「なんだったの?」スイフトスポーツワークス出る?出ない?

  • 予想価格250~280万円
  • 20mmサスダウン&ボディ補強

スズキのスイフトスポーツにスポーティ性能を高めた

スイフトスポーツワークスを2020年登場させるとの話でした。

東京オートサロン2020

スイフトスポーツカタナエディションが出展されました。

結局、期待情報でしたね。

タイで出展されたスイフトエクストリームコンセプトも

ヒントとなるモデルでした。

 

スイフトスポーツ ワークス登場が実現した場合

スイフトスポーツ2020年モデルをベースに

エンジンの高出力化を実施。

サスペンションのチューンナップや

エアロパーツ装着が行われるでしょう。

名称は”スイフトスポーツエボリューション”であれば

三菱のランサーエボリューションとかぶります。

そのためスイフトスポーツ”ワークス”

または”新たな名称”になるでしょう。

スイフトスポーツワークスには

トヨタの”GR”並みの演出が施されると予想されていました。

ライバルとなるのはカローラスポーツGR SPORTでした。

こちらも期待情報に終わり、カローラスポーツにはGR設定

スイスポEVO
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
予想スペック
  • 3890mm
  • 1735mm
  • 1480mm
  • 2450mm
  • 960kg
  • 直4 1.4ターボ
  • 180ps/5600rpm
  • 23.8kgm
  • 6速MT

スイフトスポーツワークスの予想価格

0

0

スイフトスポーツワークスの外観装備は全幅拡張

フェンダー・空力性能向上目的の

  • エアロバンパー
  • リアスポイラー

が装備されます。

スイフトスポーツ2020ワークス

ボディ剛性強化や軽量化も実施されるでしょう。

また、ノーマルスイフトスポーツより大径ホイールを採用します。

さらにサスペンションの設定を変えてローダウンさせます。

▽タイ出展スイフトエクストリームコンセプト

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”

【フロントマスク】に強い印象を持たせる仕様?

スイフトはヘッドライト形状で印象を大きく変えるモデルでもあります。

スイフトスポーツ2020ワークスにはヘッドライト内部に特徴的なパーツを採用。

目に光を与えて印象的な顔つきにする可能性も考えられます。

スイフトスポーツワークスの【ドア数】は3枚?5枚?

現行スイフトには3ドアモデルがないため、

ワークスモデルであっても5ドアであることは確実です。

【ボディカラー】に2トーン採用なし?

アルトワークスを前例として考えると

あまりボディカラーは多くありません。

スイフトスポーツワークスにも

2トーンカラーの採用はないことが考えられます。

  • プレミアムシルバーメタリック
  • スーパーブラックパール
  • ピュアホワイトパール

の設定はほぼ確実。

チャンピオンイエロー4設定の可能性もあるでしょう。

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”はシルバーをイメージカラーに採用

専用色設定の可能性は低めで

ラインやステッカーで装飾することが考えられます。

内装はスイスポベースの特別コーディネート採用

▽オランダ限定特別仕様車”カタナ”のインテリア

おそらく、スイフトスポーツ2020をベースとした

インテリアになる可能性。

例えば、シートカラーにレッドを多用する

カラーコーディネートへの変更が行われるでしょう。

一方、シートデザイン変更の可能性は低く

リアシートの変更もないと思われます。

内装の【インパネ周り】装備

スイフトスポーツ2020ワークスには

カーボン調インパネオーナメントを採用するでしょう。

シフトノブやステアリングは、よりスポーティに演出されます。

そのために”専用アクセント”が採用され、

さらにスポーツマインドを刺激する演出もあると思います。

気になるエンジン出力は180ps予想

エンジンの大出力化は確実。

しかし、スイフトスポーツ2020ワークスでも

1.4Lターボの排気量は変えないでしょう。

代わりに140psの最高出力を180psまで引き上げる可能性があります。

トランスミッション

6速マニュアルのみ設定。

4WD採用の可能性は低く

スイフトスポーツと同様FFの2WDになるでしょう。

アルトワークス同様、予防安全装備充実

スイフトスポーツ2020ワークスにも

スズキセーフティサポートが装備できる可能性は高いです。

スズキのスポーツモデル・アルトワークスに

スズキセーフティサポートが装備可能となっています。

ただ、専用機能は備えられず

発売時期の最新機能になります。

しかし、86やシビックタイプRといった

他社のハイスペックスポーツには

予防安全装備が搭載されないケースも見られます。

結局、欧州のこのモデルの話題だったんでしょうね。

新型スイフトスポーツで実現することもあるのかな~。