自動運転 | 新車発売情報

Tagged
日産フーガ新車2022年12月に期待|EVモデルで10年越しのフルモデルチェンジ

日産フーガ新車2022年12月に期待|EVモデルで10年越しのフルモデルチェンジ

新型フーガはEVモデルとなり2022年12月登場が期待されています。 海外版インフィニティQ80をベンツとプラットフォーム共用し、日本市場にも展開。 パワートレイン候補は多岐に渡り、EV化が期待されています。 もし、EV化しない場合のエンジンは、北米スカイラインに搭載するVC-T(2.0Lターボ)エンジンほか、多彩な候...
新型スカイライン2024年に期待|インフィニティQ50に終わる可能性もあり

新型スカイライン2024年に期待|インフィニティQ50に終わる可能性もあり

新型スカイラインは電動化され、2024年登場が期待されています。 4ドアセダン開発は進んでいるようです。 しかし、このモデルはインフィニティQ50である可能性もあります。 日産は2023年までに10種モデルを投入する計画ですが、そこにスカイラインは含まれていないようです。 現行スカイラインは、2019年9月に内外装変更...
プリウスEV新車2022年に期待|プリウスPHVベース全固体電池搭載電気自動車

プリウスEV新車2022年に期待|プリウスPHVベース全固体電池搭載電気自動車

トヨタは現行プリウスPHVをベースに、プリウスEVを2022年目標で開発しているとうわさされています。 ソリッドステートバッテリー(全固体電池)を搭載するプリウスEVは、1997年に登場した初代プリウスに匹敵する程の衝撃を車業界に与える車になる可能性が高いです。 世界中に電気自動車が普及するきっかけになることも考えられ...
ITSコネクトとは|道路とクルマ&クルマとクルマをつなぐ通信インフラシステム

ITSコネクトとは|道路とクルマ&クルマとクルマをつなぐ通信インフラシステム

ITSコネクトは、予防安全装備を”車同士”で直接通信するもの。 道路と道路側に設置された通信インフラと車との通信によってサポートし、より安全な運転を目指すものとなっています。 トヨタではITSコネクトを”オプション”として搭載。現在、搭載車種はプリウス/プリウスPHV/クラウン/アルファード/ヴェルファイアとなっていま...
Honda SENSINGとは|セダンから軽自動車まで幅広く搭載されるホンダ安全運転支援システム

Honda SENSINGとは|セダンから軽自動車まで幅広く搭載されるホンダ安全運転支援システム

Honda SENSINGとは、ホンダ車の予防安全装備パッケージのことです。 軽自動車ではN-BOXやN-VANに搭載。 登録車ではNSXやシビックタイプRを除いたほとんどの車種に搭載グレードが用意されています。 Honda SENSINGの機能 衝突軽減ブレーキ アダプティブクルーズコントロール 車線維持支援システム...
Honda CONNECTとは|2020年発売ホンダ新型モデルに搭載されるコネクトシステム

Honda CONNECTとは|2020年発売ホンダ新型モデルに搭載されるコネクトシステム

Honda CONNECTとは2020年2月に登場予定の新型フィットで日本初、 ついでアコードに採用される”ホンダ車専用車載通信モジュール”の総称となっています。 そのため、”サービスの総称ではない”という点は注意したほうが良いでしょう。 なお、海外向け車種ではインドネシアBR-Vで先駆けて導入されています。 今後搭載...
”高齢ドライバー”の年齢はいくつから?|社会で対応している安全対策とは

”高齢ドライバー”の年齢はいくつから?|社会で対応している安全対策とは

高齢者の運転による交通事故が話題になっています。 しかし、運転者の免許更新に高齢者講習が必要になるのは70歳から。 75歳からは高齢者講習に加えて、 認知機能検査という記憶力や判断力を審査する検査の通過が免許更新に必要になります。 結論として、【高齢ドライバー】の定義は少なくとも”70歳以上”からとみてよいでしょう。 ...
日産インテリジェントモビリティとは|インテリジェントドライビング/パワー/インテグレーションの総称

日産インテリジェントモビリティとは|インテリジェントドライビング/パワー/インテグレーションの総称

日産インテリジェントモビリティとは、日産自動車の未来への取り組みの総称です。 もっと自信を持てるドライビングを目指すインテリジェントドライビング もっと走りの快感を追及するインテリジェントパワー もっと繋がる便利を目指すインテリジェントインテグレーション 上記を軸としています。具体的なテクノロジーは 自動運転化技術に含...
NissanConnectとは|必要となる料金やアプリサービス対象ナビの対応車種と機能紹介

NissanConnectとは|必要となる料金やアプリサービス対象ナビの対応車種と機能紹介

NissanConnectとは日産の乗用車に搭載されるコネクト機能。 自動車の位置情報を通知する機能 ドライブをより快適にするための案内 異常事態の通知や把握 上記機能が用意されています。 基本的にスマートフォンとの連携が必要なサービスで、車外への通知はスマートフォンを通じて行われます。 【お知らせ】「 #日産リーフ ...
認知機能検査とは|高齢者の運転免許証更新で必要な高齢ドライバーの高齢者講習

認知機能検査とは|高齢者の運転免許証更新で必要な高齢ドライバーの高齢者講習

認知機能検査は高齢ドライバーに向けて行われるもので、 運転免許の更新期間満了日時点の年齢が75歳以上のドライバーが受けなければいけないものとなります。 対象者には免許更新期間・満了日の6日前までに警察から高齢者講習の通知とともにお知らせが届きます。 なお、”臨時認知機能検査”というものも存在しており、こちらは75歳以上...
プロパイロット2.0とは|2019年に販売する日産の運転支援テクノロジー

プロパイロット2.0とは|2019年に販売する日産の運転支援テクノロジー

日産は2019年秋にマイナーチェンジしたスカイラインに 新たな運転支援技術であるプロパイロット2.0搭載タイプを設定。 このプロパイロット2.0は、高速道路での同一車線内でハンドルに触れることなく操作できるもの。 従来のプロパイロットのハンドル操作支援機能をさらに発展させたものとなっています。 プロパイロット2.0は純...
スバル予防安全システムEyeSightとは|Ver.4搭載次期モデル&最新機能予想

スバル予防安全システムEyeSightとは|Ver.4搭載次期モデル&最新機能予想

スバル車に搭載されるEyeSight(アイサイト)は衝突被害軽減ブレーキを含む予防安全装備。 スバルと日立製作所・日立オートモディブシステムズが開発した衝突被害軽減ブレーキです。 車内前方に設置されたステレオカメラにより前方を監視します。 障害物を三次元に認識し、自動ブレーキ制御を行う運転支援システム。 普及車種に早い...