待値を下げたほうが良いのではと思わせる要素がかなり高いです。

スポイラーなどを装着したテストカーのスパイショットがないことから、こちらも最低でも2021年程度までは少なくともタイプRの登場の可能性は低いと言えるでしょう。

ホンダe タイプRのエクステリア

前後のスポイラーの装備、全幅を広げるオーバーフェンダーの装着、扁平タイヤの装着、ヴォルテックスジェネレータの装着など空力性能の向上を目指すエクステリアの変更が行われるでしょう。

ヘッドライトや窓配置などは同時期のこれら車種とは変わらず、基本的にはシビックハッチバックとシビックタイプRの関係性からイメージすると良いでしょう。

ホンダe タイプRのボディカラー

タイプRは基本的にボディカラーが少なめになる傾向があり、チャンピオンシップホワイト、レッド系、ブルー系、ブラック系の採用の可能性は高く、ついでシルバー、イエロー系が用意される可能性はありますが、グリーン、パープル系などは非常に可能性が低いと言えます。

ホンダe タイプRのインテリア

eに関してはフロントシートのスポーツシート化、リアシートの2人がけ化などの変化が行われ、フィットはシートアレンジ/格納機能もやや簡略化されるかもしれません。

ホンダe タイプRのメカニズム

eはモーター出力を200馬力程度に向上することが考えられます。ただし、航続距離は短くなる線が濃厚です。どの車種でもサスペンション、ブレーキの大幅な強化も考えられます。

ホンダe タイプRの価格

タイプRが設定された場合、エンジン出力による差異もあるため一概には言い難いですが、最低でも70万円程度の価格上昇が考えられます。

【Honda eのコンセプト】アーバンEVコンセプトの概要

エクステリア

  • 強化樹脂素材を使用する細いAピラー採用
  • フロント全体を覆うワイドなフロントガラス

415-1

アーバンEVコンセプトのボディカラーには、Harmonic White Mistという名で未来をイメージした「ホンダらしいマットホワイト」を採用。かつてシビックで人気を得たボディカラーです。

このアーバンEVコンセプトのデザインや機能は、次期フィットEVなどにも派生させEVモデルの初期型となりそうです。

ボディサイズ

アーバンEVコンセプトの全長は、フィットより100mm小さいサイズです。フィットのボディサイズは

  • 全長3955mm
  • 全幅1695mm
  • 全高1525mm

なので、アーバンEVコンセプトの全長は「3855mm」程度となります。

インテリア

001s

先進的でありながら「シンプルな構成」で形作られています。ドア構造には、「後部起点となるヒンジドア」を採用しており、懐かしさと合わせてモダンな雰囲気を感じさせます。

車内には異なる素材で仕上げられたベンチシート2脚を配置。乗車定員は4名。

アーバンEVコンセプトのダッシュボードには、超大型メイン画面を採用しており、電子サイドミラーの除法やバッテリー残量など、あらゆる車両情報を表示します。

Honda Urban EV Concept unveiled at the Frankfurt Motor Show010s

内外機能

アーバンEVコンセプトには、ユーモア溢れ、EVらしい自由で広がりのある機能も備えられています。

002s

車の前後に他のドライバーへの「あいさつ」や「交通状況アドバイス」、また「クルマ本体の充電状況」などを多言語で「メッセージ表示」することも可能になっています。

007s

アーバンEVコンセプトは、未来=EV社会を予感させるユーモアあるモデルですね。

ホンダeは新開発プラットフォーム採用

アーバンEVコンセプトには新開発プラットフォームが採用されているため、ホンダeはEV専用プラットフォームとなります。

「量販市販型EV」実現に向けた「技術・設計」をフル搭載。ホンダは、2025年に欧州四輪商品ラインアップの販売台数3分の2を「EVモデル」にするのが目標です。

アーバンEVコンセプトとスポーツEVコンセプトの関係

そして、アーバンEVコンセプトには走行性能を分けた姉妹車的存在がいます。アーバンEVコンセプト(シビックEV)が都会型。「スポーツEVコンセプト」は走行性能に特化したEVです。

img_ef6dfde2904f7562244e1821f5cfa21676462

スポーツEVコンセプトは、アーバンEVコンセプトと共通のEV専用プラットフォームを採用しています。中身はコンパクトボディ・EVパワートレーン・人工知能(AI)を組み合わせたモデルです。

上記画像を見てもわかる通り、今すぐサーキット走行しそうなデザインですよね。

「低重心を追究」した「ワイド&ローボディ」採用

ロングノーズにコーダトロンカのテール(直角に落ちるリア後端)など、CR-Z(2017年1月終了モデル)を彷彿とさせ、なおかつクラシックな印象のデザインを採用。

CR Z│Honda

各EVモデルに役割の棲み分けをさせる

共通プラットフォームを採用しながらも両コンセプトは、初めで述べた通り役割分担しています。

  • スポーツEVコンセプト:遠方への移動やスポーツ走行に適したモデル
  • アーバンEVコンセプト(シビックEV):都市部移動に適したモデル

といった役割の棲み分けをしています。今のホンダで言えば、フィットとCR-Zのような関係ですね。

またホンダは、スポーツEVコンセプトを「電動化されても決して失われることのないホンダのDNAである操る喜びを実現」していると紹介しています。

NeuV(ニューヴィー)|自動運転技術+AI技術搭載コンセプト

上記2モデルのほかに「新たなEVコンセプト」も出展しています。

NeuV

モビリティの可能性を追求する新たなEVコンセプト。移動性と走行性が上記2モデルなら、ニューヴィーは「自動運転」+「AI技術」を搭載する「機能に特化した移動体」としての役割になります。

安全運転サポート

ドライバーの「表情」や「声の調子」を検知し、運転状況を把握しながら安全運転のサポートを行える技術を搭載。

コミュニケーション機能

また、ドライバーのライフスタイルや嗜好まで学習し、休日の行き先を提案するなど「コミュニケーション機能」を発達させたモデルです。

3モデルとも、明確に「EVの可能性」を示唆したホンダらしく分かりやすいコンセプトカーですね。

追伸情報

関連記事


画像引用元:https://www.carscoops.com/
画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:http://www.honda.co.jp
画像引用元:https://jp.autoblog.com/

Return Top