新車Labo

Read Article

NSXタイプR新車2022年秋冬?に期待|ハイスペックチューニング予想価格3000万円~

新型NSXタイプRは2022年秋冬登場がうす~く期待されています。

登場すればエンジン/ボディ/サスペンション、すべてにハイスペックチューニングを行うスペシャルカーの誕生です。

3.5L V6ターボを650psへ向上。

トランスミッションには9速DCTが採用されます。

スポーツハイブリッドSH-AWDは採用されないとの情報が強いです。

価格はSH-AWDの搭載されないタイプで2500万円~。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4490mm
  • 1940mm
  • 1215mm
  • 2630mm
  • 1680kg
  • 3.5L V6ツインターボ
  • 650ps
  • 70.0kgm
  • 9速DCT


NSXタイプRの予想エクステリア

NSXタイプR

NSXタイプR(画像引用元:https://www.motor1.com/)は

  • フロントスポイラー
  • サイドスカート
  • リアスポイラー
  • リアウィング

専用カーボン製エアロパーツを使用します。

ルーフ・ボンネットは塗装が行われ、カーボン素材バレバレのエクステリアにはなりません。

タイプRロゴ、赤いホンダエンブレムの装着でアイデンティティがしめされ、タイプRの高性能を押し出すデザインに仕上がるでしょう

内部ボディ・シャシーはタイプR専用で強化と軽量化が積極卯的におこなわれるでしょう。

アクティブダンパー制御のチューニングもおこない強化メニューを最大限にまで高めます。

NSXタイプRの内装予想

ベースモデルからスポーツシートを採用しているので、特別仕様車あつかいで色の変更やタイプRロゴ設定といった範囲におさまるとも考えられます。

NSX12

メーター周りはレッドからの変更をともなうこともあるでしょう。

シートカラーはレッド/ブラック採用の可能性が高くなり、パワーシートは軽量化のため、簡素化されることもいなめません。

NSXタイプRのパワートレイン

NSX5※画像引用元:https://www.carscoops.com/

パワーユニットには3.5L V6ツインターボ搭載?

ブーストアップにより最高出力を650psまで引き上げると予想されています。

現行ノーマルモデルの最高出力は507psです。

ここに9速DCTトランスミッションを組み合わせます。

  • 10速化
  • インテグレーテッド・ダイナミクス・システムモード追加

などはベースモデルに変化がない限り行われないでしょう。

NSXタイプRにハイブリッドを設定する可能性はないと予想されます。

NSXタイプRの予防安全装備

ホンダセンシング

NSXにはHonda SENSINGが装備されていません。

シビックタイプRにはHonda SENSINGが搭載されたので、可能性は出てきますね。

ベースモデルにHonda SENSINGが搭載される変更があれば、非情に高まります。

NSXタイプR Labo



NSXタイプRの海外展開は不明

アキュラではタイプSをブランドとして活用。

その上を行くタイプRをブランドの象徴とする可能性もあります。

Return Top