次世代まとめ☺

RSS
カローラクロスが海外デザインながらイイ感じ♪日本導入は未定だが導入国は拡大とのこと

カローラクロスが海外デザインながらイイ感じ♪日本導入は未定だが導入国は拡大とのこと

2020年7月9日に世界初公開・タイで販売開始されたカローラクロス。デザインはアジア発の雰囲気をまといながらもイイ感じですね。 カローラと名が付きながらも、C-HRやRAV4系デザインです。 ジャンルはコンパクトSUVに入るようで、今度発売のヤリスクロスより全長は短くて、C-HRよりも大きいです。 なによりカローラシリ...

日産ノート新型モデル情報2020年10月発売に期待|予想価格200~250万円ヒンジドア継続

日産ノート新型モデル情報2020年10月発売に期待|予想価格200~250万円ヒンジドア継続

日産のコンパクトカー、ノートのフルモデルチェンジの時期がそう遠くないと見られています。2020年10月登場が期待されています。 基本的にはメカニズムも含めてキープコンセプト、アップデートのフルモデルチェンジになると見られ、スライドドア、3列シート車に関しては派生車になる可能性が濃厚でしょう。 その派生車はノート○○のよ...

日産エクストレイル新型モデル情報2020年秋~年末以降発売に期待|予想価格290~380万円e-POWER高出力モーター搭載

日産エクストレイル新型モデル情報2020年秋~年末以降発売に期待|予想価格290~380万円e-POWER高出力モーター搭載

日産エクストレイルは2020年秋から年末以降に次世代へ移行する予定です。アイキャッチにした画像はレクサスに劣らないシビれる外観に映ってますね。 エクストレイル新型は3気筒エンジン+モーターのe-POWERを搭載する予定。このe-POWERは次世代型でモーターパワーを向上。または、発電用エンジンの排気量アップ予定となりま...

N-ONE新型モデル情報2020年11月発売|次世代プラットフォーム採用MT設定

N-ONE新型モデル情報2020年11月発売|次世代プラットフォーム採用MT設定

ホンダの軽乗用車N-ONEは2020年11月の新型登場予定。 デザイン的に一定の支持を受けていること スズキラパンやミラトコット同様にジャンルが確立していること 上記が存続の可能性に”追い風”を与えます。また、電気自動車Honda e、2017年モーターショーのHonda Sports EV Conceptが新型N-O...

日産e-POWER SUV【IMQ】新型モデル情報2021年7月~12月発売に期待|第2世代e-POWER搭載CセグメントIMQ市販化電動SUV

日産e-POWER SUV【IMQ】新型モデル情報2021年7月~12月発売に期待|第2世代e-POWER搭載CセグメントIMQ市販化電動SUV

日産e-POWER SUVが2021年7月~12月発売が期待されています。このモデルはIMQコンセプトの市販モデルで、クーペSUVとしてエクストレイルと対照的なクロスオーバーモデルとなります。 1.5L直3ターボエンジンを発電専用に使い、前後それぞれを1モーターずつで駆動するe-POWERターボモデル。 コンセプトの似...

日産の最上級ミニバンであるエルグランドは今後販売がなくなるのか?

日産の最上級ミニバンであるエルグランドは今後販売がなくなるのか?

日産のエルグランドは2010年に登場し、10年選手となっています。より年式の新しいライバルのアルファード、ヴェルファイア、オデッセイにはエルグランドにはないハイブリッドが設定されており、立ち位置的に厳しい現状にあります。 さらにベースモデルとなっていた北米日産で展開されるクエストというミニバンが、すでに販売終了になって...

GRヤリス2020年9月発売ラインナップ発表【RZ/RS/RC】86に代わるコンパクトスポーツ誕生

GRヤリス2020年9月発売ラインナップ発表【RZ/RS/RC】86に代わるコンパクトスポーツ誕生

トヨタはGRヤリスを2020年9月に発売。さらに、GR YARISから遅れてヤリスGR SPORTも発売されます。 GRヤリスのエクステリアは 全幅1805mmになる張り出したフェンダー ベースモデルとは異なる3ドアボディ が特徴です。 GRヤリスラインナップ RZ 先行して特別仕様車として発売されたRZはヤリスの限界...

日産セレナ新型モデル情報2021年夏~10月発売に期待|予想価格270~380万円e-POWER継続&プロパイロット2.0搭載

日産セレナ新型モデル情報2021年夏~10月発売に期待|予想価格270~380万円e-POWER継続&プロパイロット2.0搭載

次世代セレナは2021年夏~10月に登場が期待されています。セレナの次世代型は5ナンバーサイズを標準モデルとしてキープコンセプトに据えつつ、ライバルを圧倒する進化を遂げます。 現行も性能の高い3列目シートのアレンジをブラッシュアップして新型の販売を支えます。 人気のe-POWERは次世代型でモーター出力性能を向上して動...

日産フーガ新型モデル情報2023年発売に期待|EVとしてフラグシップ復帰へ

日産フーガ新型モデル情報2023年発売に期待|EVとしてフラグシップ復帰へ

日産はEVモデル候補のフーガ次世代を2023年発売が期待されています。 海外版インフィニティQ80をベンツとプラットフォーム共用し、日本市場にも展開。 パワートレイン候補は多岐に渡り、EV化が期待されています。もし、EV化しない場合のエンジンは、北米スカイラインに搭載するVC-T(2.0Lターボ)エンジンほか、多彩な候...

トヨタアクア新型モデル情報2021年夏発売に期待|車格アップで予想価格200万円前後&WLTCモード40km/L目標

トヨタアクア新型モデル情報2021年夏発売に期待|車格アップで予想価格200万円前後&WLTCモード40km/L目標

トヨタはアクアを2021年夏ごろに次世代型への移行が期待されます。新型はヤリハイブリッドとの競合を避ける意味で、上級モデルへ車格を上げて、次期プリウスとの関係を強化すると言われています。 2011年末の初登場から10年経過。ロングセラー商品の改良スパンとしては、そんなもんかな?と感じますね。 ホイホイとはヒット飛ばせる...

プリウス新型モデル情報2022年末前後に期待|コンセプト刷新&2.0Lハイブリッド搭載?

プリウス新型モデル情報2022年末前後に期待|コンセプト刷新&2.0Lハイブリッド搭載?

次期プリウスは2022年末頃にフルモデルチェンジが期待されていて、コンセプト段階から刷新が行われると見られています。 新型となって安全機能が更新されるのは当然のこと、次回は「自動運転支援」機能が搭載される可能性が出てきています。 2020年後半時点で安全装備に プラスサポート追加(ペダル踏み間違い操作検知&支援) イン...

スバルレヴォーグ次世代情報2020年9月発売|予想価格330~420万円1.8Lターボ&2.4Lターボ搭載

スバルレヴォーグ次世代情報2020年9月発売|予想価格330~420万円1.8Lターボ&2.4Lターボ搭載

スバルレヴォーグ次世代は2020年9月発売予定。パワートレインには新開発1.8L水平対向4気筒ターボ搭載。2021年、WRX S4発売時期に2.4Lターボを追加設定します。 レヴォーグ 全長 全幅 全高 ホイールベース 重量 エンジン 最高出力 最大トルク トランスミッション 1.8Lターボ 4755mm 1795mm...

アクア一部改良2020年8月1日?|クロスオーバー廃止&カラー編成変更

アクア一部改良2020年8月1日?|クロスオーバー廃止&カラー編成変更

アクアは夏に改良を受けるようですね。モデルも次に近づいている期待もあり、グレードラインナップを見直したり、色の調整を行って、現行の販売数維持に取り組みます。 次期アクアは新型として継続、そしてフルモデルチェンジが2021年夏に期待されています。 現行アクアのボディカラー入れ替え セメントグレーメタリック系 ダークブラウ...

三菱デリカD:5新型モデル情報2022年発売|次期セレナとプラットフォーム共有し兄弟モデルに進化

三菱デリカD:5新型モデル情報2022年発売|次期セレナとプラットフォーム共有し兄弟モデルに進化

三菱デリカD:5は、2018年末にビッグマイナーチェンジ、2019年末に一部改良を受けました。 これら改良は、”次世代デリカD:5につなげるためのビッグマイナーチェンジ”という旨の三菱の開発側のインタビューもあります。 デリカD:5自体のフルモデルチェンジ自体は「今後あり得る」というのは事実でしょう。 ただ、ガソリンモ...

日産フェアレディZ新型モデル情報2021年3月発売|フロントマスク変更&出力2タイプ3.0Lツインターボ設定

日産フェアレディZ新型モデル情報2021年3月発売|フロントマスク変更&出力2タイプ3.0Lツインターボ設定

フェアレディZはフルモデルチェンジを実施して2021年3月登場予定。 外観デザインは現行と大きく印象を変え、全長・全幅を延長したうえでクーペとロードスターも設定。最新型FRプラットフォームを採用する影響もあり、ボディサイズは多少拡大されます。 パワートレインには出力の異なる2種類の3.0Lターボを設定。駆動にはFRを採...

ホンダN-BOXマイナーチェンジ情報2020年10月|例年通りの変更を行う&クロスター設定の可能性

ホンダN-BOXマイナーチェンジ情報2020年10月|例年通りの変更を行う&クロスター設定の可能性

ホンダは2020年10月、N-BOXにマイナーチェンジを実施。売れ筋のカスタム中心に改良が行われると噂されています。 マイナーチェンジの手はずに則って、例年通りの変更を行うと見られています。 また今回見送られる可能性となったようですが、SUVテイストの「クロスター」を設定する噂も出ています。 改良内容 内外装デザイン変...

日産軽EV【IMk】2020年12月発売|予想価格280~320万円新開発プラットフォーム採用

日産軽EV【IMk】2020年12月発売|予想価格280~320万円新開発プラットフォーム採用

日産は新型軽自動車EVを2020年12月に発売予定。アリアと共に、日産の電気自動車ラインを一気に2モデル追加します。 予想価格は同ジャンルの三菱i-MiEVの価格を参考にすると280~320万円程度と見られ、軽自動車の販売価格としては高額になるでしょう。 しかし、補助金が用意され、税金軽減や免税が行われ、実質負担額は一...

オデッセイ新型モデルチェンジ情報2022年発売に期待|2020年10月マイナーチェンジ実施

オデッセイ新型モデルチェンジ情報2022年発売に期待|2020年10月マイナーチェンジ実施

ホンダのオデッセイに期待される新型は定例通りなら2020年の移行です。ホンダのスライドドア車はステップワゴンを除いてモデルチェンジ周期が長めという見方もあります。 この場合、フリードが8年、N-BOXが6年となっています。そのため新型オデッセイも2022年のフルモデルチェンジでも「遅いとは言い難い」と言えます。 新型価...

日産アリア新型モデル情報2020年10月発売に期待|予想価格450万~500万円EVクーペSUV最新運転支援&コネクテッド技術搭載

日産アリア新型モデル情報2020年10月発売に期待|予想価格450万~500万円EVクーペSUV最新運転支援&コネクテッド技術搭載

”ピュアEV”として最先端の運転支援技術やコネクテッド技術を搭載するアリア。市販モデルが2020年7月に発表される予定で、「発売は10月?」と伝えられています。 ツインモーター4WDを搭載するEVモデルで、外観は日産コンパクトSUVっぽい曲線フォルムの未来デザインになります。 高性能志向の車で、少なくともリーフe+以上...

トヨタヤリスクロス2020年8月31日発売|予想価格200万円~250万円&GA-Bプラットフォーム採用

トヨタヤリスクロス2020年8月31日発売|予想価格200万円~250万円&GA-Bプラットフォーム採用

トヨタはヤリスクロスを世界戦略車として2020年8月31日追加予定。9月に入って本体・オプション・付属品価格が決定し、先行予約スタートの予定です。 全長4180mm(最低地上高185mm)のBセグメントクロスオーバーモデルが新しく誕生します。 同社SUVと全長比較すると、C-HRが全長4385mm、トヨタライズが全長3...

トヨタ86次世代情報2021年3月|予想価格320万円新開発2.4L NA水平対向エンジン搭載

トヨタ86次世代情報2021年3月|予想価格320万円新開発2.4L NA水平対向エンジン搭載

86次世代型は2021年3月に発売予定。 86は次世代でスープラより運転しやすく”刺激の強いモデル”を目標にしているとのこと。 プラットフォームは現行のものを継続して、ボディデザインは一新。 次世代86のパワートレインに関しては「もっとパワーが欲しい」との意見を受けて2.0Lから2.4Lへ排気量アップを果たします。 ト...

トヨタハリアー新型情報2020年6月17日発売|価格299万~504万円上級クーペSUV

トヨタハリアー新型情報2020年6月17日発売|価格299万~504万円上級クーペSUV

ハリアーは2020年6月17日発売。 TNGA・GA-Kプラットフォームを採用し、LF-1 Limitlessコンセプトから多くを吸収したクーペスタイルへ。 ハリアーのハイブリッドには2.5Lダイナミックフォースエンジン+THSⅡ採用。 RAV4搭載の2.0L自然吸気採用。走行機能面ではE-Fourを採用し、電気による...

WRX S4新型モデルチェンジ情報2021年4月に期待|予想価格300~400万円1.8L&2.4Lターボ搭載

WRX S4新型モデルチェンジ情報2021年4月に期待|予想価格300~400万円1.8L&2.4Lターボ搭載

新型WRX S4は2021年4月発売に期待。パワートレインには新開発となる1.8L搭載。 および可能性として2.4L水平対向4気筒ターボを搭載かもしれません。このエンジンは米国モデル・アセントに搭載のパワートレインです。スペックは270ps/40.8kgm発揮。 新型WRX S4発売時期にレヴォーグに2.4Lターボエン...

三菱アウトランダーPHEV新型モデルチェンジ情報2020年11月発売|予想価格280~530万円PHEV 2モーターS-AWD

三菱アウトランダーPHEV新型モデルチェンジ情報2020年11月発売|予想価格280~530万円PHEV 2モーターS-AWD

新型アウトランダーPHEVは2020年11月発売が期待されています。エクストレイルが2020年末~2021年初めごろ新型となりそうなので、時期的には合っていますね。 プラットフォームは、日産新型エクストレイルと共用します。 アウトランダー自体は三菱内でエクリプスクロスとの棲み分けを図るため、最新ダイナミックシールドデザ...

レクサスISビッグマイナーチェンジ2020年11月3日発売|予想価格500万~670万円FRスポーツセダン

レクサスISビッグマイナーチェンジ2020年11月3日発売|予想価格500万~670万円FRスポーツセダン

レクサスのISがビッグマイナーチェンジを施し、2020年11月3日登場予定。8月下旬先行予約という情報です。 ディザー画像が公開されました。グリルがワイドになり、ヘッドライトが前に出たため、マイナーチェンジ前よりも押し出し感が増しています。さらに、IS Fが復活します。 フルモデルチェンジは2021年に行われる予定です...

レクサスIS次世代情報2021年春の可能性|予想価格490万~700万円予&2020年マイナーチェンジ

レクサスIS次世代情報2021年春の可能性|予想価格490万~700万円予&2020年マイナーチェンジ

レクサスの4ドアセダンISが2021年春に次世代型に変更される予定。 次世代レクサスISの予想価格は現行モデルから大幅な上昇幅で490万〜700万円。 大幅な価格上昇の理由は、新開発プラットフォーム採用と新パワートレイン搭載グレードの存在です。 また、バージョンアップしたLEXUS  Safety System+Aを採...

ダイハツタフト2020年6月10日発売|価格135万~173万ハスラー対抗DNGAオフロードも安心4WDターボ

ダイハツタフト2020年6月10日発売|価格135万~173万ハスラー対抗DNGAオフロードも安心4WDターボ

ダイハツタフトはハスラー対抗モデルとして2020年6月登場。4月1日に先行予約を開始しました。タント同様DNGAプラットフォームを採用。最低地上高180mm、FF/4WD両タイプを揃えます。 価格帯はキャスト・アクティバよりやや高くなり、ハスラーと競えるFF140万円、4WD148万円からのスタート予想。トヨタへのOE...

ポルテ/スペイド特別仕様車2020年7月2日発売|F“Safety Edition”&G“Safety Edition”設定

ポルテ/スペイド特別仕様車2020年7月2日発売|F“Safety Edition”&G“Safety Edition”設定

特別仕様車の価格帯は1,990,000円~2,244,100円で少々お高いイメージがあります。しかし、古くニーズの高いモデルにも安全装備を充実させるトヨタの粋を感じる発売ですね。 インテリジェントクリアランスソナーを特別装備 ポルテ・スペイドのF・Gベースに駐車場で役立つ安全装備を特別装備しています。 アクセル・ブレー...

プリウスPHV一部改良2020年7月1日発売|ソーラー充電システム全車オプション設定

プリウスPHV一部改良2020年7月1日発売|ソーラー充電システム全車オプション設定

価格3,313,000円~4,392,000円。トヨタ初採用となった急アクセル加速抑制機能をプラスサポートとして導入しています。また、安全機能を更新しました。 プラスサポート 機能を搭載した場合、スマートキーが専用に用意され、そのキーで開錠を行うと急アクセル加速抑制機能が作動する仕組みとなっています。家族で共有する場合...

レヴォーグSTIスポーツ新型モデル情報2020年年内発売|東京オートサロン出展プロトタイプ

レヴォーグSTIスポーツ新型モデル情報2020年年内発売|東京オートサロン出展プロトタイプ

スバルはレヴォーグのプロトタイプを東京モーターショーで展示したのに続き、レヴォーグSTIスポーツのプロトタイプを東京オートサロンで発表しています。 エクステリアデザインはキープコンセプトといえるもの。”スバル最新のデザイン”となっており、フロントのダイナミックさとシャープさを併せ持つ造形がポイントです。 足回りにはスバ...

マツダRX-9新型モデル情報|予想価格800万円新開発SKYACTIV-Rロータリーエンジン搭載フラッグシップFRスポーツ

マツダRX-9新型モデル情報|予想価格800万円新開発SKYACTIV-Rロータリーエンジン搭載フラッグシップFRスポーツ

ロータリーエンジン搭載車種が”RX-9”として、正式に開発段階となっているとの予想情報です。 ロータリー搭載モデルは、2012年にマツダRX-8の生産終了で途絶えています。しかし、ロータリースポーツは、今でも根強い人気があるモデル。 グランツーリスモSPORT(PS4ゲームソフト)にもレースカーとしてMAZDA RX-...

カローラスポーツ一部改良2020年6月1日【It’s so COOL】特別仕様車G/HYBRID G“Style Package”価格216~284万円

カローラスポーツ一部改良2020年6月1日【It’s so COOL】特別仕様車G/HYBRID G“Style Package”価格216~284万円

トヨタはカローラスポーツG/HYBRID Gをベースにした特別仕様車を設定し、一部改良としてボディカラー新色を追加しています。 一部改良で追加したボディカラーのグレーメタリックと特別装備のブラック塗装16インチアルミの相性が良いですね。この特別仕様車を購入する理由がここにあると思います。 Zグレードの18インチ切削アル...

Return Top