Read Article

ハイゼットカーゴ 一部改良|MTにスマートアシストⅢ搭載|2018年12月10日発売

ダイハツは軽商用車「ハイゼットカーゴ」を一部改良して
MT(5速)にスマートアシストⅢ搭載。

価格帯は934200円~1495800円。

 

スポンサードリンク

 

衝突回避支援スマートアシストⅢ|5速MT車に設定

  1. 衝突回避支援ブレーキ機能:歩行者も検知対象
  2. オートハイビーム:ハイロービーム自動切り替え(夜間走行時の視界確保サポート)
  3. リアコーナーセンサー:左右後方の障害物検知/警告音通知
  4. エマージェンシーストップシグナル:強ブレーキ時、ブレーキランプ&ハザードランプ点滅/急減速を後続車伝える

機能を装備して、これまで軽く見られていた
商用車の安全性も高めています。

 

 

特装車デッキバンMTもスマートアシストⅢ搭載

デッキバン|価格帯

  • 1274400円~1274400円
  • 搭載なし:1209600円~1409400円

 

 

 

【2017年11月13日】ハイゼットカーゴ マイナーチェンジ|スマアシⅢ搭載

ダイハツ・ハイゼットカーゴ/アトレーワゴンのマイナーチェンジが、
2017年11月に実施されます。

現行は、スズキのジムニーのように10年以上改良続きで、

ユーザーからはモデルチェンジを期待されていますが、
今回もマイナーチェンジにて実施です。

 

しかし、最近の各社の改良は、外観を大きく変更したり、
安全性能のアップデートにより

フルモデルチェンジ並みの手直しをする傾向があるので、

今回の改良は、現行ハイゼットカーゴ/アトレーからの
乗り換えを検討ユーザーであれば期待できる内容になりそうです。

ハイゼット アトレーワゴン

ハイゼットカーゴ/アトレーワゴンのマイナーチェンジ情報

  • スマアシⅢ搭載で自動ブレーキ機能を追加
  • フロントマスクをムーヴルックに変更し外観と機能をブラッシュアップ
  • 少しでも燃費向上して目新しさを提供する改良実施

ハイゼットカーゴ/アトレーワゴンの発売予定日は、
ともに2017年11月13日です。

スマートアシストⅢ搭載メインの改良となるでしょう。
ハイゼットトラックも同時にマイナーチェンジを実施予定。

 

ハイゼットカーゴのマイナーチェンジ改良内容

  1. スマートアシストⅢを選択可能に
  2. ブラック内装採用
  3. デッキバンのMT廃止
  4. アイドリングストップと電動パワステ標準装備
  5. 全車ABSとEBD標準装備

ハイゼットカーゴ/アトレーワゴン1ハイゼットカーゴ/アトレーワゴン2

 

アトレーワゴンのマイナーチェンジ改良内容

  1. スマートアシストⅢ標準装備
  2. ブラック内装採用
  3. 中間グレード廃止
  4. 内外装一新
  5. ボディカラー変更
  6. LEDヘッドライト採用
  7. パーキングブレーキをハンドブレーキに変更

ハイゼットカーゴ/アトレーワゴン4 (2)ハイゼットカーゴ/アトレーワゴン4 (1)

 

ハイゼットカーゴ/アトレーワゴンにスマートアシストⅢ搭載

ハイゼットカーゴにスマートアシストⅢ搭載。

これまでレーザー+単眼カメラ(対車両)だったものを、
ステレオカメラで対歩行者まで補う安全装備に。

進化したスマートアシストⅢの機能

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • オートハイビーム

 

衝突警報機能(対車両・対歩行者)衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

車両と歩行者に両方への接近に気づく機能。
警報を鳴らしドライバーに情報をアシストします。

衝突回避支援ブレーキ機能は、止まるをアシストする機能。

クルマ自身が、

  • 弱いブレーキ(事前ブレーキ)
  • ブレーキアシスト(クルマ+ドライバー)
  • 強いブレーキ(緊急ブレーキ)

を判断してアシストする自動ブレーキ機能です。

 

車線逸脱警報機能

ステレオカメラが車線を認識。

ウィンカー操作なしで車線から逸脱しそうな時、
ドライバーに警告し情報アシスト。

逸脱の回避を促します。

 

誤発進抑制制御機能(前方/後方)

ステレオカメラが前方4メートルに障害物を
検知していてアクセルを強く踏んだ場合に、

急発進しないようエンジン出力を制御(前方)。

後方は、ソナーセンサーが壁などの障害物を検知し
シフトをバック(R)に入れ、

アクセルを踏み込んだ場合に急発進を抑制。

 

先行車発進お知らせ機能

信号待ちで先行車が発進しているのに気づかなかった場合に
ブザーと表示でお知らせする機能。

 

オートハイビーム

車速25キロ以上で走行中、
前方の明るさ(対向車のヘッドランプ)を検知すると
自動でハイ/ロービームを切り換えてくれる機能。

夜間、視界の開けた河沿いなどのドライブ時に役立ちます。
軽乗用車と同じ機能を搭載します。

 

また、スマートアシストⅢを搭載できるグレードはATのみ。
オプション価格は60000円です。

 

アトレーワゴンのボディカラー変更

ハイゼットトラックのように
カラーラインナップを8色に充実させる変更を実施。

アトレーワゴンはすでに前回のマイナーチェンジにより
3色追加し、7色をラインナップしました。

 

現行アトレーワゴンのボディカラー

  1. トニコオレンジメタリック
  2. アーバンナイトブルークリスタルメタリック
  3. タングステングレーメタリック
  4. パールホワイトⅢ
  5. ホワイト
  6. ブライトシルバーメタリック
  7. ブラックマイカメタリック

と7色で充実していますが、

明るめのカラーを追加し
暗い色を廃止する可能性があります。

 

一方で、最大にカラーが充実する
ハイゼットトラックのボディカラーは

  1. トニコオレンジメタリック
  2. ライトローズマイカメタリック
  3. ミストブルーマイカメタリック
  4. オフビートカーキメタリック
  5. アーバンナイトブルークリスタルメタリック
  6. ブラックマイカメタリック
  7. ブライトシルバーメタリック
  8. ホワイト

となっています。

アトレーはこのラインナップに近づけるでしょう。

ちなみに、現行ハイゼットカーゴのボディカラーは、

  1. ホワイト
  2. ブラックマイカメタリック
  3. ブライトシルバーメタリック
  4. パールホワイトⅢ

と地味カラーを4色設定。

 

 

追伸情報

関連記事

「商用車」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://twitter.com/miraeskoni
引用元:https://twitter.com/tanakee_L512S
引用元:https://twitter.com/tanakee_L512S

Return Top