Read Article

Toyotaルーミー タンク|ソリオ対抗コンパクトハイトワゴン|2016年11月9日発売

トヨタから、スズキソリオ対抗モデルのルーミー/タンク。

実はコレ、パッソ(ブーン)の派生モデル。位置的にbB・ラクティス後継モデルです。
開発はダイハツが担当し、トヨタ・スバルにOEM供給。各ブランドの車名は

  • トヨタ店/カローラ店・ルーミー
  • トヨペット店/ネッツ店・タンク
  • ダイハツ・トール
  • スバル・ジャスティ

となっています。


2016年8月、ダイハツはトヨタの完全子会社になりましたね。
ライバル・スズキソリオは好調。

なのでダイハツは、トヨタの元でソリオに対抗できるモデルを投入します。
シエンタは絶好調だし、新型ルーミー/タンクも人気モデルになるといいですね。

 

スポンサードリンク

 

【動画】エクステリア

 

【ボディサイズ比較】ソリオ・bB・スペイド

ボディサイズ比較

ルーミー/タンク
全長:3700mm
全幅:1670mm
全高:1740mm

ソリオ
全長:3710mm(室内長:2515mm)
全幅:1625mm(室内幅:1420mm)
全高:1745mm(室内高:1360mm)

bB
全長:3795mm(室内長:1935mm)
全幅:1690mm(室内幅:1420mm)
全高:1635mm(室内高:1330mm)

スペイド
全長:3995mm(室内長:2160mm)
全幅:1695mm(室内幅:1420mm)
全高:1720mm(室内高:1380mm)

 

 

ボディカラー

ルーミー|モノトーン

  • ブリリアントカッパークリスタルマイカ
  • レーザーブルークリスタルシャイン
  • マゼンタベリーマイカメタリック
  • フレッシュグリーンメタリック
  • ファインブルーマイカメタリック
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ブラックマイカメタリック
  • ブライトシルバーメタリック
  • パールホワイトⅢ

 

ルーミー|2トーン

  • ブリリアントカッパークリスタルマイカ×ブラックマイカメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン×ブラックマイカメタリック
  • マゼンタベリーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック
  • フレッシュグリーンメタリック×ブライトシルバーメタリック
  • ファインブルーマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック

 

タンク|モノトーン

  • インペリアルゴールドクリスタルメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン
  • マゼンタベリーマイカメタリック
  • フレッシュグリーンメタリック
  • ファインブルーマイカメタリック
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ブラックマイカメタリック
  • ブライトシルバーメタリック
  • パールホワイトⅢ

 

タンク|2トーン

  • インペリアルゴールドクリスタルメタリック×ブラックマイカメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン×ブラックマイカメタリック
  • マゼンタベリーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック
  • フレッシュグリーンメタリック×ブライトシルバーメタリック
  • ファインブルーマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック

 

 

スペック

全長:3700mm
全幅:1670mm
全高:1740mm
ホイールベース:2500mm
エンジン:1.0L直3気筒エンジン(NA)/1.0L直3気筒ターボ(ターボ)
最高出力:69ps/6,000rpm(NA)/98ps(ターボ)
最大トルク:9.4kgfm/4,400rpm(NA)/14.3kgm(ターボ)
トランスミッション:CVT
JC08モード燃費:24.6km/L(NA)/21.8km/L(ターボ)
価格:145万円(NA)/176万円(ターボ)

※ソリオより全長5mm短い/全幅45mm広い/全高5mm低い

 

 

価格

2WD

X
146万3400円(スバル・ジャスティのみ設定なし)

X”S”
152万8200円

G
162万円

G”S”
168万4800円

G-T
183万6000円

カスタムG
177万1200円

カスタムG”S”
196万5600円

カスタムG-T
196万5600円

 

4WD

X
162万6200円

X”S”
170万1000円

G
179万2800円

G”S”
185万7600円

カスタムG
194万4000円

カスタムG”S”
200万8800円

 

 

追伸情報

関連記事

 

新型ルーミー/タンクの開発コンセプト|スズキ・ソリオ対抗

  • 全幅は狭く
  • 背(屋根)の高いデザイン
  • 室内(長さ)が広い

フロントグリル周りは、ダイハツが開発しただけあってダイハツの雰囲気があります。

キーンルックを採用してシエンタがヒットしたので、その要因を盛り込むかと予想していました。
しかし、開発はダイハツなのでまったく関係ありませんでしたね。

 

シエンタが大人気なのは、「トレッキングシューズを模したイタリア車的デザイン」です。
特にバンパーガーニッシュ加飾は、ある意味、衝撃的でした。

また、大人気車種アクアの要素をふんだんに採り入れたのがシエンタです。
シエンタはトヨタ開発なので、ダイハツ開発のルーミー/タンクとは異なる存在でした。

 

bB(2016年7月29日生産終了)

新型ルーミー/タンクはbB後継です。bBは生産終了となり、
その受け皿は今のところスペイド。雑誌などでは

  • シエンタ
  • スペイド
  • ラクティス

のデザインを採り入れた予想CGとなっていました。
発売直前には、ルークスみたいなフロントマスクと言われています。

なので、同じメーカーで言えば、スペイドを小さくしたスクエアデザインが一番近いと予想。

 

しかし、一番近かったのは、bB+ラクティスな感じで、
丸みがある点では、ソリオバンディットが似たデザインですね。

これから先を担うモデルなので

  • 先進的なパーツ
  • 機能
  • スペック
  • 使い勝手

をたくさん採用してデビューしています。

 

コンパクトカー志向のマーケットに新たなラインナップを投入

トヨタは、商品のラインナップを再編する計画です。
2016年、RAV4・bB・iQ・イスト・ラクティス・カローラルミオン「生産中止」にする予定。

上記モデルは、新型車(シエンタ・プリウスなど)に比べて古いコンセプト。
自動車市場で価値を持つのは現在、コンパクトカーやSUV。
また、取り扱いのしやすさや居住性といった実用性が求められています。

新型ルーミー/タンクはこれをすべて備えているので、トヨタの販売を支える未来の一台です。

Return Top