日産新型 | 新車発売情報

Tagged

日産新型コンパクトミニバン2022年6月に期待|ノートスライドドアe-POWER

日産新型コンパクトミニバンは2022年6月登場が期待されています。 このモデルは両側スライドドア機能をもつノート派生モデルとして誕生します。 機能性ではファミリー層に人気だったラフェスタ(マツダプレマシー)をダウンサイズして e-POWERを載せたモデルといってもいいのかもしれません。 新型ノート派生コンパクトミニバン...

新型GT-R R36型2023年初めに期待|現行ベースマイナーチェンジ次期型

GT-Rは2023年にビッグマイナーチェンジを受け、 R36型として新型ガソリン車として登場に期待がかかっています。 (以前はマイルドハイブリッド化の情報でした) これがガソリン車で登場。 【2023年初め】新型GT-R R36型登場【ガソリン】 予想価格 外観も大幅に変更実施予定。 Zのように過去型の要素を採り入れる...
日産アリア新車2021年冬に期待|66kWh/91kWhバッテリー仕様

日産アリア新車2021年冬に期待|66kWh/91kWhバッテリー仕様

2020年7月発表。2021年冬登場が期待されています。 アリアリミテッド価格 ~ CMは1年も前から、すでに何度も目にしていますね。 力の入れようが半端ではなく、年間のCM費がとんでもなさそうです。 日産のCM戦略はメーカーで群を抜く巧さがありますし、クルマを売るビジネスモデルもピカイチです。 低金利で「月々○○円」...
日産フーガ新車2022年12月に期待|EVモデルで10年越しのフルモデルチェンジ

日産フーガ新車2022年12月に期待|EVモデルで10年越しのフルモデルチェンジ

新型フーガはEVモデルとなり2022年12月登場が期待されています。 海外版インフィニティQ80をベンツとプラットフォーム共用し、日本市場にも展開。 パワートレイン候補は多岐に渡り、EV化が期待されています。 もし、EV化しない場合のエンジンは、北米スカイラインに搭載するVC-T(2.0Lターボ)エンジンほか、多彩な候...
日産IMQ新型2023年に期待|VCターボe-POWER SUV&モーター340ps/71.4kgm

日産IMQ新型2023年に期待|VCターボe-POWER SUV&モーター340ps/71.4kgm

日産e-POWER SUV IMQは2023年登場が期待されています。 このモデルはIMQコンセプトの市販モデル。 1.5L直3ターボエンジンを発電専用に使います。 前後1モーターずつで4輪駆動するe-POWER搭載・新型アーバンクロスオーバーです。 コンセプトの似るアリアはピュアEV。 日産IMQは未来の道を走る「未...
シルフィEV新車2022年12月に期待|ミドルサイズ4ドアセダン&リーフシステム搭載

シルフィEV新車2022年12月に期待|ミドルサイズ4ドアセダン&リーフシステム搭載

シルフィセダンはEVとして2022年12月登場が期待されています。 「日本にはシルフィを導入しないのか?」と望まれており、2022年、電気自動車として日本市場投入が期待されています。 日産は中国で開催された上海モーターショー2019で新型シルフィをワールドプレミア。 このモデルをメイン市場の中国で発売しています。 シル...
新型スカイライン2024年に期待|インフィニティQ50に終わる可能性もあり

新型スカイライン2024年に期待|インフィニティQ50に終わる可能性もあり

新型スカイラインは電動化され、2024年登場が期待されています。 4ドアセダン開発は進んでいるようです。 しかし、このモデルはインフィニティQ50である可能性もあります。 日産は2023年までに10種モデルを投入する計画ですが、そこにスカイラインは含まれていないようです。 現行スカイラインは、2019年9月に内外装変更...
日産ノートオーラ新車2021年9月に期待|上位プレミアム&ノートベース全長幅延長モデル

日産ノートオーラ新車2021年9月に期待|上位プレミアム&ノートベース全長幅延長モデル

新型ノートオーラは2021年9月登場が期待されています。 土台はノートのものを使用して、ボディシェルを拡大する上級モデルです。 ノートは現在2WDのみの設定で200万円台に収まっており、のちに4WD・オーテックを設定する予定です。 新型ノートオーラは2WD・4WD・オーテックすべて揃えて販売が開始されます。 予想価格 ...