Read Article

新型フィットRS|ハイスペック1.5L NA&1.5L i-MMD設定|2019年10月発売

ホンダはコンパクトカーのフィットのフルモデルチェンジに向けて準備を進めています。

新型フィットは、フルモデルチェンジと同時にスポーツモデルのRSを設定するとの情報です。

今回は新型フィットRSに関する情報を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

フィットRSのフルモデルチェンジ情報2019

新型フィットRSは1.5L NAと1.5Lハイブリッド搭載

フィット2

現行フィットRSのパワートレーンには、最高出力132ps・最大トルク15.81kgmを発揮する1.5L直列4気筒エンジンを搭載しています。

新型フィットRSに搭載されるエンジンは、1.0L3気筒ターボではなく、この1.5Lエンジンをハイスペックに改良したものとなる可能性が高いようです。

また、エンジンがハイスペックになることにより、2モーター式ハイブリッドシステムとの相性が生まれ、ハイブリッドにも2代目依頼のRS設定が可能になるとの情報です。

フィットRSに搭載される場合、スポーツモデルに相応しく、プログラムの変更が行われる可能性もあります。

しかし、コスト面から大幅なチューニングが行われることは無いと思われます。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、6速MTとCVTとなります。

新型フィットRSの予想エクステリアはテストカーと予想CG

フィット5フィットRSターボフィット45

ここから推測しても、全体的なシルエットは現行モデルから大きな変更は無いとされています。

ノーマルモデルは、威圧感を軽減させた親しみやすいデザインとなる模様です。

一方の新型フィットRSは、鋭いヘッドライトや大型グリル、専用アルミホイールを採用したスポーティな印象を持つ車となる見込みです。

以下のWR-Vのデザインが参考になるかもしれませんね。

フィットRSターボ

新型フィット&クロスオーバー走行動画

新型フィットRSのインテリアは全面刷新

効率化が実施され現行モデルより快適性が向上するとされています。

また、RSは現行RSと同様にハンドルやシート等にオレンジの差し色が配色される点が引き継がれる見込みです。

新型フィットRSのプラットフォームも全面刷新

新型プラットフォームを採用します。それに伴って、わずかにボディサイズの拡大が行われます。

ボディ幅の拡大は、最少限度に抑えられて、5ナンバーサイズ内になる見込みです。

また、新型プラットフォームの採用によってホイールベースが延長するので居住性が向上し、更なる剛性面の強化と軽量化の両立が図られるでしょう。

新型フィットRSはホンダセンシング標準装備

ホンダセンシングの機能には

  1. 「衝突被害軽減ブレーキ」
  2. 「渋滞追従機能付きアダプティブクルーズ」
  3. 「前後誤発進抑制機能」
  4. 「オートハイビーム」
  5. 「歩行者事故低減ステアリング」
  6. 「路外逸脱抑制機能」
  7. 「車線維持支援システム」

など多岐にわたります。

2014年にシステムの発表以降アップデートが重ねられているので、新型フィットRSに採用される際には

アダプティブクルーズコントロールが0km/hから100km/hの全車速対応になるなど、機能が追加される可能性もあります。

新型フィットRSの予想価格

新型フィットRSの販売価格は、ボディサイズの大幅な拡大が行われなければ、基本的に価格は据え置きになると予想しています。

しかし、ホンダセンシングのアップデートが実施された場合には少し価格が上昇することが考えられます。

2代目フィットから登場したフィットRS|概要

フィットRSターボ2 フィットRSターボ5

燃料タンクをフロントシート下部分に配置するセンタータンクレイアウトを採用することで、コンパクトサイズでありながら大きな室内空間を実現すると共に、

フィット唯一のマニュアルトランスミッション採用車としてスポーティな走りが楽しめるモデルとして人気となっています。

フィットRSは、代を重ねるごとに走りに対する情熱を増しており、新型フィットRSではダウンサイジングターボを採用することで燃費性能と動力性能の両立を図ると共に、

足回りやサスペンションのセッティングをこれまで以上にスポーティな方向へ振ることで、かつてのホットハッチモデルのような存在になると予想されています。

 

また、ベースモデルとなるフィットも全面刷新されることで、大幅に基本性能を向上させることとなっているので、フィットRSターボも現行型RSと比較して、

走る・止まる・曲がるといったスポーティモデルに求められる性能を向上させることは確実で、スパイスの効いたコンパクトカーを求める人にピッタリな車となるでしょう。

 

追伸情報

関連記事

「スポーツ」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top