Read Article

Toyotaヴィッツ 一部改良|Toyota Safety Sense搭載|2018年5月31日発売

トヨタは、ヴィッツを一部改良し、2018年5月31日に発売。今回の改良のポイントは「第2世代Toyota Safety Sense搭載」となります。

トヨタは2018年中に、次世代・予防安全技術を市販車に搭載して発売する計画。第2世代Toyota Safety Senseの普及は、簡潔に言えば「Toyota Safety Sense P」の機能を向上し、全車標準装備していく流れになります。

ヴィッツ|一部改良情報

  • 第2世代Toyota Safety Sense採用
  • 価格(ガソリン):118万1520円~194万1840円
  • 価格(ハイブリッド):181万9800円~222万6960円

 

スポンサードリンク

 

第2世代Toyota Safety Sense採用

詳細は上の記事に載せていますが、昼間に自転車を検知・歩行者に夜間対応します。
また、インテリジェントクリアランスソナー機能を装備してサポカーSワイド適合を果たします。

どのメーカーも、予防安全性能の向上に追われている印象ですね。

 

 

 

【2017年1月12日】ヴィッツハイブリッド追加

トヨタのヴィッツに、いよいよ「ハイブリッドを搭載」します。欧州ヤリスデザイン採用。

ヴィッツハイブリッド|追加概要

  • インパクトあるデザインで登場
  • システムは「アクア」と同等のものを採用
  • アクアよりも「低価格」を実現
  • 2016年を代表するライバルたちの存在
  • 同社で低価格を競う2BOXトールワゴンの存在

 

ヴィッツハイブリッド|デザイン

ヴィッツハイブリッドは、インパクトある台形エアインテークを採用し、フロントマスクの台形デザインに拍車をかけるカタチです。

 

ヴィッツハイブリッドは欧州で人気のヤリス(ハイブリッド)をベースに開発していると分かります。
この流れで次期ヴィッツは「ヤリス」へと名称を変え、今後世界戦略車となります。

日本のヴィッツとは違い、欧州ヤリスのデザインは攻めていて、

  • フロントが台形デザイン
  • 空力が向上する丸みあるボンネット
  • かなりデカいエアインテーク
  • 4つLEDが並ぶヘッドライト
  • リアにも台形デザインを採用
  • ハッチにのびるコンビランプデザイン

「台形デザイン」とはクルマの前から人が低い姿勢で眺めたときのように、「台形に見えるデザイン」のことでもあります。
新型プリウスやミライが踏襲する新しいキーンルックデザインです。

 

システム&燃費

  1. 1.5Lエンジン+モーター(THSⅡ)
  2. 燃費36.2キロ
  3. Toyota Safety Sense「C」搭載

ヴィッツハイブリッドはアクアに搭載される1.5Lエンジン+モーターをほぼそのまま採用。燃費は、アクアより車重が重くなるため、36キロになるようです。

エクステリアデザインで前後バンパーを形状変更し、全長も60ミリ延長するのも車重アップ要素。また、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety SenseC」を搭載します。

 

価格

F
1,819,800円

ジュエラ
1,983,960円

U
2,087,640円

Uスポーツ
2,237,760円

 

 

追伸情報

「コンパクト」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:

Return Top