Read Article

スバルWRX S4 STIスポーツ|全ての所有欲を高次元で満たす|2018年9月発売予想

現在スバルにて販売されいる、WRX S4にも「STI Sports」グレードが設定され、2018年9月に発売されます。

それが「スバルWRX S4 STIスポーツ」です。

「STI Sports」とは、すでに「レヴォーグ」や「BRZ」に設定されているスポーツグレード。

今回、その「STI Sports」がWRX S4にも設定されることとなりました。

スバルWRX S4 STIスポーツの詳細は以下の通りです。

 

スポンサードリンク

 

エクステリアの特徴

【動画】WRX S4 STIスポーツ コンセプト

 

特徴的な装備

ダークグレーの色調に「STI」のロゴが赤く輝く専用のグリルに、

ブラックカラーで統一されていたドアミラー、リアスポイラー、ホイールキャップは

他の車とは一味違う「プレミアム感」を醸し出しています。

またリアトランクにも「STI」のエンブレムが装着されていることにより、

より一層の特別感が演出されています。

 

見た目はまさに「スポーツ」セダンという雰囲気です。

専用の外装が施されたこのモデルは

  • 「速く走ることを目的としている車」

であることが誰の目から見ても一目瞭然ですよね。

 

ボディサイズ

通常のWRX S4と同程度のサイズに収まるでしょう。

S4は全長×全幅×全高は4595mm×1795mm×1475mmで、

ホイールベースは2650mmとなっています。

 

 

インテリア

同じ動画ですが「インテリアから再生スタート」します。

 

全体的な雰囲気

スポーツカーのコクピットにふさわしいデザインですね。

その雰囲気を演出しているのは、ご覧のように標準装備とされている

  • レカロシート(ボルドー/カーボン調ブラック)

に加え、至る所に「レッドステッチ」が施されたセンターコンソールやシフトレバーによるもの。

 

もちろん専用のステアリングは専用の本革仕様です。

これらにより、従来のS4よりも

更に上質なプレミアム感を表現できていますね。

 

 

搭載エンジン

詳細は発表されていませんが、従来のS4と同じエンジン水平対向エンジン搭載でしょう。

S4に搭載されているのは、2.0L DOHC 直噴ターボ”DIT”で

シリンダー内に直接ガソリンを噴射することにより、圧縮比の高さと吸気量の増大を実現しており、

  • 最高出力:300ps(5600rpm)
  • 最大トルク:40.8kgf・m(2000-4800rpm)

と高いスペックを実現しています。

 

再び同じ動画ですが「エンジンルーム」から再生スタートします。

 

 

走行性能

剛性が向上されたギアボックスにより、ドライバーの意のままに操れる操縦性と、

乗るものに120%の満足感を与える乗り心地を実現しています。

さらに、上記のダークグレーの18インチアルミホイルに、

ビルシュタイン製の電子制御可変ダンパー、ダンプマチック2を装着することにより、

上質な走行性能に磨きをかけています。

 

 

価格

合計で400万円を下回り、379万円となります。

 

 

安全装備

現時点では詳細は発表されておりませんが、昨今のスバルの傾向からすると、

アイサイトが搭載される可能性も十分あり得ます。

搭載のエンジンなど、詳細は発表されていないので今後の続報を待ちたいところです。

 

ですが、従来のWRX S4から更にスポーティさに磨きがかかったこのモデルは、

あらゆる所有者のニーズを高レベルで実現してくれる

満足度の高いモデルであることは間違いないでしょう。

 

 

追伸情報

関連記事

 

Return Top