新車発売情報

Read Article

電気自動車が日本で普及しない理由|2019年以降のEV普及予測

スポンサードリンク


日本メーカーの国内EVには日産リーフ・三菱アイミーブといったモデルが販売されています。

しかし、セールスランキングの上位とは言えず、普及途上といえるでしょう。

一方、海外のノルウェーにおいては”リーフ”がトップセールスを記録しています。

これは電気自動車の普及率が日本国外で高いということです。

海外で電気自動車の普及率が高い背景に”税制優遇”があり、この点は国によって差があるのです。

日本は普及率が低く税制優遇で不利なものの、”EVテクノロジー”の面では遅れているわけではありません。

日本で電気自動車が普及しない理由

【理由①】EV車種の少なさ

2020年に日産アリア・ホンダe・マツダMX-30が導入されることで、ある程度解消することになるでしょう。



【理由②】トヨタが電気自動車の大きな発表を行っていない

しかし、技術的には開発が進んでおり、レクサスの電気自動車UX300e、中国のC-HRに電気自動車仕様が用意されます。

電気自動車の時代に対応する準備はできています。

今後2年程度で大きく情勢が変わってくるでしょう。

【理由③】電気自動車は現在ハッチバックやセダンが主流

一方でテスラやヨーロッパの高級メーカーは、現在SUVを導入しつつあります。

日本で一定の市場を持っている軽自動車・ミニバン・コンパクトカーに、”電気自動車がまだ導入されていない”ことが原因となります。

この問題は、時間の経過とともに変化する可能性が高いです。

今後の展開として、

  1. 日産アリア・IMkに次ぐ国内向け電気自動車の発表
  2. ホンダeに次ぐ電気自動車の発表
  3. ダイハツ・スズキが軽自動車の電気自動車を発売

上記のような段階になると、また電気自動車市場に変化が現れ始めます。

【理由④】電気自動車とハイブリッドカーの関係性

日本で電気自動車の普及をはばむ存在として、軽自動車とハイブリッドカーが挙げられます。

特にハイブリッドカーはとても車種が多く、ミニバン・高級セダン・コンパクトカーまで揃っています。

さらに、日産のe-POWERは2019年時点で日本国内専用となっています。

また、ホンダのSPORT HYBRID i-DCDは、北米・ヨーロッパ・中国には導入されていません。

これらは日本国内をメインに開発されたものといえます。

ハイブリッドカーは2010年以降、普及が弾み始める

当時を振り返ると、電気自動車が普及することは価格面・航続距離の面から不可能だったといえるでしょう。

ハイブリッドカーはモーター駆動への比率が高まっている

これは、「ハイブリッドカーが”エンジン付き電気自動車”に近づいている」という見方になります。

軽自動車は日本独自の規格で販売台数が非常に多い

軽自動車は200万円以下と、低価格で燃費も優れている特性により普及率が高いです。

電気自動車は優遇措置含めて300万円スタートのため、軽自動車に太刀打ちできません。

また今後、軽自動車は”電池技術の革新”により、電気自動車情勢に変化を巻き起こす可能性もあります。

【理由⑤】電気自動車とディーゼル車の関係性

ヨーロッパメーカーにおけるディーゼル車の排ガス問題以降、”電気自動車普及”への機運が高まっているといえます。

これはメーカーのイメージアップも含まれます。

ディーゼル車は燃費に優れます。

しかし、電気自動車の「排ガスが出ない」というメリットがディーゼル車普及の面に強く影響します。

排ガスはガソリン車に劣っており、電気自動車にアドバンテージを与えます。

また、ディーゼル車は”高価格”であるというデメリットがあります。

そのため、これから格段にディーゼルの台数が増えることはないでしょう。

一方、燃料電池車(FCV)は電気自動車以上に環境問題に優れています。

しかし現在、日本メーカー以外、市販できる段階にありません。

そのため、ヨーロッパメーカーはディーゼル車の代替として電気自動車を打ち出す以外に方法がないのです。

Return Top