Read Article

新型ヤリス クロスオーバーSUV|ist後継&フィットクロス対抗|2020年初頭発売

トヨタヴィッツの後継車は、海外販売名であるヤリスという名称になる、という報道が多く見られるようになっていますね。

2020年頃には登場が予想される新型ヤリスに、クロスオーバーSUVモデルが追加されるとの報道もあります。

新型ヤリスの可能性があるスクープ画像は2種類出ました。アメリカ仕様であるマツダデミオベースの車が日本に入ってくる可能性はほぼ0と言えるでしょう。

ヤリス

新型ヤリス クロスオーバーSUVは、イストのような独立したモデルの可能性が高く、C-HRの立ち位置から考えると、かなりコンパクトなBセグメントモデルが誕生します。

スポンサードリンク

新型ヤリス クロスオーバー|SUV設定情報【ヤリスクロス?】

新型ヤリス クロスオーバーSUVのエクステリア

ヤリス

イストのような独立モデルであれば、C-HRにはない実用性を重視した方向性を目指すと考えられます。

例えるならば、スズキのXBEEやジムニーワイドのようなコンセプトです。


新型ヤリスクロスオーバーSUVがアクアクロスオーバーの手法だった場合、

フェンダーアーチを装着したり、フォグランプを取り付けたバンパーの変更や最低地上高の向上などでSUVテイストを演出するでしょう。

ヘッドランプなどはベースモデルと共通となります。

どちらのタイプであっても”5ドアハッチバック”であることは確定的で、グレードによってはルーフレールが装着可能となるでしょう。

新型ヤリス クロスオーバーSUVのボディカラー

新型ヤリスクロスオーバーSUVのボディカラーは、おそらくアクアクロスオーバーの色を参考にしたものとなるでしょう。

キャラクター的に鮮やかな色も用意されるかもしれません。

新型ヤリス クロスオーバーSUVのインテリア

新型ヤリスのクロスオーバーSUVのインテリアは、ベース車と大きな変化がないことが予想されます。

シートカラーやパネルなどの色変更が行われる程度となるでしょう。

場合によってはラゲージスペースの撥水加工、リアシートバックの撥水加工が施されるかもしれません。

インテリアスペースもそれなりに開放感が高まったものとなるでしょう。ちなみにサンルーフは装備されない可能性があります。

新型ヤリス クロスオーバーSUVのパワートレーン

新型ヤリスのクロスオーバーSUVには、ヤリスに4種類用意されるパワートレーンのうち、1.3Lガソリンと1.5Lハイブリッドが搭載されると考えられます。

1.0Lエンジンはキャラクター的に装備される可能性は低いでしょう。独立モデルとなった場合には、1.2Lターボエンジンを別に搭載する可能性も予想されています。

そして、現在このクラスのハイブリッドモデルには4WDが設定されていません。

しかし、トヨタの4WDはプリウスには搭載しているため、ヤリスにクロスオーバーSUVが登場すれば、4WDは設定されるでしょう。

場合によってはヒルディセントコントロールが搭載される可能性もあります。

新型ヤリス クロスオーバーSUVの先進安全装備

各種支援機能が追加され、より安全性能が進化・向上するでしょう。

新型ヤリス クロスオーバーSUVの価格

ヤリスベース+10万円程度、独立モデルならばヤリス+20万円前後が想定されます。

追伸情報

関連記事

「SUV」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top