新車Labo

Read Article

レジェンド レベル3 2021年3月5日発売|価格1100万円Honda SENSING Elite搭載

ホンダはレベル3の自動運転機能をレジェンドに設定しました。

自動運転レベル3は、システム監視メインの条件つき自動運転になります。

その機能をになうのは「Honda SENSING Elite」

フロントカメラ2個と前後センサー10個で車両まわりの環境を360°認識。

レジェンド3

地図と衛星の情報をあわせて自車位置・道路状況を把握します。

さらに、車内はモニタリングカメラでドライバーの状態を把握しています。

これらすべての情報をもとに、認知・予測・判断をし、アクセル・ブレーキ・ステアリング制御。

運転操作が支援されます。

  • グレード名
  • エンジン
  • 駆動
  • トランスミッション
  • LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite
  • V6 3.5L直噴i-VTEC
  • SPORT HYBRID SH-AWD
  • 7速DCT


Honda SENSING Elite|ハンズオフ高度運転支援機能

ヒューマンエラーを起こす運転疲労・ストレス軽減が目的の機能です。

まだまだ自動運転レベルは、疲労軽減レベルともいいかえることもできる段階ですね。

トラフィックジャムパイロット

高速道路の渋滞時運転機能。

システムがドライバーがわりに運転操作をおこなえる機能です。

ハンズオフ機能

  • 車線内運転支援機能
  • 車線変更支援機能
  • 高度車線変更支援機能
  • 緊急時停車支援機能

緊急時停車支援機能とは

ドライバーがシステムの操作案内に応じ続けない状況になると、左車線へ車線変更。減速・ 停車も支援します。

【公式】Honda SENSING Elite特設サイト

価格|リース専用限定100台

1グレード

11,000,000円

デザイン

レジェンド4a

ノーマルとはフォグランプの違い程度におさまっています。

レジェンド

ノーマルモデルの情報はこちら

主な装備

  • ジュエルアイLEDヘッドライト

ボディーカラー全6色

  • マジェスティックブラックパール
  • プラチナホワイトパール
  • スーパープラチナメタリック
  • プレミアムディープロッソパール
  • モダンスティールメタリック
  • オブシダンブルーパール

内装

レジェンド1

ステアリングに自動運転操作スイッチ類が設定されています。

ノーマルタイプの内装とは、Honda SENSING Elite表示灯の有無の違い程度です。

Honda SENSING Elite表示灯は直感的に光の演出をします。

具体的にはステアリング・ナビ上部・グローブボックスで点灯・点滅しながらドライバーに情報をあたえます。

Honda SENSING Elite表示灯の点灯条件

ハンズオフ可能な状況:ステアリング表示灯⇒ブルー点灯

トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)作動時:他表示灯⇒ブルー点灯

システムによるドライバーへの操作要求:表示灯オレンジ点灯・点滅

これら切り替えによって注意喚起やサインをだす仕組みになっています。

ノーマルの内装

レジェンド

インテリアカラー

  • プレミアムブラック
  • ディープブラウン
  • シーコーストアイボリー

ホンダ自動運転レベル3レジェンドのパワートレイン

レジェンド

自動運転に関わるテクノロジー以外は完全にレジェンドと同等のもの

SH-AWDの3モーター式ハイブリッドシステム搭載。

レジェンド

レジェンドLabo

レジェンド次期情報

Return Top