新車発売情報

Read Article

ホンダ自動運転レベル3新型モデル情報2020”レジェンド”|センサー・レーダー追加1000万円級

スポンサードリンク


ホンダは限定された条件(この車種の場合では渋滞時の高速道路)において、自動運転を行うレベル3の機能を搭載した車種を2020年夏に登場させます。

レベル3の自動運転中にはドライバーがステアリングから手を離すことや、スマートフォンの使用やテレビの視聴も可能です。

ホンダ自動運転レベル3新型モデル情報2020”レジェンド”

ホンダの自動運転レベル3モデルの”車種”

ホンダの自動運転レベル3モデルの車種は事前記事において”レジェンド”と公表されています。

レジェンドはカーナビが標準装備。

トラフィックジャムアシストという渋滞時向けにアクセル・ブレーキ・ステアリング操作を支援する運転支援システムをすでに採用しており、このシステムの発展形となるでしょう。

また、自動運転レベル3のシステム自体には、HondaSENSINGとは異なる名称がつけられることが考えられます。

ホンダの”自動運転レベル3モデル”レジェンドの価格と外観

自動運転レベル3のレジェンドにはより多数のセンサーが搭載され、価格も現行の7,205,000円から10,000,000円程度まで跳ね上がるものとみられています。

変更が加えられる部分

フロントデザイン

レーダー・センサーの設置に伴う変化があるでしょう。

レジェンド

バンパー周り

自動運転である証を演出として表現します。

それ以外の面でエクステリアには大きな変化はないと思います。

ヘッドランプ・リアコンビネーションランプに変化はないと考えられます。

レジェンド

可能性は低いものの、デジタルドアミラーを搭載することもあるでしょう。

ホンダの”自動運転レベル3モデル”レジェンドのインテリア

ホンダの自動運転レベル3モデルレジェンドのインテリアに関しても、決定的な変化はないとみられます。

特にシート形状やシート生地に関しては変化がないとみていいでしょう。

レジェンド

ただ、フロントウィンドウ部のセンサー大型化が実施される可能性はあります。

また、マルチインフォメーションディスプレイの大型化を行い、渋滞の終了時の通達をより分かりやすくしたり、より操作性を向上させる方向性は考えられます。

レジェンド

ホンダの”自動運転レベル3モデル”レジェンドのメカニズム

レジェンド

自動運転に関わるテクノロジー以外は、完全にレジェンドと同等のものになるでしょう。

重量はセンサーやレーダーの追加により20kg程度重くなることが考えられます。

エンジンやモーターの出力を調節することはないはずです。

SH-AWDの3モーター式ハイブリッドシステムは継続して搭載されます。

レジェンド

ホンダ【自動運転レベル3モデル】の今後

レジェンド自体は2015年に販売を開始しており、2020年時点では5年が経過している車種となります。

歴代レジェンドは8年程度販売されたものもあります。

フルモデルチェンジまでの期間は、それほど短くないといえるでしょう。

国内の車種事情から、次に自動運転レベル3の機能を載せるモデルもレジェンドとなります。

コスト・性能面で改良を受けた次世代レジェンドを2代目自動運転レベル3搭載車に設定するでしょう。

海外仕様は、北米での展開はあっても販売規模の面から韓国仕様の展開は難しいと考えられます。

ホンダ【自動運転レベル3モデル】の車種展開

レジェンドの次に採用の可能性が高いのは、北米仕様の次世代アキュラTLX(北米仕様レジェンドの下位セダン・アキュラブランド)。

そして、アキュラMDX(北米の上級SUV)が挙げられます。

一方、国内車種の展開では300万円もの価格を上乗せできる車種が少ないので、クラリティシリーズ・アコードへの採用が考えられます。

これは、かなり先のことになるでしょう。

追伸情報

ホンダレジェンドモデル情報2018

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top