Read Article

三菱新型i-MiEV 一部改良|全長3480mmのコンパクトカーへ|2018年4月19日発売

三菱は、電気自動車「i-MiEV」に一部改良を実施。

  • エクステリアデザイン変更
  • ボディサイズ:軽自動車⇒乗用車(白ナンバー)
  • 電池高温時お知らせ機能追加
  • グレード展開見直し
  • 価格:2,948,400円

などの変更を行って、2018年4月19日発売しています。

ボディサイズ変更は、対歩行者安全強化の法改正のため、

フロントバンパー変更に伴う「全長85mm拡大」の影響で

コンパクトカー扱いとなっています。

 

i-MiEVは世界初の量産電気自動車。2009年7月販売開始。

日欧米、その他地域「52ヶ国」で

累計約2万3千台を販売するグローバルモデルです。

 

スポンサードリンク

 

価格

X
2,948,400円

エコカー減税

取得税・重量税免税(100%減税)

クリーンエネルギー自動車導入事業補助金

164,000円

 

 

スペック

全長:3480mm(軽3395mm)
全幅:1475mm
全高:1610mm(軽1600mm)
ホイールベース:2550mm
オーバーハング:前505mm前425mm
タイヤサイズ:前145/65R15前175/55R15
最低地上高:150mm
最小回転半径:4.5m
車両重量:1100キロ(軽1080キロ)
乗車定員:4名
駆動:2WD(後輪駆動)のみ
バッテリー:リチウムイオン電池(電圧330V電力16.0kWh)
モーター最高出力:64ps
モーター最大トルク:16.3kgf・m

 

 

エクステリアデザイン変更

  • フロントバンパー/リヤバンパー/サイドエアダム変更
  • 全長:3,395mmから3,480mmに拡大
  • 軽自動車から登録車に変更
  • フロントフォグランプ標準装備
  • シルバー色をスターリングシルバーメタリックに変更

iMiEV引用元:http://www.mitsubishi-motors.co.jp

フロントバンパーとリヤバンパーの変更により

張りのある前後フェンダーのエクステリアに。

タイヤを包むボリュームあるデザインで古さを感じない

先進的デザインコンセプトを継続します。

 

 

ボディカラー|全5色

新色2色追加

  • モノトーン:スターリングシルバーメタリック
  • 2トーン:スターリングシルバーメタリック×ホワイトパール(75,600円高)

既存カラー

  • レッドメタリック
  • ホワイトソリッド
  • ライトニングブルーマイカ

 

デザインラッピング|全5種類

新デザイン設定

  • 2 TONE STYLE:マスクカラー
  • STRIPE STYLE:レーサーストライプカラー
  • COMBINATION STYLE:2 TONE STYLE+STRIPE STYLE

ラッピングフィルムとは?

  • スリーエムジャパン社製の車両専用フィルム
  • 剥がすことが可能
  • 耐久性:約4年間
  • 洗車・メンテナンス:中性洗剤で手洗い推奨

 

 

電池高温時お知らせ機能追加

駆動用バッテリー温度が高い状態で急速充電をした場合、

充電時間が長くなることをお知らせする機能を新採用。

 

 

グレード見直し

総電力量10.5kWhの「M」を廃止。

  • 「X」:総電力量16.0kWh

のみ設定。

 

 

追伸情報

OEM

  • プジョー|iOn
  • シトロエン|C-ZERO
  • 光岡自動車|Like(雷駆)

2010年、すでにフロントバンパーが85ミリ拡大され、登録車扱いに。

 

三菱の軽EVは消滅?

MINICAB-MiEVという商用軽自動車がまだ存在します。

MINICAB-MiEVMINICAB-MiEV4 MINICAB-MiEV5 MINICAB-MiEV6 MINICAB-MiEV7引用元:https://www.carscoops.com

 

Return Top