新車発売情報

Read Article

Honda e TYPE R新型モデル情報2021年冬に期待|予想価格ベースモデル+70万円

ホンダeにタイプRが設定されるとの噂があります。タイプRはホンダブランドの強力なスポーツイメージリーダーとして、いまはシビックのみに設定されています。

過去の経緯から、タイプRはほぼ開発中にリーク映像やスパイショットが発見されています。しかし、ホンダeにはひとつもないため「期待値を下げたほうが良いのでは」との要素が強いです。

スポイラーなどを装着したテストカーのスパイショットがないことから、こちらも最低でも2021年程度までは少なくともタイプRの登場の可能性は低いと言えるでしょう。



Honda eタイプRのエクステリア予想

Honda e1

  1. 前後スポイラー
  2. 全幅を広げるオーバーフェンダー
  3. 扁平タイヤ
  4. ヴォルテックスジェネレータ
  5. サスペンション強化
  6. ブレーキ強化

上記のようなパーツ装着で空力性能を向上する変更が行われるでしょう。

Honda e タイプRのボディカラー

タイプRは基本的にボディカラーが少なめになる傾向。

  1. チャンピオンシップホワイト
  2. レッド系
  3. ブルー系
  4. ブラック系

上記採用の可能性は高くなります。シルバー・イエロー系が用意される可能性はあります。
しかし、グリーン、パープル系などは非常に可能性が低いと言えます。

Honda e タイプRの内装予想

  1. フロントシートスポーツシート化
  2. リアシートの2人掛け化

上記変更が行われるかもしれません。

Honda e タイプRのパワートレイン予想

モーター出力を200ps程度に向上することが考えられます。ただ、航続距離は短くなると予想されます。

Honda e タイプRの価格上昇幅はいくら?

タイプRが設定された場合、エンジン出力による差異もあるため、最低70万円の価格上昇が考えられます。

Honda e TYPE R Labo

Return Top