デミオ2014モデルの評判

マツダデミオの口コミ情報

 

2014年9月にフルモデルチェンジを行って、新たにクリーンディーゼルターボエンジンを追加したマツダデミオ。

クリーンディーゼルターボの価格は178万円からと高めですが、燃料が軽油のため維持費が稼げ、さらにターボによる2500ccクラスのパワーを発揮する恩恵があるため人気です。

ガソリン車は1300ccのみで、13Sが売れ筋。

人気のディーゼル車は1500ccの設定でXDツーリングが売れ筋となっています。

マツダデミオの口コミや評判・評価はどのようなものか?

いつも通り、メリット・デメリットを交えて見ていきます。


スポンサードリンク

 

 

マツダデミオの口コミ情報

燃費、価格、サイズが他のクラスに比べ手頃なコンパクトカー

土地が狭い日本には合っている車で、各メーカー必ずしも日本向けの生産ではないものの、新型開発の競争がされ、ライバルは多いです。

デミオのライバルは、フィットやヴィッツ、ノートやスイフトなどであり、クリーンディーゼルターボにおいては、燃費やパワーの面でアクアもライバルとなり得るでしょう。

スカイアクティブ技術は、いまやハイブリッドを使わない燃費技術として注目されています。

 

しかし、スカイアクティブ技術が最も進化させたのは、デミオの走行性能や乗り心地

クリーンディーゼルターボエンジンの2500cc並みのパワーでグイグイ走り、ボディやサスペンションの剛性が高められたため、キュッと曲がるハンドリングや走行時の安定性があり、乗り心地は快適です。

つまり、乗り物としてのバランスが優れているクルマがマツダデミオです。

 

マツダデミオのメリット

上記の通り、これまでに発売されたコンパクトカーの中でも乗り心地の快適性が上位に位置します。

同メーカーのクルマに置き換えるなら、アクセラスポーツ並みの上質さを備えていると言えるでしょう。

コンパクトカーに乗った場合に感じるのは、コーナーを曲がる際のハンドリングや車体後部のもたつき具合なんですが、デミオはハンドリングの反応も良く、後輪の接地性に優れており、車体がしっかり曲がってくれます。

また、ディーゼルエンジンはストップ&ゴーが多い実用域における駆動力を重視するのですが、デミオのクリーンディーゼルターボエンジンは、高速走行時の高回転域でも気持ち良く回ってくれます。

総括してデミオは、快適な走りと乗り心地を楽しみたいドライバー向きのクルマと言えます。

 

マツダデミオのデメリット

ドライバーと助手席1名の乗車には向いているデミオですが、後席は天井が低くて、シートの着座位置が沈むため、大人が乗ると膝が極端に立ち、足元空間も狭いため居住性は悪いです。

天井の低さは荷室にも影響するので荷室空間は狭くなり、ついでにリアゲートの下部は高く作られていて、荷物の出し入れがしにくいです。

こういう点を考慮すると、デミオは2名乗車のドライブを楽しむためのクルマと割りきって購入を考えた方が賢明ですね。

 

デミオのおすすめグレードは?

1500ccディーゼルターボのXDツーリングです。

6速オートマで、価格は194万円弱。燃費は26.4km/L

前述の通り、パワーに優れ低燃費を実現しておりバランスがとれています。スポーティな走りと心地よい乗り心地を楽しむには向いているグレードです。

 

編集後記

オプションとして、衝突回避支援システム、死角からの車両接近や車線逸脱を知らせる危険回避支援システムが装備できるセーフティパッケージを付ければ、より快適で安全なドライブを楽しめるでしょう。

日本のクルマ社会は、漫画で見たような、事故の起こらない未来都市の姿に一歩ずつ近づいているように感じます。

スポンサードリンク