Read Article

トヨタプリウスマイナーチェンジ|Toyota Safety Sense P全車標準装備|2018年6月発売

トヨタは新型プリウスのマイナーチェンジを実施し、2018年6月に発売予定。また、2017年11月にも一部改良を行いました。

【2018年6月】プリウスマイナーチェンジ概要

  • フロント・リアのデザイン変更
  • 3連LEDヘッドライトに形状変更
  • LEDシーケンシャルターンランプ装備
  • テールランプデザイン変更
  • ボディカラー:新色追加
  • インテリアカラー:クールグレーorブラックに新色追加
  • Toyota Safety Sense P全車標準装備
  • 価格の見直し

【2017年11月】プリウス一部改良の概要

  • ヘッドアップディスプレイ:オートクルーズ表示追加
  • コンソールボックス:ブラックに変更(現在まぶしいほどのホワイト)
  • ワイパー(フロント)改良
  • オプション追加:11.5インチナビ
  • プリウス発売20周年を記念する特別仕様車・ツートン仕様を追加

 

スポンサードリンク



 

【2018年6月】マイナーチェンジ内容

エクステリアの変更点

フロント・リアデザイン変更

現行プリウスは、ヘッドライトユニット1眼にハイビーム&ロービームを使い分けるBi-Beam LEDヘッドライトを採用。マイナーチェンジ後のハリアーと同様、3連LEDヘッドライト形状に変更し、豪華な印象を与え、PHVのフロントマスクに近い印象になります。

トヨタ ハリアー3連LEDヘッドライト引用元:http://toyota.jp/harrier/

フロントマスクが2代目プリウスPHVのデザインに変更との噂が出ましたが、ベースのヘットライトの形状が違うので大きな改良となり、現実的ではありません。また、プリウスとプリウスPHVの差別化が目的でフロントデザインを変えているので、人気の有無程度でごっそりフロントデザインを変える可能性は低いでしょう。

LEDシーケンシャルターンランプ装備

新型C-HRへの初採用。そして、2018年マイナーチェンジ予定のアルファード・ヴェルファイアに採用される通称「流れるウィンカー」をプリウスにも採用予想。

テールランプデザインを変更

奇抜なキバ状のテールランプを採用してしまい、プリウスPHVの先進的なデザインに比べておじさんっぽいので変更します。上下に分割?

ボディカラーに新色を追加

現9色に新しいボディカラーを追加します。

インテリアの変更点

内装色のクールグレーorブラックに加え、新色を追加する予定です。

先進安全装備の変更点

Toyota Safety Sense Pを全車標準搭載。Toyota Safety Sense Pは第2世代システムへ改良が行われ、2018年の新型車から順次採用されていきます。細かな調整がなされ、より安全性が向上。

すでにマイナーチェンジしたハリアー以降のToyota Safety Sense Pは性能向上が実施されており、レーダークルーズコントロールの性能が格段に良くなってドライバーの負担が軽減されています。

価格改定

 

【2017年11月】一部改良の内容

  • ヘッドアップディスプレイ:オートクルーズ表示追加
  • コンソールボックス:ブラックに変更(現在まぶしいほどのホワイト)
  • ワイパー(フロント)改良
  • オプション追加:11.5インチナビ
  • プリウス発売20周年を記念する特別仕様車・ツートン仕様を追加

 

プリウス来歴

4代目プリウスは2015年12月9日発売開始
TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発プラットフォーム初採用
30系プリウスより広い室内空間/ノーズが70mm低い低重心ボディに
トヨタマークの位置は86と同じぐらいの高さ
現行よりも空気抵抗を無くした「究極の空力フォルム」
4代目プリウスのボディサイズ
全長:4540mm
全幅:1760mm
全高:1470mm
ホイールベース:2700mm
エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上
パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。
ハイブリッドシステム:駆動ユニットの配置見直しやモーター・インバーター・電池の小型化、高効率化を図ることで燃費の15%以上向上を見込む
最大熱効率40%を実現した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」を搭載
システム全体で約20%の低損失化を達成
Eグレード:JC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を達成
2WD車もJC08モード37.2km/L
新たに投入したE-Four(電気式4輪駆動方式)車はJC08モード34.0km/Lの低燃費を実現
ライトの全てにLEDを採用(LEDフォロントフォグランプ・LEDサイドターンライト・LEDハイマウントストップランプ
・LEDライセンスプレートランプ)
ヘッドライトユニットは1眼でハイビームとロービームを使い分けるBi-Beam LEDヘッドライトを採用
安全技術Toyota Safety Sense P搭載
スポンサードリンク
Return Top