Read Article

日産e-NV200 仕様向上|40kWhバッテリー航続距離300km|2018年12月発売

日産は、商用e-NV200(電気自動車)に「仕様向上」を実施。

2018年4月19日から受注受付を開始しています。

今回の仕様向上内容は、以下です。

e-NV200|仕様向上2018

  • 40kWh大容量バッテリー採用
  • 航続距離300km(JC08モード)
  • 充電器容量拡大
  • パワープラグ標準装備
  • オートライトシステム全車標準装備
  • 装備の充実(ワゴン・バン)
  • 価格:395万4960円~476万2800円

 

スポンサードリンク

 

価格

バン

GX ルートバン|2人乗り
3,954,960円
GX|2人乗り
3,954,960円
GX|5人乗り
4,054,320円

e-NV200 8引用元:https://www.carscoops.com

 

ワゴン

G|5人乗り
4,600,800円
G|7人乗り
4,762,800円

e-NV200 9引用元:https://www.carscoops.com

 

ボディカラー|新色追加

  • 「エクセレントブルー」を新設定

e-NV200 1引用元:https://www.carscoops.com

全5色

  • エクセレントブルー
  • ブリリアントホワイトパール
  • ブラックメタリック
  • プラチナシルバー
  • ホワイト

 

40kWh大容量バッテリー採用

e-NV200 4引用元:https://www.carscoops.com

  • バッテリー容量低下を抑制
  • 耐久性向上

により、バッテリーの「高寿命化」を実現しています。

なのでアフターサービス の保証も

5年10万km ⇒ 「8年16万km」へ延長しています。(新型リーフ同等)

 

ちなみに、容量低下を起こせば航続距離は減っていき

バッテリー交換となれば、費用はリーフで60万円台かかるようです。

 

航続距離300km(JC08モード)

e-NV200 6引用元:https://www.carscoops.com

航続距離190キロから300キロへ延びたことにより

中距離以上の課題が少し緩和されそうですね。

 

というのが、航続距離の課題解決のために

NV200商用ガソリン車に「e-POWER搭載」情報が出ていました。

上記発売情報は、2018年5月発売予想でしたので、この情報は

  • 「e-NV200の仕様変更」=航続距離300キロへ延長

にて解消されたのかもしれません。(つまりハズレ?)

 

 

充電器容量拡大

e-NV200に標準装備している普通充電器を3kW ⇒ 「6kW」へ更新。

法人用でオフィス・店舗に別売りの6kW普通充電器(壁掛型)を導入すれば、

「40kWh」大容量バッテリーであっても

これまで通り、「約8時間で満充電」が可能となります。

 

パワープラグ標準装備

e-NV200 3引用元:https://www.carscoops.com

全車コンセント2個装備。バッテリー容量が40kWhに増えたため、

パワープラグ・1000Wの使用時間が

8時間 ⇒ 「15時間」へ拡大しています。

e-NV200 4引用元:https://www.carscoops.com

 

装備の充実(ワゴン・バン)

全車標準装備|オートライトシステム

オートライトシステムは、トンネル・地下駐車場など薄暗い空間に入ると

ヘッドライトやポジションライトを自動で点灯する機能です。

自動点灯・自動消灯なので、つけ忘れ・消し忘れを防げます。

また、イグニッションキー連動で、エンジンを切るとライトが自動消灯。

駐車時のライトの消し忘れの防止にもつながります。

 

仕組み

  • ボディ前端に照度センサー設置
  • 車外の照度を検知

トンネルでは急速に照度が低下するので

「瞬時にある決まった照度以下になったとき」には、

すぐに点灯するよう設定しています。

 

ワゴン

EV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)採用

e-NV200 23引用元:https://www.carscoops.com

  • DVD再生機能
  • ミュージックボックス機能追加
  • 「タッチ操作」対応

といった機能により、利便性・操作性が向上されます。

 

バン|UVカット断熱プライバシーガラス標準装備

ルートバン以外のバンに

  • スライドドア
  • リアサイド
  • バックドア+スライドサイドウィンドウ(両側)

を標準装備します。

 

Return Top