Read Article

スズキ新型ジムニーシエラ|ベーシックグレード176万円|2018年7月5日発売

新型ジムニーシエラ(乗用車)は、2018年7月5日発売。(軽ジムニーと同時)

20年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

ベースとなる軽自動車のジムニー

 

新型ジムニーシエラのパワーユニットは「1.5L/102ps」搭載。

トランスミッションは、4AT/5MT予想。

安全装備は「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備します。

内部構造には、強度と耐久性を向上する最新型ラダーフレームを採用。

新型ジムニーシエラ|モデルチェンジ情報

  • エンジン:1.5L
  • レトロなスタイル・2トーンデザイン
  • 最新型ラダーフレーム構造採用
  • タイヤサイズ:15インチ
  • マルチメディアシステムの大きなタッチスクリーンディスプレイ搭載
  • 「デュアルセンサーブレーキサポート」を標準装備(JC)
  • 価格:176万400円~206万2800円

 

スポンサードリンク

 

価格

JL
1,760,400円(MT)
1,857,600円(AT)

JC
1,922,400円(MT)
2,062,800円円(AT)

  • 全グレード:5速MT/4速AT採用
  • 駆動方式:4WD

 

 

エクステリア

大きく張り出したフェンダーが特徴のジムニーシエラ。

ジムニー5引用元:頑張れ!三菱自動車応援ブログ

New 2019 Suzuki JimnyAll New Suzuki Jimny引用元:https://www.carscoops.com

シエラ引用元:https://response.jp

新型ジムニーシエラのエクステリアは、

大型フェンダーのスクエアを基調にしたフォルムで

メルセデスのGクラス似の迫力を持たせます。

 

ボディサイズ
  • 全長:3620mm
  • 全幅:1600mm
  • 全高:1700mm

 

これカッコいい。

幌ボディ(ソフトトップ)仕様|インド情報

ソフトトップ引用元:http://indianautosblog.com

このような仕様にすると、コンパクトカーのジムニーシエラが

「メルセデス・Gクラス」の趣(おもむき)を醸しますね。

 

また、4ドアに加工した画像で楽しませてくれるインスタグラマーも登場。

 

ボディカラー|全9色

モノトーン|9色

  • キネティックイエロー
  • シフォンアイボリーメタリック
  • ブリスクブルーメタリック(※XC・XLに設定)
  • ミディアムグレー(※XC・XLに設定)
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • ジャングルグリーン
  • シルキーシルバーメタリック
  • ピュアホワイトパール(※JCに設定)
  • スペリアホワイト(※JLに設定)

2トーン|3色

  • キネティックイエロー × ブラック2トーンルーフ
  • シフォンアイボリーメタリック × ブラック2トーンルーフ
  • ブリスクブルーメタリック × ブラック2トーンルーフ

 

ラダーフレーム構造採用

Suzuki Jimny引用元:https://www.carscoops.com

はしご状の独立フレームを継続して使用。

重量は出ますが、かなりの頑丈さで悪路走破性能を発揮。

フレームサイドをクロスメンバーで補強して、

衝撃を吸収しながら高い走行性能を見せます。

重量増加が予想されますが、増加分の重量は

ボディの軽量化によって対応するようです。スズキの基本ですよね。

安全性は落ちる気がしますけど。

その安全性の不安を、デュアルカメラブレーキサポート搭載で

補完するといった扱いになるでしょう。

 

 

内装は最新機能を満載して、黒基調の質感高いインテリアを採用。

インテリア

ジムニー

インテリア引用元:https://twitter.com/

運転席と助手席の間には「4WD切り替えレバー」設置。

 

 

この内外装を動かす搭載エンジンは以下になります。

搭載エンジン

新型ジムニーシエラは、1.5Lエンジンを搭載します。

また、1.0Lターボ(112ps)、または、1.3L NAエンジン(1.3L直列4気筒デュアルジェット)を

ラインナップするという情報もあります。

 

この情報をスペックにまとめると。

スペック

全長:3620mm
全幅:1600mm
全高:1700mm
ホイールベース:2360mm
エンジン:1.5L+マイルドハイブリッド?
最大出力:?ps/?rpm
最大トルク:?kgm/?rpm
モーター最大出力:?ps/?rpm
モーター最大トルク:?kgm/?rpm
トランスミッション:4AT/5MT?
駆動:4WD

 

 

走破性を求められる新型ジムニーシエラに

4WDの新機能を追加します。

ローレンジAllgrip Pro 4×4搭載

ローレンジとは?|4WDの駆動走破性をアップする機能

トランスミッション変速段数を「2倍」にする副変速機。

通常の変速比(1:1)を「ハイ」レンジとして、

より低い減速比(1:2~3)の「ロー」レンジを設定しています。

このミッションと副変速機の組み合わせにより、

ロー1速 ⇒ ロー2速 ⇒ ハイ1速 ⇒ ハイ2速 ⇒という変速を行います。

 

ローレンジの使用目的

主にローレンジ機能を使う場面は、

路面状況によるトラブルへの対応です。

例えば、雪道・砂浜・泥道でタイヤが埋まってしまい

空転を起こした場合など、

アクセルを踏み込んでもクルマが前に進まない状況で

ゆっくりタイヤを動かして脱出を試みる場面です。

 

一方のオールグリップはどのような機能でしょうか?

Allgrip Pro 4×4とは?

「グリップが失われない」ように車両を制御する4WDコントロールシステムです。

適切なモードを選択することで、

ドライバーが望む通りに走行することができます。

道路状況によって4つのモードを選択することで

  • 運転する楽しみ・安心
  • 燃費改善

を実現することができます。

 

4機能の働きがよくわかる動画を載せておきます。

【動画】オートモード

【動画】スポーツモード

【動画】スノーモード

【動画】ロックモード

 

 

新型ジムニーシエラは、ついに予防安全機能を搭載します。

デュアルセンサーブレーキサポート搭載

デュアルセンサーブレーキサポート引用元:https://www.carscoops.com

主な機能は下記が用意されます。

  • 前方衝突警報機能
  • 前方衝突警報ブレーキ機能
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

 

ワゴンR・スペーシアが先行搭載しています。

単眼カメラ+レーザーレーダーのデュアルセンサーブレーキサポートは、

「2種類のセンサー」で前方を検知するシステムです。

 

レーザーレーダーは、近距離や夜間の検知に優れ、

単眼カメラは、中・長距離に強く、歩行者も認識します。

 

ワゴンR・スペーシアの予防安全機能を比較すると

最新型のスペーシアには「後退時ブレーキサポート」が追加されていて

  • 「後方誤発進抑制機能」
  • 「標識認識機能」

が採用されている点で、より優れています。

 

この最新機能を搭載したデュアルセンサーブレーキサポートを

新型ジムニーシエラにも採用します。

 

これら各機能の作動条件は以下です。

前方衝突警報機能

走行中、単眼力メラとレーザーレーダーが前方の車両や歩行者を検知。

衝突の可能性があるとシステムが判断すると、

ブザー音とメーター内の表示によって警報を発します。

【作動条件1】

自車速度約15キロ〜約100キロ(対象が歩行者の場合は約15キロ~60キロ)で走行中。

【作動条件2】

自車から見た前方車両または歩行者との相対速度が約15キロ以上。

 

前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能

前方の車両や歩行者との衝突の可能性が高いとシステムが判断し、

ドライバーがブレーキペダルを踏むと、

ブレーキアシストが作動して、ブレーキ制動力を高めます。

【作動条件1】

自車速度約15キロ〜約80キロ(対象が歩行者の場合は約15キロ~約60キロ)

【作動条件2】

自車から見た前方車両または歩行者との相対速度が約15キロ以上。

 

自動ブレーキ機能

このままでは衝突が避けられないとシステムが判断した場合に、

自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

【作動条件1】

自車速度約5キロ〜約100キロ(対象が歩行者の場合は約5キロ〜約60キロ)で走行中。

【作動条件2】

自車から見た前方車両または歩行者との相対速度が約5キロ以上。

 

誤発進抑制機能

シフトを「D」「M」の位置に入れて停車、

または徐行中(約10キロ以下)に、前方約4m以内の障害物を認識。

誤ってアクセルを強く踏むと、エンジン出力を最長約5秒間制御して

急発進・急加速を抑制すると同時に、

ブザー音とメーター内の表示・表示灯によって警報。

駐車場などでの操作ミスによる衝突回避に貢献します。

 

車線逸脱警報機能

約60キロ~約100キロで走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。

前方不注意などで車線をはみ出すと判断した場合、

ブザー音とメーター内の表示・表示灯によって警報を発し、

ドライバーに注意を促します。

 

ふらつき警報機能

約60キロ~約100キロで走行中、

車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。

運転の疲れなどで車両が蛇行し、システムが「ふらつき」と判断した場合、

ブザー音とメーター内の表示・表示灯によって

警報を発し、ドライバーに注意を促します。

 

先行車発進お知らせ機能

シフトが「D」「N」「M」の位置でブレーキ操作をして停車中、

先行車が発進すると自車との距離を計測。

先行車が約5m以上離れても、自車が停車し続けた時に、

ブザー音とメーター内の表示によって、ドライバーに先行車の発進をお知らせします。

 

 

参考として、スズキ各モデルの予防安全機能「搭載モデル」を掲載します。

ブレーキサポート採用モデル|2017年12月現在

デュアル「カメラ」ブレーキサポート

ステレオカメラ(旧型)

  • ハスラー
  • ソリオ
  • イグニス

デュアル「センサー」ブレーキサポート

単眼カメラ+レーザーレーダー 一体型ユニット

  • スペーシア
  • ワゴンR
  • スイフト
  • 新型ジムニー
  • 新型ジムニーシエラ

 

 

追伸情報

関連記事

【動画】ジムニーシエラ|走行シーン

 

Return Top