Read Article

トヨタ新型MIRAIミライ|FR駆動&TNGAプラットフォーム採用|2020年夏発売予想

トヨタは、世界初・燃料電池車「ミライ」を

2020年フルモデルチェンジします。

2021年とされていたモデルチェンジが早い時期になったのは、

2020年にレクサスLSの「FCV発売」が予定されていることもあります。

 

また、トヨタ新型ミライ

新型クラウンの「TNGAプラットフォーム」を共用して

FR(後輪駆動)モデルとなります。

トヨタ新型ミライ|モデルチェンジ情報

  • クラウンTNGAプラットフォームベース
  • FCVシステム搭載
  • 水素タンクレイアウト変更
  • 駆動方式:FFからFRに変更

 

スポンサードリンク

 

水素タンクレイアウト変更

クラウンのFR駆動用プラットフォームを採用することで、

内部レイアウトも一部変更になります。

燃料電池車 水素タンク引用元:http://www.toyota.co.jp

後方に2本、横置きで搭載されていた水素タンクは、

センターへ1本縦に配置して「T字」にレイアウト。

 

FFの駆動をなぜFRに置き換えるかは、2020年に予定する

レクサスLS・FCVモデル発売が控えているためかと思います。

同年開催の東京オリンピックにてLS FCVは、「VIP用車両」として扱われます。

なので、ミライのプラットフォームをFセグメント・FR車(LS)用に

温めておくのかもしれません。

 

レイアウト変更により「乗車人数は増える?」

また、レイアウト変更により「乗車人数は増える?」と期待しますが、

水素タンクが小型化されるわけでもないため「4人乗り」を継続します。

エクステリア

また、エクステリアはスポーティな4ドアクーペスタイルへ改良されます。

新型クラウンTNGAプラットフォームベースなので、クラウンのような

6ライトキャビンデザインになるでしょう。

クラウン2引用元:https://www.carscoops.com/

ボディサイズ

  • 全長:4900mm
  • 全幅:1820mm
  • 全高:1500mm
  • ホイールベース:2800mm

ローフォルム採用。

 

気になる航続距離はどれくらい発揮するのか。

航続距離は?

  • システム効率アップ
  • 燃料タンク容量アップ

を実現し、実航続距離500キロ以上(現行は400キロ/カタログ650キロ)に延長されます。

 

トヨタ新型ミライは、水素と酸素の化学反応を利用して電気をつくる

発電装置・FCスタック(燃料電池)搭載。

FCスタックは、1V以下の小さな電圧を発する

「セル」と呼ばれるものを「数100枚重ねたもの」です。

MIRAIのFCスタック|主要諸元
最高出力:114kW(155PS)
体積出力密度:3.1kW/L(世界トップレベル)
セル数:370セル(1列積層)

 

FCスタック(燃料電池)の性能が向上されれば、

1充電による現行の航続距離「650km」より高まります。

目標は3倍~4倍程度のガソリン車燃費に近づけることです。

 

航続距離と合わせて気になるのは水素燃料価格ですね。

水素燃料価格は?

水素ステーション引用元:https://response.jp

燃料価格は、都心の水素ステーションで「1kg:1100円」(岩谷産業)

  • 水素タンク容量:約5kg

なので、1100円 × 購入量(4kg)とすれば、

1回の充填で4000円~5000円となります。

MEMO

水素の充填作業は水素ステーションの作業員が実施

ゼロから満充填までの所要時間:約3分

 

現在、水素は水・化石燃料・バイオマス(資源)などから分離して得ています。

価格が下がるとしたら、この製造・貯蔵・運搬の要領が良くなってから。

まだガソリンを扱うような水素エネルギーの環境が整っていない段階にあるため高価です。

 

そして、ミライの車両価格自体はまだまだ高価なのでしょうか。

FCV(燃料電池車)の車両本体価格は下がる?

ミライ引用元:http://www.toyota.co.jp

トヨタは、FCV(燃料電池車)の価格を2025年ごろまでに、

現在のハイブリッド価格・300~400万円程度に下げる意向です。

一般ユーザーが「購入したい」と思うクルマにするため、

  • 商品の魅力を高める
  • インフラを整備する

行程をいま行っている最中です。

 

ホンダクラリティFUEL CELLとの競合で価格低下を期待

商品の魅力を高める意味では、ホンダの燃料電池車「クラリティ FUEL CELL」が

いい競争相手となって、商品力の強化が実現しそうですね。

ホンダクラリティFUEL CELL引用元:http://www.honda.co.jp

ホンダクラリティは、EV・PHEVもラインナップに加えて、

2018年8月に発売される予想となっています。

まさに、トヨタとの競合が生まれていて、

トヨタはEVで出遅れているので価格低下を期待できそうです。

 

追伸情報

最後に、燃料電池車FCV(現行ミライ)の特徴について参考程度に書いています。

燃料電池車FCV|特徴

トヨタ FCV 燃料電池自動車引用元:http://www.toyota.co.jp

 

トヨタのFCVモデル|MIRAI(ミライ)

トヨタ MIRAI引用元:http://www.toyota.co.jp

  • 新車価格:723万円
  • 中古車価格:378~518万円(2018.1現在)
MEMO

レクサスHSハイブリッド専用車をベースに開発

水素と大気中の酸素から電気エネルギーを生み出す究極のエコカー

排出されるのは排ガスではなく「水」

「水素はさまざまなものから作り出せる。低炭素社会実現に向けて重要なエネルギー」

FFシャシーに2本の水素タンクやFCスタックが搭載され4人乗車が可能なキャビン

 

MIRAI|スペック

全長:4,890 mm
全幅:1,815 mm
全高:1,535 mm
前輪/後輪サイズ:215/55R17
最小回転半径:5.7 m
車両重量:1,850 kg
定員:4 人
燃料タンク:122 L
モーター最高出力:113kW(154ps)
最高トルク:335N・m(34.2kgf・m)

 

主な装備

  • センターレイアウト4.2インチTFT液晶
  • スピードメーター/マルチインフォメーションディスプレー採用
  • トヨタ純正ナビーゲーションシステム「T-Connect」装備
  • サイドブレーキ:ペダル式
  • ステアリング:ヒーター内蔵
  • リヤシート:左右独立タイプ(ヒーター付き)

 

トヨタフューエルセルシステム

トヨタフューエルセルシステム引用元:http://www.toyota.co.jp

燃料電池技術、トヨタのハイブリッド技術が融合したフューエルセルシステム(TFCS)を採用。

内燃機関(ガソリン・ハイブリッド車)に比べてエネルギー効率が高く、

走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を持ちます。

 

3分程度の水素充填による走行距離

650km(JC08モード走行パターンによるトヨタ測定値)を達成。

ガソリンエンジンモデルと同等の利便性を実現しています。

 

大容量外部電源供給システム搭載

災害などの停電時に、約60kWhの大容量、最大9kWの電力供給能力を発揮します。

給電器(別売)に接続することにより、トランク内に設定された端子(CHAdeMO端子)からの電力を直流(DC)から交流(AC)に変換し、住宅や家電の電源としての利用が可能

車室内に設置したアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)には、家電を直接つないで使用することもできます。

 

走りも楽しめる新感覚モータードライブ|トヨタFCV MIRAI

燃料電池自動車ならではの異次元の走りを体感できます。

エンジンレスのモータードライブ+緻密な走行設計(低重心化・空力性能・重量の最適レイアウト・高剛性ボディ)の融合により達成しています。

  • スムーズな加速
  • ワインディングロードでの安定した走り
  • 圧倒的な静粛性

など、いくつものシーンで走りの楽しさを体感できます。

 

最後に、その走行体験動画を載せておきます。

【動画】トヨタFCV MIRAI試乗

Return Top