新車発売情報Labo

Read Article

トヨタヤリスクロスオーバー2020年10月発売|予想価格220万円GA-Bプラットフォーム採用&レクサスコンパクトSUV共有

スポンサードリンク


トヨタはヤリスクロスオーバーを2020年10月追加予定。
C-HRの立ち位置から考えると、かなりコンパクトなBセグメントモデルが誕生します。

また、このプラットフォームを共有して、レクサスブランドでUXの下位にBセグメントSUVを設定します。

以下はヤリスの参照価格です。

ヤリス
  • X(FF/CVT)
  • G(FF/CVT)
  • Z(FF/CVT)
  • X(4WD/CVT)
  • G(4WD/CVT)
  • Z(4WD/CVT)
ハイブリッド
  • 1,998,000円
  • 2,130,000円
  • 2,295,000円
  • 2,241,000円
  • 2,338,000円
  • 2,493,000円
ヤリス
  • X(FF/6MT)
  • X(FF/CVT)
  • G(FF/6MT)
  • G(FF/CVT)
  • Z(FF/6MT)
  • Z(FF/CVT)
  • X(4WD/CVT)
  • G(4WD/CVT)
  • Z(4WD/CVT)
1.5Lガソリン
  • 1,543,000円
  • 1,598,000円
  • 1,701,000円
  • 1,756,000円
  • 1,871,000円
  • 1,926,000円
  • 1,831,000円
  • 1,954,000円
  • 2,124,000円

トヨタヤリスクロスオーバー2020

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 3940mm
  • 1695mm
  • 1500mm
  • 2550mm
  • 1100kg
  • 1.5L直3
  • 90ps
  • 14.5kgm

ヤリスと別モデルのクロスオーバーSUVとして仕上げられる?

ヤリスクロスオーバー

トヨタヤリスクロスオーバーはイストのような独立モデルとして登場。
C-HRにはない実用性を重視した方向性を目指すと考えられます。

C-HRとUXのように共有コンセプトで造られるため、”クロスオーバーっぽいパーツ”の装備では済ませないでしょう。

旧イストは、その先にTNGAプラットフォームの計画があり、古いままモデルチェンジに至ることはありませんでした。

今回のモデルチェンジで新開発GA-Bプラットフォームを採用したトヨタヤリスクロスオーバーが誕生します。
最新のスバル共同開発SUVデザインにもヒントがあるでしょう。

クロスオーバーEV4クロスオーバーEV5

ベースヤリスのリア状況

ヤリス0ヤリス2ヤリス

このままSUV仕様になると、かなり後席の居住性はきつい状況ですね。
新しさがなければ発売する意味はないので、後席の頭上を広げる仕様として開発していることを期待します。

【参照】ヤリスのボディカラー|12色

  1. 新色コーラルクリスタルシャイン
  2. 新色アイスピンクメタリック
2トーン|6色
  1. ブラックルーフ4種類
  2. ホワイトルーフ2種類

【ボディカラー】を選ぶ基準


トヨタヤリスクロスオーバーのベースヤリス内装

ヤリス10

トヨタヤリスクロスオーバーはベース車と”大きな変化”はないと思われます。
シートカラーやパネルの色・素材の変更で標準ヤリスと差別化されると予想されます。

オプション設定でラゲージスペースの撥水加工、リアシートバックの撥水加工が施される場合も考えられます。

トヨタヤリスクロスオーバーのインテリアスペースは、それなりに開放感が高まったものとなるでしょう。

サンルーフは装備されない可能性があります。

【参照】ヤリスの装備

  1. ディスプレイオーディオ
  2. ヘッドアップディスプレイ

カローラスポーツの内装より質感が落ちると思いきや、上級モデルであろう内装はそこまで変わらない質感ですね。

  1. ステアリング小径化
  2. ステアリング中央パッド小型化
  3. 2眼式メーターデジタル化
  4. フードレス双眼TFTメーター採用
  5. 西日でも表示読み取りしやすい
  6. ドアトリムに新素材フェルト採用
  7. イージーリターンシート採用
  8. ターンチルトシート採用
  9. ディスプレイオーディオ採用
  10. アクセサリーコンセント(ハイブリッドのみ)

トヨタヤリスクロスオーバーのパワートレイン

ヤリスに用意されるパワートレインの1.5Lハイブリッド搭載。1.5Lガソリンも搭載か?

【ハイブリッド】新開発1.5L+THSⅡ搭載

新開発M15A型エンジン+THSⅡ採用で、世界最高峰の燃費性能を実現します。

現在このクラスのハイブリッドモデルには4WDが設定されていません。

しかし、トヨタの4WDはプリウスには搭載しています。

トヨタヤリスクロスオーバーが登場すれば4WDが設定されるでしょう。

  • 出力/モーター
  • トルク/モーター
  • E-Fourリアモーター
  • FF燃費
  • 4WD燃費
  • 91/80ps
  • 12.2/14.4kgm
  • 5.3ps/5.3kgm
  • 35.4-36.0
  • 4WD車は30.2
【動画】ヤリスハイブリッドG プロトタイプ

【ガソリン】新開発1.5L

トヨタヤリスクロスオーバーには新開発1.5L直3ダイナミックフォースエンジン採用。

3気筒ガソリンエンジンは新開発となり、気筒数を削減することでより高い出力と環境性能を実現します。

  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • FF燃費
  • 4WD燃費
  • 120ps
  • 14.8kgm
  • 6速MT/CVT
  • 19.6-21.6
  • 19.2

トヨタヤリスクロスオーバーの先進安全装備Toyota Safety Sense

コンパクトカー初搭載機能

  1. レーダークルーズコントロール
  2. レーントレーシングアシスト

新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)

  1. 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能

その他コンパクト初機能

  1. 低速時加速抑制機能
  2. リヤクロストラフィックオートブレーキ
  3. ブラインドスポットモニター
Toyota Safety Senseの基本性能については以下にまとめています。

トヨタヤリスクロスオーバーLabo

レクサスコンパクトSUV|YARIS CROSSOVERとプラットフォーム共用

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com
Return Top