新車発売情報Labo

Read Article

Honda CONNECTとは|2020年発売ホンダ新型モデルに搭載されるコネクトシステム

Honda CONNECTとは2020年2月に登場予定の新型フィットで日本初、ついでアコードに採用される”ホンダ車専用車載通信モジュール”の総称となっています。

そのため、”サービスの総称ではない”という点は注意したほうが良いでしょう。

なお、海外向け車種ではインドネシアBR-Vで先駆けて導入されています。

今後搭載モデルの方向性は2020年から登場する新型車・フルモデルチェンジ車への搭載となります。

マイナーチェンジ車への搭載はメーカー次第といったところでしょう。

これに関してはタイミングとして”N-BOX”のマイナーチェンジによる搭載/非搭載に注目するとよいでしょう。



Honda CONNECTとは

新型フィットのHonda CONNECT機能とHonda Total Careプレミアム

2020年2月に発売される新型フィットにはHonda CONNECTが設定されることが確定しています。

しかし、データ送受信に使うものがHonda CONNECTという説明がみられます。

サービス・機能は【Honda Total Careプレミアム】サービスに集約

Apple/Androidのスマートフォンが必要になるという点で、他社メーカーのコネクト機能に近いものとなります。

Honda Total Careプレミアムを使用しないケース

走行時データを集積してビッグデータとして活用され、渋滞予測や新車種開発の参考にも使われる模様です。

車内wifi機能は現時点でアナウンスされていません

しかし、ヨーロッパ仕様においてはBluetooth・wifiの設定機能が用意されています。

車内wifiは今後日本仕様にも用意されるとみていいでしょう。

Honda CONNECTの【車載オーディオ機能】

Honda CONNECTのイギリス仕様ではHonda App Centerという様々なアプリを購入できるシステムの用意があります。

Apple/Androidに対応したインターネット契約型の音楽プレーヤーも設定されています。

また、コネクト機能のナビゲーション使用可能なモデルもあり、こちらも日本仕様に引き継がれるでしょう。

インドネシアのHonda CONNECTスマートフォンアプリ機能

Honda CONNECTはスマートフォンアプリによって機能するシステムです。

インドネシア仕様のアプリはすでに運用されています。

ここから日本仕様の機能がある程度類推できます。

インドネシア仕様のHonda CONNECTスマートフォンアプリには

  1. 燃費計測機能
  2. 最寄りホンダディーラー検索機能
  3. ガソリンスタンド/充電ステーション検索機能
  4. ディーラーサービス予約機能

上記が提供されています。

Honda Total Careプレミアムの【機能】

ユーザーが直接使うことのできるHonda CONNECTの機能はHonda Total Careプレミアムがメインとなるでしょう。

Honda Total Careプレミアムの機能は

  1. 緊急サポートセンター
  2. Hondaリモート操作
  3. Honda ALSOK駆けつけサービス

上記となっています。

【緊急サポートセンター機能】

自動通報機能

状況によっては”近隣の病院との連携もできる”、エアバッグ展開時の自動通報機能です。

緊急通報ボタン

あおり運転被害にあった際など、オペレーターから警察や消防に連絡することができる機能です。

トラブルサポートボタン

まず、故障時/不調時において車のトラブル状況を把握・相談することがでます。

そして、ホンダの販売店やロードサービスに連絡して、スムーズな修理手配や家族への連絡が可能な機能となります。

【ホンダリモート操作】

  1. スマートフォンからの対応車種への遠隔エアコン操作
  2. ドアロックのし忘れを通知する機能
  3. 地図上から車を探すことのできる機能

上記となっています。

こちらはHondaリモート操作アプリのダウンロードが別途必要です。

【Honda ALSOK駆けつけサービス】

駐停車中の車に異変があった際に、スマートフォンに通知をしてくれるサービスです。

状況によってはALSOKの警備員が駆け付けるシステムも用意されています。

Honda CONNECTと【ディスプレイ】

Honda CONNECTは

  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • ナビケーションシステムの大型ディスプレイ

上記どちらかが必須となるシステムです。

ナビゲーションシステムについて

スマートフォンと接続して代替できるシステムもおそらく用意されます。

そのため、ナビゲーションの敷居は低くなると言えます。

また、社外ナビゲーションとの整合性は”やや低くなる”ことは否めないでしょう。

Honda CONNECT【搭載車種】

日本仕様の新型車ではフィット・アコードにHonda CONNECTが採用されます。


しかし、それ以前の2020年1月までに発表されるマイナーチェンジモデル・シビック/S660/NSXには”採用されない”とみていいでしょう。

ただ、イギリス仕様のシビックにはすでにHonda CONNECTを搭載しているため、”搭載自体”は可能です。

2020年内にフルモデルチェンジする車への搭載

ほぼ確実にHonda CONNECTが搭載されます。

しかし、マイナーチェンジ車には販売台数の多いフリードとN-BOXの動向次第といえます。

N-BOXで装備できた場合、N-VANへの搭載もあり得るでしょう。

オデッセイ/ステップワゴンは販売からかなりの期間が経過しています。

現行モデル中にHonda CONNECTが搭載される可能性はかなり低く、次世代型を待ったほうが良いでしょう。

追伸情報

コネクテッドカーとは|”つながる”コネクテッド技術と5G/IoT/スマホ/AI/自動運転の関係

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top