Read Article

新型カローラセダン|3ナンバーTNGA化|2019年7月発売予想

トヨタは、カローラ アクシオをカローラセダンとして2019年8月後半にフルモデルチェンジする予定です。

新型カローラセダンの予想発売時期は既に公開されています。日本市場での発売時期はワゴンモデルであるカローラツーリングスポーツと同時に2019年10月に発売開始すると予想されています。

予想販売価格はボディサイズの拡大や先進安全装備の採用に伴ってアップすることになります。その上昇幅は現行モデルから10万円~15万円程度のアップになると予想されています。

名称はカローラフィールダーが「カローラ ツーリング スポーツ」に変更となりそうですから、カローラアクシオも「カローラセダン」といったシンプルな名称へ変更となりそうです。

新設定「5ドアハッチバックモデル」は「カローラスポーツ」として先行発売。

スポンサードリンク

新型カローラセダンはボディサイズが大型化する?

2月13日にベルギーで発表された欧州向け新型カローラのボディサイズが全長4630mm・全幅1780mmとなっています。

このボディサイズは、現行型カローラセダンが全長4400mm・全幅1695mmであることを考えると、かなりの大型化になるといえます。

これは現行型カローラセダンを海外向けモデルと差別化しヴィッツのフレームと共通化することで実現していました。

しかし、新型カローラセダンは海外仕様のカローラセダンをベースに開発するので、大型化することは免れないとされています。

ただし、国内仕様の新型カローラセダンでは若干の小型化をすることで、現行モデルユーザーのニーズに応えるとの情報もあります。

【動画】カローラセダン(スポーティモデル) 海外仕様デザイン

 

【動画】カローラセダン 海外仕様コンセプト

 

 

新型カローラセダンのエクステリア

カローラ フィールダー アクシオot

新型カローラセダンのフロントフェイスは、カローラスポーツに近いスポーティなデザインへと大きく変化し、全体的に若々しいイメージのエクステリアになるとみられています。

中国仕様ではスポーティモデルの「カローラレビン」とプレステージモデルの「カローラセダン」の2種類が発表されていますが、日本仕様ではカローラレビンをベースにした日本仕様専用モデルになると予想しています。

カローラ アクシオ2カローラ アクシオ1

 

 

新型カローラセダンのインテリア

新型カローラセダンのインテリアに関しても、先に発表されたカローラスポーツと共通性がある最新デザインが採用される見込みです。

カローラスポーツ2

 

 

新型カローラセダンのパワートレイン

新型カローラセダンのプラットフォームには現行型プリウスやカローラスポーツにも採用されているトヨタ次世代プラットフォームTNGAが採用されています。

そして新型カローラセダンに搭載されるエンジンには1200cc直列4気筒ガソリンターボエンジンと、

1800cc直列4気筒ガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムと、

カムリにも採用された「ダイナミック・フォース」技術を用いて新開発した2000cc直列4気筒ガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムの3種類となる見込みです。

  1. 1200ccガソリンターボエンジン:最高出力116ps・最大トルク18.9kgm
  2. 1800ccハイブリッドシステム:エンジン出力99ps・14.5kgm、モーター出力82馬力・21.1kgm
  3. 2000ccハイブリッドシステム:エンジン出力183ps・18.4kgm、モーター出力109馬力・20.6kgm

 

 

ガソリンエンジン搭載モデル|スペック

エンジン:1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ
最大出力:116ps/5200-5600rpm
最大トルク:18.9kgm/1500-4000rpm
トランスミッション:6MT/CVT
駆動:FF/AWD
JC08モード燃費:20km/L(現行19.4km/L)
エンジン①:1.5Lガソリン
最高出力:105ps
最大トルク:135Nm
エンジン②:1.8Lガソリン
最高出力:143ps
最大トルク:173Nm

 

ハイブリッドエンジン搭載モデル|スペック

エンジン:1.8L 直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力:98ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/3600rpm
モーター最大出力:72ps
モーター最大トルク:16.6kgm
駆動:FF/4WD(E-Four)
JC08モード燃費:35km/L(現行30.4km/L)

 

 

また、新型カローラ アクシオは先進安全装備も充実。

新型カローラセダンの先進安全装備

新型カローラセダンの先進安全装備には単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた「トヨタセーフティセンス」の第2世代モデルが採用される見込みです。

そのため、単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせた現行モデルと比較すると、歩行者検地機能やプリクラッシュセーフティの作動速度域が大幅に向上しています。

 

 

追伸情報

関連記事

「セダン」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com/
画像引用元:https://www.motor1.com/

スポンサードリンク

Return Top