自動運転

Tagged
新型プリウスEV 2023年末以降?に期待|PHEVの次は電気自動車でフルラインナップ?

新型プリウスEV 2023年末以降?に期待|PHEVの次は電気自動車でフルラインナップ?

プリウスのEVモデルは2022年登場? プリウスEVを2023年末以降?投入を目指して開発と期待されています。 ソリッドステートバッテリー搭載 このバッテリーは全固体電池のことです。 メリットとして 安全性の向上や容量増加 充電時間の短縮 などが期待できる優れたバッテリーとなります。   アクアにバイポーラニ...
新型スカイライン2024年に期待|e-POWER&クロスオーバー予想は日産勢に受け入れられる?

新型スカイライン2024年に期待|e-POWER&クロスオーバー予想は日産勢に受け入れられる?

新型スカイラインは2022年? スカイラインはいつ新型?最新情報を知りたい。 新型スカイラインは電動化され2024年登場が期待されています。   4ドアセダン開発は進んでいる? 開発が進んでいても インフィニティQ50の話という可能性もあるようです。 ここにはクロスオーバーも含まれています。   ま...
新型エルグランド2023年春に期待|日産ミニバン派が登場を待ちわびるフル機能搭載モデル

新型エルグランド2023年春に期待|日産ミニバン派が登場を待ちわびるフル機能搭載モデル

新型エルグランドの予定やフルモデルチェンジ予定は? 登場時期が知りたい。 新型エルグランドは2023年春登場の予想が出ています。   この未来を裏づけるかのように エルグランドは2020年9月、突然のマイナーチェンジを実施しました。   次期エルグランド継続が濃厚になっています。   アル...
【ITSコネクト】道路とクルマ&クルマとクルマをつなぐ通信インフラシステム

【ITSコネクト】道路とクルマ&クルマとクルマをつなぐ通信インフラシステム

ITSコネクトは、予防安全装備を”車同士”で直接通信するもの。 道路と道路側に設置された通信インフラと車との通信によってサポートし、より安全な運転を目指すものとなっています。 トヨタではITSコネクトを”オプション”として搭載。現在、搭載車種はプリウス/プリウスPHV/クラウン/アルファード/ヴェルファイアとなっていま...
【Honda SENSING】セダンから軽自動車まで幅広く搭載されるホンダ安全運転支援システム

【Honda SENSING】セダンから軽自動車まで幅広く搭載されるホンダ安全運転支援システム

Honda SENSINGとは、ホンダ車の予防安全装備パッケージのことです。 軽自動車ではN-BOXやN-VANに搭載。 登録車ではNSXやシビックタイプRを除いたほとんどの車種に搭載グレードが用意されています。 Honda SENSINGの機能 衝突軽減ブレーキ アダプティブクルーズコントロール 車線維持支援システム...
【Honda CONNECT】2020年搭載コネクトシステム

【Honda CONNECT】2020年搭載コネクトシステム

Honda CONNECTとは2020年2月に登場予定の新型フィットで日本初、 ついでアコードに採用される”ホンダ車専用車載通信モジュール”の総称となっています。 そのため、”サービスの総称ではない”という点は注意したほうが良いでしょう。 なお、海外向け車種ではインドネシアBR-Vで先駆けて導入されています。 今後搭載...
”高齢ドライバー”の年齢はいくつから?|社会で対応している安全対策とは

”高齢ドライバー”の年齢はいくつから?|社会で対応している安全対策とは

高齢者の運転による交通事故が話題になっています。 しかし、運転者の免許更新に高齢者講習が必要になるのは70歳から。 75歳からは高齢者講習に加えて、 認知機能検査という記憶力や判断力を審査する検査の通過が免許更新に必要になります。 結論として、【高齢ドライバー】の定義は少なくとも”70歳以上”からとみてよいでしょう。 ...