新車Labo

Read Article

アクア新車2021年3月に期待|車格アップで予想価格200万円前後&WLTCモード40km/L目標

新型アクアは2021年3月の大刷新が期待されています。

ヤリスが新しいハイブリッドシステムを搭載しました。
このパワートレインを採用して、燃費は向上、安全装備は最新機能になります。

比較
  • アクアG
  • ヤリスHV G
燃費
  • 27.2km/L(JC08)
  • 35.8km/L(WLTC)
安全装備
  • 対向車歩行者検知
運転支援
  • 追従&車線中央
比較
  • アクアG
  • ヤリスHV G
価格
  • 2,126,300円
  • 2,130,000円
取扱
  • トヨタ4系列全店
  • トヨタ4系列全店

それ、前提で新型アクアの情報を綴っていきますね。

たしか2019年の東京MS出展車に
アクアのドレスアップモデルがありました。

そのとき「2020年に新型か!?」と
情報が出回っているので、
ずいぶん長く待たされてます。

さて、新型アクアはヤリハイブリッドとの競合を避けます。

その意味で「上級モデルに変貌か?」とも噂されています。
また、次のプリウスと関係を強化するという噂も出ています。

2011年末の登場から10年経過。
ロングセラーを続けたアクアは次もかなりの期待がかかります。

2019年は一部改良・特別仕様車を実施。2020年夏は改良が期待されています。

新型アクアはTNGAを採用。
ベースとなるのは人気のヤリスです。

  • 現行は居住性に欠けていた
  • ヤリスハイブリッドと競合を避ける

といった理由で、5ナンバーから
3ナンバーになるという噂も。

パワートレインには
ヤリス搭載M15A型エンジン+THSⅡを採用。

WLTCモード燃費40キロを目標に開発中の噂です。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • エンジン出力/トルク
  • モーター出力/トルク
  • システム出力
  • WLTCモード燃費
  • トランスミッション
  • 4100mm
  • 1695mm
  • 1500mm
  • 2550mm
  • 1050kg
  • 1.5L直3+モーター
  • 91ps/12.2kgm
  • 80ps/14.4kgm
  • 116ps
  • 36km/L
  • CVT


新型アクアのエクステリアデザイン予想

ヤリスクロス

ヤリスクロスのデザイン性を
採り入れる可能性があります。

また、ボディサイズと全高の拡大によって
居住性(後席&荷室の広さ)を向上することが
第一の課題です。

現行は居住性への不満が高かったことが理由です。

カローラも3ナンバー化しているので、可能性はありますね。

そうなるとヤリスハイブリッドに
HVコンパクトの役割を任せます。

アクアは新しいハイブリッド専用車になるイメージです。

ヤリス3

そうなると価格と税金に変化があるので

既存ユーザーにとっては
快適性を上げてでも欲しいとなるのか?

ボディサイズ変更問題に注目です。

新型アクアにTNGA採用

プラットフォームTNGAを採用。

低重心かつ高剛性なシャシーになれば
操作性の向上が見込めます。

新型アクアのパワートレイン予想

ヤリス14

現行モデルと同様”ハイブリッド専用モデル”となるでしょう。

ハイブリッドエンジンには
ヤリスで新採用されたM15A型直3 1.5Lエンジン搭載。

新世代THSハイブリッドシステムなので
燃費や熱伝導効率が上がっています。

”WLTCモード40km/L”を目標に開発中です。
※JC08モードで45km/L

アクアにPHV設定?

「車格アップ」という言葉には、
「プラグインハイブリッドを採用する」

という可能性も込められている模様。

もしかして?てPHV設定?
RAV4 PHVも設定されたし。

アクアがこのままプレミアムモデルになっても
ただのハイブリッドならトヨタのその他に負ける。

プリウスもEV化が噂されているし。
このEVはプリウスPHVをベースの電動化です。

時期も2022年予想で。いろいろつながりませんか?

ま、ただの期待です。

新型アクアは2021年とも2022年とも言われてるし。

経済的・サイズ的中間層に向けたアクアPHV設定あるかも?

パワートレイン小排気量化は”スペース問題”を解消

アクアが居住性へのアプローチでエンジン小排気量化を行うと
どんな派生起こるでしょう?

コンパクトモデルのパッソ・ルーミーに
同じハイブリッドが採用される可能性が出てきます。


これはホンダが大型モデルのe:HEV(1.5L+モーター)を
コンパクトモデルに展開して効率化した戦略です。

新ハイブリッドシステム採用で”E-Four”採用

さらに、現行で不評だった”2WDのみのラインナップ”も見直し。
新型アクアにはハイブリッド4WD新型”E-Four”を搭載します。

新型アクアのToyota Safety Sense

Toyota Safety Sense

最新版Toyota Safety Sense搭載。

コネクテッド機能も最新版を搭載

アクアLabo

GR発売予定表

Return Top