Read Article

ホンダNSXタイプR新型モデル情報2021年秋発売|予想価格2500万円エンジン/ボディ/サスペンションハイスペックチューニング

ホンダはNSXにタイプRを追加するとの情報で、東京モーターショー以降、情報がはっきりするでしょう。

タイプRはカーボンを使用することから、2700万円程度へ価格が上昇することも考えられます。

SH-AWDの搭載されないタイプでも、2300万円から価格が下がることはないでしょう。

ノーマルモデルのNSXは、2300万円を超す価格となっています。

スポンサードリンク

ホンダNSXタイプR新型モデル情報2021

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4490mm
  • 1940mm
  • 1215mm
  • 2630mm
  • 1680kg
  • 3.5L V6ツインターボ
  • 650ps
  • 70.0kgm
  • 9速DCT

NSXタイプRのエクステリア

NSXタイプRは、フロント/サイドアンダースカートやリアウィングに専用カーボン製エアロパーツを使用します。

ルーフやボンネットは塗装が行われ、”いかにもカーボンを使用した外観”にはならないでしょう。

タイプRロゴ、赤のホンダエンブレムの装着は確実です。

NSXタイプRのボディカラー

NSXタイプRのボディカラーは、まずチャンピオンシップホワイトの採用が確実です。

NSXタイプR

イメージカラーとしても使用されるでしょう。

バレンシアレッドパール・ヌーベルブルーパール・ベルリナブラックあたりは採用されるかもしれません。

NSXタイプRのインテリア

NSXタイプRのインテリアは、ベースモデルからどの程度変更を行うか未知数です。

もともと、スポーツシートを採用しているため、色の変更とシートにタイプRロゴの追加程度に留まる可能性もあります。

NSX12

シートカラー

レッド/ブラックの採用の可能性が高いです。

メーター周り

赤系への色の変更の可能性が高いと言えるでしょう。

軽量化のためパワーシートは何らかの簡易化が行われるかもしれません。

NSXタイプRのパワートレーン

パワーユニットには3.5L V6ツインターボ搭載

NSXタイプRはブーストアップにより最高出力を650psまで引き上げると予想されています。

現行ノーマルモデルの最高出力は507psです。

トランスミッションには、9速DCTが組み合わされます。

10速化のような変更やインテグレーテッド・ダイナミクス・システムへのモードの追加は、ベースモデルに変化がない限りは行われないでしょう。

さらに、ボディ各部の軽量化、ブレーキの強化やサスペンションのチューンといったタイプRの強化メニューは一通り用意されます。

ハイブリッドシステム不採用?

「タイプRはハイブリッドシステムの削除をするのでは?」という予想が見られます。

ベースモデルとのかけ離れすぎやアキュラの車種で多数SH-AWDを搭載していることから、SPORT HYBRID SH-AWDからの3.5Lエンジン、またはモーターの高出力化を行い、志向性の強化が行われると考えられています。

しかし、ハイブリッドシステムをNSXタイプRには採用しない情報が出ているようです。

NSXタイプRはNSXのイメージリーダーであり、ベースモデルがSPORT HYBRID SH-AWDを採用するという前例のないものになっています。

そのため、ファンからはハイブリッド採用の動きが期待されています。

NSXタイプRの予防安全装備

ベースモデルのNSXにはHonda SENSINGが装備されていません。

また、シビックタイプRにもHonda SENSINGが搭載されていないことから、Honda SENSINGが搭載される可能性は非常に低いと言えるでしょう。

少なくとも、ベースモデル・NSXにHonda SENSINGが搭載される変更がない限り搭載はありえないと言えます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

NSXタイプRの海外展開に関しては不明

NSXも販売するホンダの海外ブランドアキュラでは、タイプSをブランドとして活用する計画があり、その上を行くタイプRをブランドの象徴とする可能性もあります。

Return Top